ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Long-term persistent GBV-B infection and development of a chronic and progressive hepatitis C-like disease in marmosets

Iwasaki Y, Mori K-i, Ishii K, Maki N, Iijima S, Yoshida T, Okabayashi S, Katakai Y, Lee Y-J, Saito A, Fukai H, Kimura N, Ageyama N, Yoshizaki S, Suzuki T, Yasutomi Y, Miyamura T, Kannagi M, Akari H

 C型肝炎ウイルス (HCV)はC型肝炎の原因ウイルスであり、日本国内で約200万人がキャリアとされ、C型肝炎に起因する肝細胞癌による死亡者は毎年3万人を数えている。世界的にもHCV感染者数は今なお増加しつつあり、現在およそ1億7千万人がHCVキャリアであると報告されている。HCVはその宿主域の狭さから多くの実験動物に感染発症しない。そのためヒトに近縁な類人猿であるチンパンジーがモデル動物として汎用されてきたが、その絶滅危惧種であることや倫理的観点から、もはやチンパンジーをHCV感染等侵襲的実験に使用することは世界的にほぼ不可能な状況にある。  GBV-BはHCVと同じフラビウイルス科ヘパチウイルス属に分類される、HCVに近縁なウイルスである。本研究では、マーモセットへのGBV-B感染によりウイルス血症、間欠的ALT上昇、肝繊維化、炎症性リンパ球浸潤といった慢性C型肝炎に極めて近似した病態を示すことを初めて明らかにした。抗ウイルス免疫応答からのエスケープ変異を示唆するアミノ酸復帰変異や連続変異に関する知見と併せて、今後のHCV感染・C型肝炎発症の機序解明及びHCVワクチン開発に有用な動物モデルであると考えられた。

Frontiers in Microbiology 2, 240, 2011.

It has been shown that infection of GB virus B (GBV-B), which is closely related to hepatitis C virus, develops acute self-resolving hepatitis in tamarins. In this study we sought to examine longitudinally the dynamics of viral and immunological status following GBV-B infection of marmosets and tamarins. Surprisingly, two of four marmosets but not tamarins experimentally challenged with GBV-B developed long-term chronic infection with fluctuated viremia, recurrent increase of alanine aminotransferase and plateaued titers of the antiviral antibodies, which was comparable to chronic hepatitis C in humans. Moreover, one of the chronically infected marmosets developed an acute exacerbation of chronic hepatitis as revealed by biochemical, histological, and immunopathological analyses. Of note, periodical analyses of the viral genomes in these marmosets indicated frequent and selective non-synonymous mutations, suggesting efficient evasion of the virus from antiviral immune pressure. These results demonstrated for the first time that GBV-B could induce chronic hepatitis C-like disease in marmosets and that the outcome of the viral infection and disease progression may depend on the differences between species and individuals.

DEC/7/2011

Copyright(C) 2011 PRI ().