ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Locational diversity of alpha satellite DNA and intergeneric hybridization aspects in the Nomascus and Hylobates genera of small apes

Sudarath Baicharoen, Takako Miyabe-Nishiwaki, Visit Arsaithamkul, Yuriko Hirai, Kwanruen Duangsa-ard, Boripat Siriaroonrat, Hiroshi Domae, Kornsorn Srikulnath, Akihiko Koga and Hirohisa Hirai

我々は、最近、テナガザルにおいてアルファサテライトDNAが属特異的な染色体上の局在性を持つことを発見した。その特性を用いることで、属間雑種の親ゲノムを読み解くことが比較的容易であることに着目して、タイの動物園で遭遇したHylobatesとNamascusの 2属間雑種個体を解析した。Nomacus属の3種(N. leucogneys, N. siki, N. gabriellae)とHylobates larにおけるアルファサテライトDNAの詳細な局在性を明らかにした上で、染色体バンド解析や染色体彩色解析とともに解析したところ、母親はNomascus leucogenysで父親はHylobates larであることが明らかになった。そのためこの属間雑種個体はConlarと命名した。先に報告した日本に存在する同2属間雑種はLarcon(母Hylobates, 父Nomascus)であった。このような分子を用いた属や種の分類は動物園等の飼育個体の同定等に有効である。また、アルファサテライトDNAの新規のより多くの情報は、未解決のテナガザルの系統解析や進化の問題に寄与するものと思われる。 

PLOS ONE October 07, 2014  DOI: 10.1371/journal.pone.0109151

http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0109151

 

OCT/8/2014


Copyright(C) 2014 PRI ().