ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Evaluation of the predictive performance of a pharmacokinetic model for propofol in Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata)

T. MIYABE-NISHIWAKI, K. MASUI, A. KANEKO, K. NISHIWAKI, T. NISHIO & H. KANAZAWA

プロポフォールは麻酔の導入および維持に用いられる短時間作用性の静脈麻酔薬です。この研究の目的は、ニホンザルにおいてプロポフォールのステップダウン投与中の母集団薬物動態モデルを評価することでした。5頭のオスのニホンザルにケタミン(10 mg/kg)とアトロピン(0.02 mg⁄/kg)を投与して不動化しました。その後、プロポフォール5 mg/kgを360 mg/kg /hで静脈内投与し、続いて40 mg/kg/h forで10分、20 mg/kg/h で10分、15 mg/kg/h で100分のステップダウン持続投与をおこないました。静脈血のサンプルをプロポフォール投与開始後に経時的に採取しました。プロポフォール血漿中濃度は超高速液体クロマトグラフィー蛍光検出法にて測定しました。母集団薬物動態解析は解析ソフトウェアNONMEM VIIを用いておこないました。予測の不正確さの指標と、予測の偏りの指標を計算し、予測のエラーのばらつきを示しました。さらに、我々は以前のデータと今回のデータの両方を用いて新たに母集団薬物動態解析モデルを作成しました。以前の薬物動態モデルではプロポフォール血漿中濃度を低めに予測しましたが、安定した予測を達成しました。この研究で示したステップダウン投与の方法は、マカクに非侵襲的処置をおこなう際には実行可能であると考えられました。

Journal of Veterinary Pharmacology and Therapeutics

Propofol is a short-acting intravenous anesthetic used for induction/ maintenance anesthesia. The objective of this study was to assess a population pharmacokinetic (PPK) model for Japanese macaques during a step-down infusion of propofol. Five male Japanese macaques were immobilized with ketamine (10 mg/kg) and atropine (0.02 mg/kg). A bolus dose of propofol (5 mg/kg) was administrated intravenously (360 mg/kg/h) followed by step down infusion at 40 mg/kg/h for 10 min, 20 mg/kg/h for 10 min, and then 15 mg/kg/h for 100 min. Venous blood samples were repeatedly collected following the administration. The plasma concentration of propofol (Cp) was measured by high-speed LC-FL. PPK analyses were performed using NONMEM VII. Median absolute prediction error and median prediction error (MDPE), the indices of prediction inaccuracy and bias, respectively, were calculated, and PE - individual MDPE vs. time was depicted to show the variability of prediction errors. In addition, we developed another population pharmacokinetic model using previous and current datasets. The previous PK model achieved stable prediction of propofol Cp throughout the study period, although it underestimates Cp. The step-down infusion regimen described in this study would be feasible in macaques during noninvasive procedures.

 J. vet. Pharmacol. Therap. doi: 10.1111/j.1365-2885.2012.01404.x.

 Published online May 8, 2012

MAY/17/2012

Copyright(C) 2012 PRI ().