ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English

Feeding strategies of primates in temperate and alpine forests: comparison of Asian macaques and colobines

辻大和、半谷吾郎、シリル・グルター

マカクとコロブスは、アジアを代表する霊長類である。彼らの分布域は熱帯―低地林から温帯―高山林まで多岐にわたっているため、いかなる行動的形質が彼らを過酷な環境に進出せしめたのか、という点を調べる上で、格好の対象である。われわれは、アジア産霊長類の生態適応を、食性の観点から調べた。文献検索データベースを用いて世界各地のマカク・コロブスの食性データを収集し、それぞれの種の系統関係を考慮したうえで生息地の地理的要因(緯度・標高)、物理的要因(気温とその季節変動・年間降水量)との関連性を評価したところ、(1)マカクは熱帯―低地林では果実・動物類を、温帯―高山林では葉・樹皮・キノコなどを主要食物とすること、(2)コロブスは熱帯―低地林では葉・果実を、温帯―高山林では地衣類を主要食物とすること、(3)マカクの食性の地理的変異は年降水量と平均気温の双方から影響を受けるのに対し、コロブスの食性の地理的変異は平均気温のみから影響を受けること、がわかった。

  レビューの結果、温帯―高山林の環境条件に対する採食戦略として、1)主要食物を果実・葉から他の品目にシフトする、2)果実と葉に対する採食努力(時間割合)を柔軟に変える、という二つがあることがわかった。マカクは緯度の変化に対しては両方の、標高の変化に対しては後者の戦略を採ったのに対して、コロブスは緯度の変化に対しては後者の、標高の変化に対しては両方の戦略を採るという違いがあった。マカクとコロブスの現在の分布域は大きく異なるが(前者がより高緯度地域に、後者はより高標高部に生息する)、両者の採食戦略の違いが、彼らの現在の分布に影響した可能性を指摘した。

Primates (in press) DOI 10.1007/s10329-013-0359-1

We analyzed regional variation in the diets of two primate clades, Asian macaques and colobines, whose distributions include temperate–alpine forests. We addressed feeding strategies that enabled them to adapt to harsh environments characterized by relatively low mean temperatures and strong seasonality in both temperature and food availability. Macaques in tropical–lowland forests feed mainly on fruit and animal matter whereas populations in temperate–alpine forests feed more on foliage and on such items as bark and fungi. In comparison, colobines in tropical–lowland forests feed more on fruit and foliage whereas populations in temperate–alpine forests feed less on flowers and more on lichens. Annual precipitation and mean temperature, both of which reflect primary production, had the most significant effects on the feeding behavior of the macaques, whereas only mean temperature had a significant effect on that of colobines. We found two behavioral strategies used by both clades to cope with severe environmental conditions in temperate–alpine forests―shifting to other food items and adjusting feeding plasticity for fruit and foliage. Macaques responded to latitudinal changes by use of both strategies whereas the colobines adapted by using the latter only. By contrast, changes in altitude resulted in the macaques’ using the latter strategy and colobines’ using both. The different current distributions of Asian macaques and colobines could be attributed to differences in their feeding strategies originating in their digestive systems.

MAY/28/2013

Copyright(C) 2012 PRI ().