ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Efficient in vivo depletion of CD8+ T lymphocytes in common marmosets by novel CD8 monoclonal antibody administration

Tomoyuki Yoshida*, Saori Suzuki*, Yuki Iwasaki, Akihisa Kaneko, Akatsuki Saito, Yuki Enomoto, Atsunori Higashino, Akino Watanabe, Juri Suzuki, Kenichi Inoue, Teiko Kuroda, Masahiko Takada, Ryoji Ito, Mamoru Ito, Hirofumi Akari
*: equally contributed to this work 

新世界ザルであるコモンマーモセットは、実験用霊長類としてこれまで汎用されてきたアカゲザル、カニクイザル等のマカク類ザルよりもはるかに小型で取扱いも容易であり、また繁殖効率も良いなどの理由より、感染症研究や脳神経科学分野等の医科学研究においてモデル動物として注目されています。しかし、マカク類ザルと比較してまだ研究利用の歴史も浅く、マーモセットに特化した解析ツールが充分確立されていないのが実情です。このことが、マーモセットを用いた医科学研究進展への障害となっています。 

CD8陽性Tリンパ球は、病原微生物に対する宿主感染防御免疫において細胞障害活性など重要な役割を示すことが良く知られています。しかし、試験管レベルでCD8陽性Tリンパ球が発揮するさまざまな活性が、実際の生体内において病原微生物の感染・発症防御にどのように貢献しているのか、実証することは容易ではありません。こうした点で、マカク類ザルCD8特異的モノクローナル抗体の生体内投与によるCD8陽性T細胞除去技術は、霊長類におけるCD8陽性Tリンパ球の意義や役割を明らかにする上で貴重な知見を提供してきました。 

当研究室では、これまでにマーモセットを用いたC型肝炎ウイルスやデングウイルスの新規霊長類モデルを樹立してきました。本研究では、こうした病原ウイルスに対する感染防御免疫機構をより詳細に解明することを主眼として、(財)実験動物中央研究所との共同研究により世界で初めてマーモセットCD8陽性T細胞の生体内除去技術を確立しました。本研究成果は、感染症研究のみならず、既に様々なマーモセットモデルが樹立されている自己免疫・アレルギー疾患研究においても貴重な新技術を提供するものと期待されます。なお本研究成果は2013年8月 20 日にImmunology letters誌オンライン版に掲載されました。

website: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165247813001077

The use of non-human primates as experimental animal models is highly effective for research on human diseases. Non-human primates and humans share comparable immune systems as compared with mice and are suitable for the evaluation of innate and adaptive immune responses against viral infection. A New World monkey, the common marmoset (Callithrix jacchus) has several advantages as an experimental animal model. The small size of the marmoset makes it easier to handle and reduces maintenance costs. 

 CD8+ T lymphocytes are a vital component of the adaptive immune response and are crucial to the control and clearance of intracellular pathogens. These cells play critical roles in purging acute infections, limiting persistent infections, and conferring life-long protective immunity. In order to clarify the pivotal role of CD8+ T cells in a variety of non-human primate models for human diseases, in vivo depletion of CD8+ T cells by administration of a CD8-specific monoclonal antibody (mAb) is a straightforward technique, although it has been established in Old World monkeys but not in New World monkeys. In this study, we demonstrated for the first time in New World monkeys that the administration of the 6F10 mAb specific for common marmoset CD8 efficiently depleted CD8+ T lymphocytes in marmosets. Thus, our in vivo CD8 depletion technics will be valuable for further examining the role of CD8+ T cells in the infectious diseases as well as autoimmune diseases by using marmoset models.

AUG/22/2013

Copyright(C) 2012 PRI ().