ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Density of Japanese Macaque (Macaca fuscata yakui) Males Ranging Alone: Seasonal and Regional Variation in Male Cohesiveness with the Group

大谷洋介、好廣眞一、高畑由起夫、座馬耕一郎、永井真紀子、蟹江真人、
早石周平、藤野正也、菅谷和沙、須藤正彬、天内史織、金田全人、
立川佳晴、福永恭啓、岡久雄二、東加奈子、半谷吾郎

大人数による定点観察を実施し、屋久島に生息するニホンザルのうち、単独で遊動するオスの密度を植生・季節・標高の異なる2地域の間で比較した。上部(標高700-1300m)では、単独オス密度は植生によっては変化しなかった。一方で、交尾期の単独オス密度は非交尾期の3分の1程度になっていた。これはオスがメスを求めて集団に集まるためだと考えられる。また非交尾期において、個体群密度が高く集団間競合のより激しい海岸部(標高0-300m)に比べると、上部では4倍程の数のオスが単独で遊動していた。上部の単独オスの絶対密度は1.2-5.7/km2(個体群密度:19.3/km2)であった。相当数のオスが集団を離れて単独で遊動することが確認され、オスの集団への凝集性が環境や状況によって柔軟に変化することが示された。

Mammal Study 38(2):105-115. 2013 

doi: http://dx.doi.org/10.3106/041.038.0206

We conducted point censuses in Yakushima island to estimate the density of Japanese macaque (Macaca fuscata yakui) males ranging alone, focusing on its vegetational, seasonal, and regional variation. In highland areas, the detection frequency of males ranging alone did not differ among different types of vegetation, despite the latter's effect on overall population density. The detection frequency of males ranging alone in the mating season was a third of that in the non-mating season. In the mating season, males exhibit strong cohesiveness with a group, probably in search of resident estrous females. Outside of the mating season, we detected 25% fewer males ranging alone in lowland areas, which have high population densities and strong inter-group competition, than in highland areas. The absolute density of males ranging alone was estimated to be 1.2-5.7 individuals/km2. Meanwhile, the group and population densities were 1.25/km2 and 19.3/km2, respectively. A considerable number of males therefore remained outside of groups, and male cohesiveness with groups is flexible in relation to ecological and social circumstances.

JUL/16/2013

Copyright(C) 2012 PRI ().