ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Daily feeding rhythm in proboscis monkeys: a preliminary comparison with other non-human primates

松田一希、秋山吉寛、Augustine TUUGA、Henry BERNARD、Marcus CLAUSS

霊長類の採食戦略と、その適応的意義を理解する上で、一日の採食リズムを検討することは重要である。しかし先行研究の多くは、霊長類の採食リズムを記載的にしか報告してこなかった。本論文では、テングザルの一日の採食リズムを詳細に分析するとともに、すでに出版済みの他の20種の霊長類における採食リズムも包括的に解析し、霊長類の採食リズムを一般化することを試みた。テングザルの採食リズムは、泊まり木で眠りにつく前の15−17時付近にピークがあることがわかった。これは、泊まり場で過ごす時間を消化活動に費やすことで、長い夜の時間を有効に活用するための採食戦略だと考えられた。また、果実をより多く食べる時期には、採食リズムのピークが顕著になる一方、葉をより多く食べる時期にはピークが不明瞭になることがわかった。加えて、テングザルの採食リズムは、気温による影響を受けにくいことがわかった。霊長類20種の採食リズムの一般的なパタンは、テングザル同様に夕方に採食のピークをもつことが明らかとなり、これは夜間の時間を消化活動に有効利用するための、霊長類一般に通じる戦略だと考えられた。しかし、各霊長類種でみられる採食リズムの詳細なパタンは、各種の採食パタン(果実食性、葉食性、雑食性)との関連性だけでは一般化することはできなかった。 

http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10329-014-0407-5

Primates (in press)

In non-human primates, the daily feeding rhythm, i.e., temporal fluctuation in feeding activity across the day, has been described but has rarely received much analytical interpretation, though it may play a crucial part in understanding the adaptive significance of primate foraging strategies. This study is the first to describe the detailed daily feeding rhythm in proboscis monkeys (Nasalis larvatus) based on data collected from both riverbank and inland habitats. From May 2005 to May 2006, data on feeding behavior in a group of proboscis monkeys consisting of an alpha-male, six adult females and immatures was collected via continuous focal animal sampling technique in a forest along the Menanggul River, Sabah, Malaysia. In both the male and females, the highest peak of feeding activity was in the late afternoon at 15:00–17:00, i.e., shortly before sleeping. The differences in the feeding rhythm among the seasons appeared to reflect the time spent eating fruit and/or the availability of fruit; clearer feeding peaks were detected when the monkeys spent a relevant amount of time eating fruit, but no clear peak was detected when fruit eating was less frequent. The daily feeding rhythm was not strongly influenced by daily temperature fluctuations. When comparing the daily feeding rhythm of proboscis monkeys to that of other primates, one of the most common temporal patterns detected across primates was a feeding peak in the late afternoon, although it was impossible to demonstrate this statistically because of methodological differences among studies. 

http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10329-014-0407-5

FEB/12/2014

Copyright(C) 2012 PRI ().