ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Reduction in the structural instability of cloned eukaryotic tandem-repeat DNA by low-temperature culturing of host bacteria

Thapana W, Sujiwattanarat P, Srikulnath K, Hirai H and *Koga A

タパナ ワチャラポン・スジワッタナラ ペンポン、コンソン シクルナ、平井啓久、*古賀章彦

真核生物の反復配列を正確に分析するためには、ゲノムDNAの断片のクローン化が必要になることが多い。しかし、クローンをホストのバクテリアで維持または増幅している崩壊することがよくあり、正確な分析の妨げとなっている。バクテリアを低温で培養することで崩壊が軽減できることを、実例とともに示す。

Genetics Research 96: e13 (2014)

For accurate analyses of eukaryotic tandem-repeat DNA, it is often required to clone a genomic DNA fragment into a bacterial plasmid. It is, however, a serious problem that tandem-repeat DNA is frequently subjected to structural changes during maintenance or amplification in the host bacteria. Here, we show an example of a clear difference in the instability of tandem-repeat DNA between different culturing temperatures. A fragment of monkey centromeric DNA carried by pUC19 was considerably degraded by culturing bacteria at 37oC, but the damage was reduced at 25oC. Thus, culturing temperature is a significant factor for avoiding degradation, in addition to the genotype of the host bacteria

OCT/29/2014

Copyright(C) 2014 PRI ().