ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Female emigration in Japanese macaques, Macaca fuscata: ecological and social backgrounds and its biogeographical implications

辻大和・杉山幸丸

 ニホンザルの社会では、オスは成長すると生れた群れを出て他の群れに移籍したり、オス同士でグループを作って生活するのに対して、メスは生まれた群れで生涯を過ごすと考えられている。ところが、これまでに公表された研究資料を整理すると、メスが生まれた群れを離れた事例が、8つの調査地から34事例(少なくとも78個体)報告されていた。メスの移出が生じた状況を検討したところ、多くの事例では、メスの移出は1) 餌付け群における給餌量の減少や冬季など、食物環境が悪化したとき、2) 群れサイズが極端に大型化したとき、ないし親個体が消失したとき、のいずれかで生じていた。そして群れを離れるメスの多くは、社会的に劣位な個体(低順位個体、老齢個体)だった。他種のサルでは群れ外のオスの接近がメスの移出の引き金となる場合もあるが、ニホンザルのメスではこのような事例は報告がなかった。群れ内での採食成功が極端に低下すること、そして、血縁個体からのサポートが失なわれることが、ニホンザルのメスの移出の引き金となっていると考えられる。環境の悪化に対して、一部のメスは群れを出ることにより『群れ生活のしがらみ』を断ち切り、新たな生息環境を開拓するのだろう。

Mammalia 78: 281-290

We reviewed case studies in female Japanese macaques engaged in social and spatial emigration. In such instances, animals leave their natal group and remain alone or in a small group, transfer to another group, or join extra-group males to establish a new group. Since 1953, at least 34 emigration cases (and at least 78 females) have been reported from eight study sites of five provisioned and three wild populations in Japan. In most cases, female emigration occurred 1) when food conditions warranted the move due to either a decrease in the artificial feeding of provisioned populations or to a seasonal deterioration in the food environment of wild populations and/or 2) when group structure was disturbed via a drastic change in size or the disappearance of adults. In most cases, subordinates were the ones who emigrated. Unlike the case in other primate species, an influx of extra-group males never led to female emigration to avoid infanticide. These suggest that decreases in per capita foraging success within the group and loss of support from kin and group males were probably principle factors motivating emigration by females. In response to environmental deterioration, females emigrate and settle within new location/range within same habitat type.

JUL/31/2014

Copyright(C) 2014 PRI ().