ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English

Coming down from the trees: Is terrestrial activity in Bornean orangutans natural or disturbance driven?

Marc Ancrenaz, Rahel Sollmann, Erik Meijaard, Andrew J. Hearn, Joanna Ross, 鮫島弘光, Brent Loken, Susan M. Cheyne, Danica J. Stark, Penny C. Gardner, Benoit Goossens, Azlan Mohamed, Torsten Bohm, 松田一希, 中林雅, Shan Khee Lee, Henry Bernard, Jedediah Brodie, Serge Wich, Gabriella Fredriksson, 半谷吾郎, Mark E. Harrison, 金森朝子, Petra Kretzschmar, David W. Macdonald, Peter Riger, Stephanie Spehar, Laurentius N. Ambu, Andreas Wilting

哺乳類の中でも最も大型の樹上生活者であるオランウータンの、地上利用に関する情報は極めて少ない。限られた情報ではあるが、オランウータンの地上利用についての報告では、その地上利用と森林伐採との関係性が示唆されてきた。つまり、森林伐採によりオランウータンの生息地が切り開かれたことで、パッチ上に残された森を移動するために、地上を利用することを余儀なくされているというのである。そこで我々は、ボルネオ島の広範囲にわたり地上に設置した自動撮影カメラで撮影された、オランウータンの画像を解析することで、オランウータンの地上利用が森林の攪乱の程度と、どのように関連しているのかを初めて定量的に検討した。解析の結果、確かに森林の攪乱程度と樹冠のギャップサイズは、オランウータンの地上利用の程度との関連性が認められたが、一方で攪乱の程度の大きい森における地上利用の頻度と同程度の地上利用が、森林の攪乱を受けていない一次林においても見られた。また、どのような性年齢のオランウータンにおいても地上利用が見られた。本結果から、我々が今まで思っていた以上にオランウータンは地上を頻繁に利用していることがわかり、これは、オランウータンの地上利用が、自然な行動レパートリーの一つであることを示唆している。しかし一方で、オランウータンの地上利用のあり方が、森林攪乱に適応していくために徐々に変化していることも、否定できない事実であろう。 

http://www.nature.com/srep/2014/140213/srep04024/full/srep04024.html

Scientific Reports 2014; 4: 4024 doi: 10.1038/srep04024

The orangutan is the world’s largest arboreal mammal, and images of the red apemoving through the tropical forest canopy symbolise its typical arboreal behaviour. Records of terrestrial behaviour are scarce and often associated with habitat disturbance. We conducted a large-scale species-level analysis of ground-based camera-trapping data to evaluate the extent to which Bornean orangutans Pongo pygmaeus come down from the trees to travel terrestrially, and whether they are indeed forced to the ground primarily by anthropogenic forest disturbances. Although the degree of forest disturbance and canopy gap size influenced terrestriality, orangutans were recorded on the ground as frequently in heavily degraded habitats as in primary forests. Furthermore, all age-sex classes were recorded on the ground (flanged males more often). This suggests that terrestrial locomotion is part of the Bornean orangutan’s natural behavioural repertoire to a much greater extent than previously thought, and is only modified by habitat disturbance. The capacity of orangutans to come down fromthe trees may increase their ability to cope with at least smaller-scale forest fragmentation, and to cross moderately open spaces in mosaic landscapes, although the extent of this versatility remains to be investigated. 

http://www.nature.com/srep/2014/140213/srep04024/full/srep04024.html

 

FEB/17/2014

Copyright(C) 2012 PRI ().