ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

New Hystrix (Mammalia, Rodentia) from the late Miocene/early Pliocene of Myanmar

Yuichiro Nishioka, Zin-Maung-Maung-Thein, Naoko Egi, Takehisa Tsubamoto, Takeshi Nishimura, Tsuyoshi Ito, Thaung-Htike, Masanaru Takai

 ミャンマー中部チャインザウク地域に分布するイラワジ層(上部中新統〜下部鮮新統)から産出した大型ヤマアラシ化石を新種Hystrix paukensisとして記載した.標本は,下第四前臼歯の植立した左下顎骨と切歯の近位端で,半高歯冠型の頬歯をもち,これまで知られているHystrix内では最大のサイズをもつ.H. paukensisはその大きく頑強な下顎骨,比較的水平な歯隙,p4 直下に位置するオトガイ孔,やや遠位へ傾くp4 の近心縁といった特徴から他種と区別される.また,半高歯冠でサイズの大きいp4 は,アジアのHystrixよりもヨーロッパの中新−鮮新世から産出しているH. deperetiと類似している.チャインザウク地域の古哺乳類相や安定同位体分析の結果から,当時のミャンマー中部において乾燥化が進行していたと示唆されているが,今回H. paukensisに見出された歯冠の高さはこの環境変動と関係しているかもしれない.

Journal of Vertebrate Paleontology, Vol. 31 (4), pp.919-924

A new species of large fossil porcupine (Mammalia, Rodentia, Hystricidae), Hystrix paukensis, was discovered from the Upper Miocene to Lower Pliocene Irrawaddy sediments in Chaingzauk locality of central Myanmar. The specimen consists of a left mandible with p4 and an apical part of the lower incisor. H. paukensis is one of the largest species among currently known Hystrix species with semihypsodont cheek teeth. It differs from other species in having very deep mandibular body, relatively horizontal diastema, a mental foramen located below p4, a p4 mesial margin that inclines posteriorly. The semihypsodonty and large p4 of H. paukensis suggest that it is morphologically closer to the Mio-Pliocene H. depereti of Europe than to any Hystrix species of Asia. The presence of a semihypsodont Hystrix possibly indicates that an environmental transition to dryer conditions in central Myanmar took place in the late Miocene/early Pliocene, being consistent with the composition of the mammal fauna and with stable isotope data on mammalian materials.

JUL/18/2011

Copyright(C) 2011 PRI ().