ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ


生物多様性とどう接していますか
(阿部健一編『生物多様性:子どもたちにどう伝えるか』)

Tsujino Riyou

辻野亮

生物多様性への理解は,2010年に名古屋で開催された生物の多様性に関する条約COP10を契機に定着しつつあるだろう.次に大切なのは,この意識をいかに行動につなげていくかであり,そのためには私たち大人が,未来に生きてゆく子供たちにどのように伝えていくかが重要になる.本書では6人の研究者がそれぞれの分野から「生物多様性をどのように伝えるか」を読者と共に考えている.本書第2章「生物多様性とどう接していますか」の中で辻野は,私たちの暮らしと生物多様性との不思議なつながりを紹介するとともに,生物多様性を理解・納得・実感することで,私たちが生物多様性とどう接しており,どう接していくべきなのかについて言及した(2012年10月出版)

昭和堂

NOV/13/2012

Copyright(C) 2012 PRI ().