ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Concentration of Radiocesium in the Wild Japanese Monkey (Macaca fuscata) over the First 15 Months after the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster

羽山伸一, 名切幸枝, 中西せつ子,石井奈穂美,宇野大基,
加藤卓也,今野文治,川本芳,土田修一,落合和彦,近江俊徳

2011年3月11日に東日本を襲った巨大地震の後、東京電力株式会社が運営する福島第一原子力発電所で原子炉の炉心溶融が発生し、放射性物質の大量放出が続きました。本研究では、福島市の森林地域に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の筋中の放射性セシウム134Csと137Csの濃度を測ること、ならびに土壌汚染レベルとの関連でその経時変化を明らかにすることを目的にしました。 1平米あたり100,000-300,000 ベクレルの土地で捕獲したサルの筋中セシウム濃度は、2011年4月に体重キログラムあたり6,000-25,000ベクレルでしたがその後三ヶ月で約1,000ベクレルまで減少しました。しかし2011年12月以降に、何頭かのサルで再び2,000-3,000ベクレルに増え、2012年4月に1,000ベクレルに戻り安定しました。筋肉に認めたこの放射性セシウム濃度の変動パターンは、大気降下物中の放射性セシウム濃度変化と同じでした。また、他の季節の食物よりも潜在的に高濃度の放射性セシウムを含むと考えられる冬芽や樹皮形成層を冬期にサルたちは常食しています。サルの筋中放射性セシウム濃度は捕獲場所の土壌汚染レベルと強く関係していました。本論文は霊長類研究所の共同利用研究による成果の一部です。

PLoS ONE 8(7): e68530. doi:10.1371/journal.pone.0068530

Following the massive earthquake that struck eastern Japan on March 11, 2011, a nuclear reactor core meltdown occurred at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, operated by Tokyo Electric Power Company, and was followed by the release of large amounts of radioactive materials. The objective of this study was to measure the concentration of radiocesium 134Cs and 137Cs in the muscle of Japanese monkeys (Macaca fuscata) inhabiting the forest area of Fukushima City and to determine the change in concentration over time as well as the relationship with the level of soil contamination. Cesium concentrations in the muscle of monkeys captured at locations with 100,000–300,000 Bq/m2 were 6,000–25,000 Bq/kg in April 2011 and decreased over 3 months to around 1,000 Bq/kg. However, the concentration increased again to 2,000– 3,000 Bq/kg in some animals during and after December 2011 before returning to 1,000 Bq/kg in April 2012, after which it remained relatively constant. This pattern of change in muscle radiocesium concentration was similar to that of the change in radiocesium concentration in atmospheric fallout. Moreover, the monkeys feed on winter buds and the cambium layer of tree bark potentially containing higher concentrations of radiocesium than that in the diet during the rest of the year. The muscle radiocesium concentration in the monkeys related significantly with the level of soil contamination at the capture locations.

JUL/9/2013

Copyright(C) 2012 PRI ().