ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

後期鮮新世日本産のコロブスDolichopithecus (Kanagawapithecus) leptopostorbitalisの再検討

西村剛、高井正成、B. Senut、樽創、E.N. Maschenko、A. Prieur

神奈川県愛川町にある中津層群神沢層(290->250万年前)から産出した化石コロブス標本(中津標本)を、CTなどを使って再検討し、新属カナガワピテクスKanagawapithecusとして告しました。日本産のサル類化石では初めての独立した属の新設です。現在、コロブス類はアフリカと中国中南部から東南アジア、西アジアにかけて広く分布していますが、カナガワピテクスはそれらとは系統的関係のない独立した絶滅種であったと考えられます。 中津標本は、1991年に小泉明裕氏により発見された、ひじょうに保存状態のよいコロブス化石です。2005年に岩本光雄氏(元日本モンキーセンター所長、京大名誉教授)と長谷川善和氏(現群馬県立自然史博物館名誉館長)、小泉氏により、ヨーロッパで産出するドリコピテクスDolichopithecusの新亜属、新種として正式に記載報告されました。同時代のアジアからは、バイカル湖周辺からパラプレスバイティスParapresbytisや中国からキンシコウRhinopithecusの化石が産出しますが、外表形態の特徴から、それらアジア産よりヨーロッパ産化石属に含められました。 近年、化石研究の世界でもCTスキャンが多用されるようになり、非破壊的に化石の内部構造を可視化し、比較分析が可能となりました。本研究では、中津標本とフランス産Dolichopithecus頭蓋骨3標本をCTスキャンし、主として上顎洞という鼻腔に隣接する空洞の有無を検討しました。中津標本にはコロブスでは珍しい大きな上顎洞がありましたが、フランス産標本のいずれにもその存在を支持する証拠は見つかりませんでした。その他の形態学的特徴も含めて比較検討し、中津標本は独立した属とすべきと結論し、それまでの亜属名Kanagawapithecusを属名としました。 化石コロブス類ではアフリカ産2属が上顎洞を有することが知られています。カナガワピテクスはそれらアフリカ産化石と近縁であるかのようにも考えられますが、外表形態を含む他の形態学的特徴は、むしろ、上記のドリコピテクスとの近縁を支持します。ただし、現生コロブス類のすべてで上顎洞がないので、カナガワピテクスは現生アジア産コロブスとの祖先子孫関係はなく、独立した絶滅種であったのかもしれません。

Journal of Human Evolution (2012) 62: 548-561

Reassessment of Dolichopithecus (Kanagawapithecus) leptopostorbitalis, a colobine monkey from the Late Pliocene of Japan. In the original description of Dolichopithecus (Kanagawapithecus) leptopostorbitalis, Iwamoto, Hasegawa and Koizumi, 2005, a moderately large-sized colobine monkey from the Late Pliocene of central Japan, affinities to the European Dolichopithecus rather than to the Transbaikalian Parapresbytis were noted based on the similarities in cranial morphology. Computed tomography scans confirm the presence of the maxillary sinus in the holotype, whereas it is probably absent in specimens of the European Dolichopithecus ruscinensis, the type species of this genus. This feature is either present or absent homogeneously in any given genus of living anthropoids. Its presence or absence is unknown in Parapresbytis, but the distinct morphology of the maxillary incisors in this taxon suggests that this form had different feeding habits from the Japanese colobines. These findings suggest that the Japanese colobine should be referred to henceforth as Kanagawapithecus leptopostorbitalis. Kanagawapithecus shares many important facial and dental features with Dolichopithecus rather than with Parapresbytis, but this association depends largely on the limited availability of comparable materials for the latter. Among colobines, the presence of the maxillary sinus is recorded only in Libypithecus and Cercopithecoides. The maxillary sinus is absent in all modern Asian colobines, implying that Kanagawapithecus is an isolated form without any relationship to living forms. Nevertheless, such phylogenetic interpretations are largely dependent on the restricted fossil evidence from the Pliocene and Pleistocene of eastern Eurasia and will be reexamined when new findings are made.

MAR/26/2012

Copyright(C) 2012 PRI ().