ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ


野生霊長類の薬用植物利用

ハフマン、マイケル

筆者は、1980年代前半から野生霊長類の社会生態学的調査・研究に取り組んできた。この過程で、東アフリカ・タンザニアのマハレ山塊国立公園に棲む野生チンパンジーがある種の植物を、特に寄生虫駆除のための処方(薬)に使っていると考えられる研究成果を得、これに端を発し、その後さらに幅広く霊長類の薬用植物利用についての研究を深めてきた。本章では、これら一連の調査・研究の経緯や結果を背景に、ヒトをも含めた薬の原点や、食と薬との接点についての筆者の考えをまとめたものです。

2014『食べ物とくすりの接点を探求する』
大東 肇(編者)人と食と自然シリーズ、京都健康フォーラム、建帛社,東京

MAR/31/2014

Copyright(C) 2014 PRI ().