ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

CD16(+) natural killer cells play a limited role against primary dengue virus infection in tamarins.

Yoshida T, Omatsu T, Saito A, Katakai Y, Iwasaki Y, Iijima S, Kurosawa T, Hamano M, Nakamura S, Takasaki T, Yasutomi Y, Kurane I, Akari H.

デングウイルス(DENV)感染において、NK細胞はウイルス制御に重要な役割を示すことが知られているが、その詳細は依然として不明である。本研究では、最近我々が新たに開発したDENV感染マーモセットモデルにおいて、NK細胞のウイルス制御における機能的意義を検討した。特異モノクローナル抗体によりNK細胞の主要サブセットであるCD16陽性NK細胞を除去したマーモセットにDENVを感染したところ、DENV量及び抗ウイルス抗体価の推移は抗体非投与コントロール個体と比べ有為な差は見られなかった。この結果より、DENV感染における抗ウイルス活性を担うNK細胞はCD16陰性サブセットに存在することが示唆された。

Archives of Virology, Dec 3, 2011

CD16 is a major molecule expressed on NK cells. To directly assess the role of natural killer (NK) cells in dengue virus (DENV) infection in vivo, CD16 antibody-treated tamarins were inoculated with a DENV-2 strain. This resulted in the transient depletion of CD16(+) NK cells, whereas no significant effects on the overall levels or kinetics of plasma viral loads and antiviral antibodies were observed in the treated monkeys when compared to control monkeys. It remains elusive whether the CD16(-) NK subpopulation could play an important role in the control of primary DENV infection.

DEC/7/2011

Copyright(C) 2011 PRI ().