ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

大峯山系弥山におけるシラビソ縞枯れ更新の劣化:シカ個体群の影響

辻野亮、松井淳、山本浩大、幸田良介、湯本貴和、高田研一

縞枯れ現象とは,亜高山帯植生を形成する針葉樹のシラビソやオオシラビソの優占林などにみられる現象であり,樹木が列を成して一斉に立ち枯れて天然更新するために,遠くから見ると縞状の模様が見られる. 弥山のシラビソ縞枯林はニホンジカ(Cervus nippon)の圧力下で悪化してきただろうか.弥山(奈良県)の亜高山帯針葉樹林において1ヘクタールの森林調査プロットを設置し,毎木調査と林床植生調査を実施した.全ての生木のうち60.0%はシラビソ(Abies veitchii)であり,46.9%のシラビソは採食や剥皮,角研ぎなどのシカによるダメージが見られた.シラビソの空間分布は縞枯れ構造を示していたものの,枯死帯には稚樹が少なかった.2009年におけるシカの推定生息密度は57.3 head/km2であり,1990年代初めころからの採食圧によって,シラビソの更新が阻害されていると考えられる. 調査プロットを小方形区に区切って分類したところ,シラビソ生木はコケやイトスゲが優占する方形区によく生育するが,コバノイシカグマやヤマカモジグサが優占する方形区にはあまり生育しなかった.いっぽう針葉樹枯死立木はイトスゲが優占する方形区によく見られたが,コケやコバノイシカグマ,ヤマカモジグサが生育する場所にはあまり見られなかった.これらの結果から,シラビソの更新と縞枯れ更新は現在のところシカによる採食や剥皮によって妨げられているだろう.枯死帯ではシラビソの更新がなされないまま,林床植生はコケまたはイトスゲ優占型からイトスゲまたはコバノイシカグマ,ヤマカモジグサ優占型に変化している. 山頂部にあるシラビソ個体群は,気象の変化や温暖化によっても影響を受けていると考えられるものの,林冠の消失と林床植生の一方行的な変化が枯死帯で起こっており,このままではシラビソや縞枯れ林の更新や維持は難しいだろう. Online First, 17 March 2013

Journal of Plant Research, DOI 10.1007/s10265-013-0551-9

How has the degradation of Abies veitchii wave-regeneration occurred under the sika deer (Cervus nippon) pressure? We conducted tree census and ground vegetation survey in a 1 ha plot in Mt. Misen (Nara prefecture, Japan). We found 15 tree species (over 50 cm in height). Abies accounted for 60.0% of all living trees, and 46.9% of Abies were damaged (herbivory, bark stripping and/or fraying) by deer. Spatial distribution of Abies trees showed Abies-wave, although there were few saplings in the dieback zone. Estimated deer population density in 2009 was 57.3 head/km2. Number of living Abies and standing dead conifer trees, and ground vegetation cover for each quadrat (5 9 5 m) were used to assign the quadrats into 6 clusters. The hierarchical clustering-approach revealed that living Abies distributed mainly on the moss and/or Carex fernaldiana dominated quadrats, but did not on the Dennstaedtia scabra, or Brachypodium sylvaticum dominated quadrats. While standing dead conifer trees distributed mainly on the Carex dominated quadrats, they hardly occur on the moss, the Dennstaedtia or the Brachypodium dominated quadrats. Regeneration of Abies tree and thus the wave-regeneration is hindered for now owing to deer herbivory and bark-stripping. The ground vegetation under the dieback zone has changed from the moss and/or the Carex dominated one to the Carex, the Dennstaedtia or the Brachypodium covered vegetation with the canopy remained open and without Abies regeneration.

MAR/22/2013

Copyright(C) 2012 PRI ().