ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Allometry and interspecific differences in the facial cranium of two closely related macaque species

伊藤毅,西村剛,高井正成

マカク属カニクイザルグループの4種には,頭骨の形に種間差がみられます.しかし,体サイズの異なる近縁種間の形の違いは,しばしばその系統に共通するアロメトリーによって説明される可能性を含んでいます.マカク属の進化の舞台となった更新世のアジアは,氷期と間氷期を繰り返す劇的な気候変動の最中にあり,それ故にそれぞれの種の過去の体サイズは現在とは異なっていた可能性が指摘されています.このようにサイズ変動が懸念される化石標本の系統的位置を推定するためには,サイズ変動に邪魔されない形質の種間差を見つける必要があります. 私たちは,幾何学的形態測定法を用いて,小型のカニクイザルと大型のニホンザルの頭骨顔面形態を定量化し,両種のアロメトリー様態を調べました.その結果,吻前方の上下方向の傾きを表す指標において,両種は一つのアロメトリー軌跡を共有しました.一方,顔の前後方向の長短を表す指標において,両種のアロメトリー軌跡は,互いに平行にずれていました.これは,同じ大きさの個体を比べたときに,ニホンザルはカニクイザルよりも顔が相対的に前後に短いことを意味します.この特徴は,カニクイザルグループの種の系統関係を評価する上で重要な形質であると私たちは考えています. 今後,同様の方法をマカク属の他のグループにも応用し,化石標本の系統的位置を再検討していく必要があるでしょう.

Anatomy Research International, vol. 2011, Article ID 849751, 7 pages, 2011.

Interpreting evolutionary history of macaque monkeys from fossil evidence is difficult, because their evolutionary fluctuations in body size might have removed or formed important morphological features differently in each lineage. We employed geometric morphometrics to explore allometric trajectories of craniofacial shape in two closely related species, Macaca fascicularis and M. fuscata. These two species exhibit a single shared allometric trajectory in supero-inferior deflection of the anterior face, indicating that the differences in this feature can be explained by size variation. In contrast, two parallel trajectories are demonstrated in craniofacial protrusion, indicating that even if they are comparable in size, M. fuscata has a higher and shorter face than M. fascicularis. The degree of facial protrusion is most likely a critical feature for phyletic evaluation in the fascicularis group. Such analyses in various macaques would help to resolve controversies regarding phyletic interpretations of fossil macaques.

JUN/10/2011

Copyright(C) 2010 PRI ().