ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English

Leaf Selection by Two Bornean Colobine Monkeys in Relation to Plant Chemistry and Abundance

松田一希, Augustine Tuuga, Henry Bernard, John Sugau & 半谷吾郎

動物の食物選択性の研究では、食物の化学成分と量という2つの要素を同時に考慮することが重要である。我々は、ボルネオ島の固有種であり類似の消化機構を有しながらも、異なる植生域に生息する2種のコロブス類(テングザルとクリイロリーフモンキー)の葉の選択性と、その採食戦略を明らかにした。河畔林(二次林)に生息するテングザルと、フタバガキ一次林に生息するクリイロリーフモンキーの両種に共通した食物選択の傾向は、よりタンパク質含有量が豊富な葉を好むということであった。また、両霊長類種が好んで採食した食物種の中では、より森に豊富にある植物種が選ばれる傾向にあることがわかった。これらの結果から本コロブス類二種の葉の食物選択には、タンパク質含有量が多く大量にある植物種の葉を好んで選択することにより、食物の探索や摂取に要するエネルギーや時間を節約するという古典的な最適採食モデルの適応が可能であることがわかった。共通した食物選択性が見られた一方で、両霊長類種において異なる採食戦略も明らかになった。クリイロリーフモンキーは、より厳密に葉を選択して採食するが、テングザルではクリイロリーフモンキーほどは厳格な食物選択性が見られなかった。これらの採食戦略の違いは、ボルネオ島の一次林と河畔林の葉の質(繊維とタンパク質含有量の割合)の違いと関係していることが示唆された。つまり、両霊長類種の主要な食物である葉の質が高い河畔林に生息するテングザルは、その質の低い一次林に生息するクリイロリーフモンキーに比べ、それほど厳密な食物選択を強いられていない可能性を示した。本論文内では、コロブス類二種の生息地の食物の質の違いに関連して、両種のボルネオ島内での分布パタンの違いについても言及している。

Scientific Reports. 3, 1873; DOI:10.1038/srep01873 (2013)

Focusing on the chemical basis of dietary selection while investigating the nutritional ecology of animals helps understand their feeding biology. It is also important to consider food abundance/biomass while studying the mechanism of animal food selection. We studied leaf selection in two Bornean folivorous primates in relation to plant chemistry and abundance: proboscis monkeys inhabiting a secondary riverine forest and red leaf monkeys inhabiting a primary forest. Both species tended to prefer leaves containing higher protein levels, although more abundant plant species were chosen within the preferred species, probably to maximise energy gain per unit time. However, the two species showed clear differences in their detailed feeding strategy. Red leaf monkeys strictly chose to consume young leaves to adapt to the poor nutritional environment of the primary forest, whereas proboscis monkeys were not highly selective because of the better quality of its common food in the riverine forest. 

http://www.nature.com/srep/2013/130522/srep01873/full/srep01873.html

MAY/23/2013

Copyright(C) 2012 PRI ().