ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English

Heterochromatin blocks constituting the entire short arms of acrocentric chromosomes of Azara's owl monkey: formation processes inferred from chromosomal locations

オーン プラコンチ・ナンペ チャイパセルチ・寺田祥子・平井百合子・コンソン シクルナト・平井啓久・古賀章彦*

ヨザルのアクロセントリック染色体の短腕は、全部または大部分がヘテロクロマチンである。このような状態に至った進化的な過程を推測することを目的とした。まずこのヘテロクロマチンの DNA 成分をクローンとして得て調べたところ、187 塩基対の単位からなる繰り返し配列であることがわかった。この配列を OwlRep とよぶことにした。続いて OwlRep の染色体上の場所を調べたところ、アクロセントリック染色体短腕に加え、少数のメタセントリック染色体のセントロメア周辺にも存在することがわかった。ただしセントロメアの片側のみであった。この分布様式から、つぎのような過程を推測するに至った。(1) 異なる染色体の間でのセントロメアの相互作用をを通して、OwlRep は他の染色体に移った。(2) 移った先では、テロメア領域のヘテロクロマチンとみなされて、OwlRep は増幅した。

DNA Research 20 (2013): accepted for publication.

Centromeres and telomeres of higher eukaryotes generally contain repetitive sequences, which often form pericentric or subtelomeric heterochromatin blocks. C-banding analysis of chromosomes of Azara's owl monkey, a primate species, showed that the short arms of acrocentric chromosomes consist mostly or solely of constitutive heterochromatin. The purpose of the present study was to determine which category, pericentric or subtelomeric, is most appropriate for this heterochromatin, and to infer its formation processes. We cloned and sequenced its DNA component, finding it to be a tandem repeat sequence comprising 187-bp repeat units, which we named OwlRep. Subsequent hybridization analyses revealed that OwlRep resides in the pericentric regions of a small number of metacentric chromosomes, in addition to the short arms of acrocentric chromosomes. Further, in the pericentric regions of the acrocentric chromosomes, OwlRep was observed on the short-arm side only. This distribution pattern of OwlRep among chromosomes can be simply and sufficiently explained by assuming (i) OwlRep was transferred from chromosome to chromosome by interaction of pericentric heterochromatin, and (ii) it was amplified there as subtelomeric heterochromatin. OwlRep carries several direct and inverted repeats within its repeat units. This complex structure may lead to a higher frequency of chromosome scission, and thus may be a factor in the unique distribution pattern among chromosomes. Neither OwlRep nor similar sequences were found in the genomes of the other New World monkey species we examined, suggesting that OwlRep underwent rapid amplification after the divergence of the owl monkey lineage from lineages of the other species.

MAY/22/2013

Copyright(C) 2012 PRI ().