ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Streptococcus troglodytae sp. nov., from the chimpanzee oral cavity.

Okamoto, M., Imai, S., Miyanohara, M., Saito, W., Momoi, Y., Abo, T., Nomura, Y., Ikawa, T., Ogawa, T., Miyabe-Nishiwaki, T., Kaneko, A., Watanabe, A., Watanabe, S., Hayashi, M., Tomonaga, M., & Hanada, N.

我々は、人類進化モデルとしてチンパンジーの口腔内微生物叢と口腔疾患の関連について検討をしている。この一連の研究のなかでDNA解析によるピロシーケンス法を用いた解析により、今までに報告されていない細菌が多数口腔内に存在する可能性が示唆された。  代表的なヒトう蝕原因菌として、Streptococcus mutansがあるが、これは蔗糖から非水溶性のグルカンを作り歯面に付着し、酸を産生し、酸性の環境でも生育できるという特徴を持つ。このグループの菌種は近年種々の動物から分離され、13菌種報告されている。本研究は、チンパンジーの口腔内から得られたS. mutans類似菌について分類学的位置付けを明確にした。細菌の菌種の定義の一つに、基準菌株と16S rRNA遺伝子の相同性が97%以下であると独立した菌種と認められ、本菌はS. mutansが最も近縁な菌種であり、塩基配列の類似度が96.4%を示し、Streptococcus troglodytaeとして命名された。  今後、この細菌と他のう蝕原因菌の性状および遺伝子を詳細に比較、検討することにより、う蝕成因のメカニズム解明、う蝕原因菌の伝播様式の解明に役立つものと思われる。  なお、本研究は、共同利用共同研究の成果である。 

International Journal of Systematic and Evolutionary Biology, Published online March 23, 2012, doi: 10.1099/ijs.0.039388-0

Six strains, TKU 25, TKU 28, TKU 30, TKU 31T, TKU 33 and TKU 34 were isolated from the chimpanzee (Pan troglodytes) oral cavity. The colonies of strains grown on the Mitis-Salivarius agar were similar in morphology to that of Streptococcus mutans. The novel strains were Gram stain positive, facultative anaerobic cocci that lacked catalase activity. Analysis of their partial 16S rRNA gene sequences of these isolates showed that the most closely related species was S. mutans (96.4 %). The next closely related species to the isolates were Streptococcus devriesei (94.5 %) and Streptococcus downei (93.9 %). These isolates could be distinguished from S. mutans by the inulin fermentation and alkaline phosphatase activity (API-ZYM system). The peptideglycan type was Glu-Lys-Ala3. Strains were not susceptible to bacitracin. On the basis of the phenotypic characterization, partial 16S rRNA gene and two housekeeping gene (groEL and sodA) sequences data, we propose a novel taxa, Streptococcus troglodytae for TKU 31T (type strain =JCM 18038T =DSM 25324T) for this newly described isolate.

APR/4/2012

Copyright(C) 2012 PRI ().