ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Interannual Variation in Nut Abundance Is Related to Agonistic Interactions of Foraging Female Japanese Macaques (Macaca fuscata)

辻大和・高槻成紀

 食物はあらゆる動物に不可欠な資源であり、個体群動態に影響する主要因のひとつです。霊長類のように高度な社会をつくって生活する動物では、食物が不足したときに集団内で競争が生じ、顕在化した順位関係の影響は採食成功や繁殖成功にまでおよぶことがあります。競争の強さは食物の供給状態に依存し、たとえば局所的に集中していれば優位な個体が独占できますが、食物が分散していれば群れの全員が利用できます。ニホンザルの交尾期は秋で、このときの脂肪蓄積が冬季の死亡率やメスの翌年の繁殖の成否に影響することがわかっています。秋の主要食物である堅果類の供給状態は樹種ごとに異なり、しかもその生産量や結実樹種の組み合わせが年により大きく変化するため、食物を巡る競合の程度も年ごとに大きく変化し、採食成功の順位差は死亡率や出産率に影響すると予想されます。われわれは宮城県金華山島で、結実状態の大きく異なる連続した2年(2004年と2005年)の交尾期にニホンザルを調査することにより、これらの予想を支持する結果を得ました。具体的には、集中分布する樹種の果実が多く結実した2004年には食物を巡る群れ内の競争が激しく、採食成功ならびに個体群パラメータの順位差が顕在化したのに対して、均一に分布する樹種の果実が多く結実した2005年には、食物を巡る競争は穏やかで、採食成功ならびに個体群パラメータの順位差はみられませんでした。つまり、食物環境の影響はどの個体も同じではなく、彼らの社会構造を通じて修飾されていたことがわかったのです。従来の行動生態学において、1.食物の供給状態の時間的変動、2.群れ内競争、3.採食成功および繁殖成功という3つの項目を同時に、かつ定量的に評価した研究はほとんどありません。本研究は環境と行動の関連性を明確に示した好例といえます。

International Journal of Primatology DOI 10.1007/s10764-012-9589-0

The importance of dominance status to foraging and ultimately survival or reproductive success in wild primates is known; however, few studies have addressed these variables simultaneously. We investigated foraging and social behavior among 17 adult female Japanese macaques (Macaca fuscata) on Kinkazan Island, northern Japan, from September to November in 2 consecutive years (2004 and 2005) to determine whether interannual variation in food availability was related to variation in agonistic interactions over food resources and the feeding behavior of individuals of different dominance rank. We compared energy obtained with daily energy requirements and also examined the effect of variation in feeding behavior on female survival and reproductive success. Fruiting conditions differed considerably between the 2 yr: of four nut-producing species, the nuts of only Torreya nucifera fruited in 2004, whereas all four species, particularly Fagus crenata, produced nuts in abundance in 2005. The abundance and average crown size of trees of Torreya nucifera were smaller than those of Fagus crenata, and there was a higher frequency of agonistic interactions during 2004, when dominant, but not subordinate, individuals were able to satisfy daily energy requirements from nut feeding alone through longer nut feeding bouts. In contrast, all macaques, regardless of their dominance rank, were able to satisfy their energy requirements by feeding on nuts in 2005. Subordinate macaques appeared to counter their disadvantage in 2004 by moving and searching for food more and maintaining larger interindividual distances. Several lower-ranking females died during the food-scarce season of 2004, and only one dominant female gave birth the following birth season. In contrast, none of the adult females died during the food-scarce season of 2005, and 12 females gave birth the following birth season. These findings suggest that an interaction between dominance rank and interannual variation in food availability are related to macaque behavior, survival, and reproduction.

MAR/22/2012

Copyright(C) 2012 PRI ().