ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Sleeping-site preferences of wild Japanese macaques (Macaca fuscata): the importance of nonpredatory factors

Yamato Tsuji

 多くの研究者は、動物の泊まり場選択に影響する要因として捕食のリスクをあげている。たとえばヒヒの仲間が肉食獣から襲われないよう切り立った崖で眠ることはよく知られている。これに対して、捕食者以外の要因、たとえば食物の分布や気温・微地形の影響は、その影響の可能性はこれまでたびたび指摘されてきたものの、捕食リスクに比べて重視されてきたとは言えない。これら二つの要因の効果を分けて考えることが困難だったし、インパクトのある捕食圧のほうが、研究者の関心を引きやすかったという面もある。  さて、金華山のニホンザル (Macaca fuscata)には、現在捕食者がいない。ゆえに、捕食リスクの効果を除去したうえでそれ以外の要因が泊まり場選択に与える影響を定量的に評価することができる。2000年から2007年にかけてのべ254日間の調査を行い、それぞれの日のサルの泊まり場の位置を記録した。これらのデータを季節ごとに分けて、各季節に泊まり場の位置とその利用頻度には1)主要食物の分布、2)標高、3)微地形の三つの要因のどれが影響しているのかを解析した。  各季節の泊まり場は春を除いてランダムに分布しており、また特定の場所が繰り返し利用されることはなかった。季節ごとに見ていくと、金華山のサルは、春にはケヤキやメギなどの主要食物の多く分布する場所を好んで泊まり場としており、食物要因が重要だった。これに対して夏と秋には、サルたちは泊まり場として標高の低い場所を、そして冬には草原以外の場所を好んで利用した。春とは違い、これら三つの季節では、泊まり場は食物の分布というよりもむしろ物理的ストレス(気温と風)の小さな場所に配置されていた。いっぽう、サルは春と冬に谷を好んで泊まり場とした。谷には岩や倒木のような風を防ぐ構造物が多量にあり、また風が吹き込みにくいため体温保持に有利だと考えられ、このことからも物理的要因の重要性が確認された。

Journal of Mammalogy 92:1261-1269

I investigated sleeping-site preference in habituated wild Japanese macaques (Macaca fuscata) for each season (254 days total) on predator-free Kinkazan Island, northern Japan, during 2000-2007. I focused on the effectsof nonpredatory, environmental factors (vegetation type, altitude, and topography), to which little attention has been paid. Macaques used 24-79 sleeping sites in each season (227 sites in total, all on the ground). The frequencies of sleeping sites in each season followed a Poisson distribution, except for spring when several sites were used repeatedly. In spring macaques preferred sleeping in Zoysia japonica grassland, where several staple food species (Berberis thunbergii and Zelkova serrata) are abundant in this season. In summer and fall macaques avoided sleeping in high-altitude forest dominated by Fagus spp., and in the latter season they also preferred Zoysia grassland; these preferences likely reflect an avoidance of strong winds rather than the lower food availability at higher altitudes. In winter macaques avoided sleeping in Zoysia grassland, mainly due to the poor food supply. Macaques preferred valleys to ridges in spring and winter, possibly due to greater densities of shelters such as rocks and fallen trees that facilitate energy conservation in the face of strong/cold winds at night. Additional quantitative data for other mammalian species are needed for generalizations to be made about the importance of nonpredatory factors on sleeping-site preferences.

JAN/16/2012

Copyright(C) 2011 PRI ().