ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Seasonality in fruit availability affects frugivorous primate biomass and species richness

Goro Hanya, Pablo Stevenson, Maria van Noordwijk, Siew Te Wong, Tomoko Kanamori, Noko Kuze, Shin-ichiro Aiba, Colin A. Chapman, Carel van Schaik

動物の数と種の多様性を決める要因を明らかにすることは、動物生態学の根幹の一つです。霊長類の場合、食物量がもっとも重要な要因だと考えられてきましたが、食物量は季節を通じて変動します。そのような季節性の強さと、年間の食物の総量のいずれが重要なのか、同時に検討した研究はこれまでありませんでした。わたしたちは、アジア・アフリカ・中南米の16の果実食霊長類群集を対象に、果実落下量で調べた年間の総果実量と、季節性の強さ、生物地理的要因(旧世界か新世界か、島か大陸か)の影響を調べました。霊長類のバイオマスには、年間の総果実量と、季節性の強さ、生物地理的要因のいずれも影響しており、年間の総果実量が多く、季節性が弱い場合にバイオマスが大きくなっていました。一方、霊長類の種数には季節性の強さと生物地理的要因が影響しており、季節性の大きな環境では種数は少なくなっていました。

Ecography (in press)

We examine the effect of total annual food abundance and seasonal availability on the biomass and species richness for frugivorous primates on three continents (N=16 sites) by data on fruit fall. We reveal that the best-fit models for predicting primate biomass include total annual fruit fall (positive), seasonality (negative) and biogeography (Old World>New World and mainland>island) and that these factors explain 56-67% of the variation. For the number of species, the best-fit models include seasonality (negative) and biogeography (Old World>New World and mainland>island) but not total annual fruit fall. Annual temperature has additional effects on primate biomass when the effects of fruits and biogeography are controlled, but there is no such effect on species richness. The present results indicate that, measured on local scales, primate biomass and number of species is affected by the seasonal variation in food availability.

APR/11/2011

Copyright(C) 2010 PRI ().