ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Multi-annual variation in the diet composition and frugivory of the Japanese marten (Martes melampus) in western Tokyo, central Japan

辻大和・安本唯・高槻成紀

 野生ホンドテン (Martes melampus、以下テン)の食性の長期的な変化の有無を調べるため、東京西部の盆掘林道でテンの糞を採集し、その内容物を1) 1997-98年と2)2007-08年で比較した。テンの主要食物はいずれの年も果実・種子と動物質(主に小型哺乳類と昆虫類)だった。テンはいずれの年も果実と昆虫類を通年利用したが、哺乳類、鳥類、節足動物(昆虫類を除く)の割合は、季節的に変化した。果実の樹種構成は年により大きく異なっていた。これらの分析結果は、テンの採食戦略および種子散布者としての役割が、年により変化することを示唆する。主要食物である小型の動物や果実の利用可能性の年次的な変化が、この食性変化の主要因であろう。食物環境が季節的にも年次的にも変化する温帯地域では(対象動物の食性に依らず)、食物の利用可能性の長期的なモニタリングが必要であることを指摘した。

Acta Theriologica DOI 10.1007/s13364-014-0181-1

 To examine multi-annual variations in the food habits of the Japanese marten (Martes melampus), we analyzed the composition of marten feces in the Bonbori Forest Path in western Tokyo, central Japan, in two time periods a decade apart (1997–1998 and 2007–2008). The staple foods of martens in both periods were fruits/seeds and animal materials (mainly insects and mammals). The martens fed frequently on fruits/seeds and insects throughout the year in both periods, but the consumption of mammals, birds, and arthropods/other animals showed seasonal variations. The composition of fruits/seeds and the frequency of occurrence for each fruit-bearing species differed between the two periods. These results suggest that both the foraging strategy and role of martens as a seed dispersal agent changes yearly, presumably according to multi-annual variation in the availability of prey animals and/or fruits. We emphasize the importance of multi-annual studies both on food habits and to monitor food availability in the temperate region where the food environment changes among seasons, as well as years.

APR/21/2014

Copyright(C) 2014 PRI ().