ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

In situ hybridization analysis of gibbon chromosomes suggests that amplification of alpha satellite DNA in the telomere region is confined to two of the four genera

スダラ バイシャルン・ウィスィ アサイタムクン・平井百合子・原暢・古賀章彦・平井啓久

【背景】アルファサテライトDNAは、霊長類のセントロメアの主要なDNA成分である。テナガザル科のうちのシアマン(Symphalangus 属)で、このアルファサテライトDNAがテロメア領域に大規模に存在することを、先に報告した。 

【結果】テナガザル科は、Hoolock, Hylobates, Nomascus, Symphalangus の4つの属から成る。シアマンでみられた現象がどの程度の範囲で起こっているかを、染色体へのハイブリダイゼーションで調べた。Nomascus Symphalangus の2属に限定されるであろうとの結果を得た。 

【意義】4つの属の系統関係はいまだ不明である。今回得られた結果は、Nomascus Symphalangus の2属が近い関係にあり、この2属の共通の祖先でアルファサテライトDNAの増幅が生じたとすると、説明が容易である。

Genome 55 (2012): in press.

The siamang Symphalangus syndactylus, a species of the family Hylobatidae (gibbons), carries large blocks of constitutive heterochromatin in the telomere region of chromosomes. We recently found that alpha satellite DNA constitutes these heterochromatin blocks as a main component. Alpha satellite DNA, tandem repeat sequences of 171-bp repeat units, is a major component of centromeres in primates. In addition to siamang, the white-cheeked gibbon Nomascus leucogenys was previously found to carry the alpha satellite DNA in the telomere region, although not as large a scale as the siamang. Gibbons comprise 4 genera: Hoolock, Hylobates, Nomascus and Symphalangus. Here we report that the amplification of alpha satellite DNA in the telomere region is probably confined to 2 genera: Nomascus and Symphalangus. We examined 1 species of Hoolock and 4 species of Hylobates, and obtained evidence against such an amplification event in these species. The phylogenetic relationship of the 4 gibbon genera remains unclear. One simple explanation for the current distribution of the telomere region alpha satellite DNA would be that Nomascus and Symphalangus are relatively closely related and the amplification occurred in their common ancestor.

OCT/19/2012

Copyright(C) 2012 PRI ().