ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ


テングザル―河と生きるサル

松田一希

概要

本書では、筆者が博士課程在籍時に、テングザルの生態研究を行うために1年半もの間を過ごした、ボルネオ島のスカウ村での生活の様子を、その研究成果とともに紹介している。テングザルの生態をわかりやすく紹介するだけでなく、一からの調査基地設営、調査助手雇用など、現地での様々な苦楽をコラムとして紹介している。 

また、本書の帯は登山家の野口健氏が執筆している ― ボルネオのジャングルで、一人の若者が現地の文化・習慣に溶け込みながら、不思議なサルを追いかけ、そこで感じた文化の違い・環境問題などが、独自の視点で描かれている。決して閉塞的ではない日本人の若者の姿に、頼もしさを感じる一冊である。

東海大学出版会

 

 <目次>

 第1章 

サル研究との出会い―サルの棲む森へ 人生の転機・霊長類学者をめざす/アマゾンでの研究/いざボルネオ島へ 

第2章 

テングザルの知られざる生態 テングザルの棲む森/調査開始までの苦悩/調査地の植物を調べる/テングザルの個体識別と人付け/群れの構成/サルの観察方法/テングザルの川渡り/一日の生活/テングザルは何を食べているのか?/種子を好むサル/行動と採食の季節的な変化/活動時間割合の季節性/採食多様性の季節変化/テングザルの遊動パターン/遊動域/一日の移動距離/一日の移動距離の季節性/洪水期の遊動の激変/森で眠るテングザルを追って/なぜ森の中で眠るのか?/洪水と群れ間の関係/捕食圧の影響をさらに探る 

第3章 

テングザルの未来 棲息頭数と保護状況/テングザルの保護のために何ができるのか/テングザルの魅力と今後の研究/若手フィールドワーカーたちの未来 

海大学出版会のURL 

http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01846-9

FEB/27/2012

Copyright(C) 2012 PRI ().