ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English

Natural licks are required for large terrestrial mammals in a degraded riparian forest, Sabah, Borneo, Malaysia

松田一希, Marc Ancrenaz, 秋山吉寛, Augustine Tuuga, Noreen Majalap, Henry Bernard

マレーシア・サバ州のキナバタンガン川下流域に広がる河畔林の「塩場」に、自動撮影カメラを設置し、そこを訪れる動物相をおよそ2年間モニターした。また塩場から収集した水に含まれる、ミネラル成分も毎月分析し、そこを訪れる動物の頻度とミネラル成分の濃度の関係性も検討した。加えて、塩場周辺の動物相(特に樹上性霊長類とサイチョウ類)の生息状況を確認するために、塩場から100mほど離れた場所を流れるキナバタンガン川からボートを用いたセンサスを行った。これらの結果、塩場から湧き出る水には、ナトリウムはもちろん、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれており、その濃度は雨量の影響を受けながら季節的な変化を示すことが明らかとなった。また、オランウータンやボルネオゾウなどの絶滅に瀕している動物など、様々な動物が塩場を利用していることが示された。その中でも、ヒゲイノシシとサンバー(スイロク)が頻繁に塩場を利用していた。また、ヒゲイノシシの塩場利用の頻度は、ミネラル成分の濃度との関連性も見られた。ボルネオ島の大型哺乳類の分布状況は、森林タイプや攪乱状態よりも林内に点在する塩場の分布と関連していることが示唆されてきた。本研究では、先に示されてきたボルネオ島フタバガキ林における塩場の重要性に加え、河畔林においても塩場が動物の活動における重要な資源であり、また多様な動物相を維持する鍵となっていることを示した。 

論文へのリンク http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11284-014-1219-1

Ecological Research 10.1007/s11284-014-1219-1

Although the importance of natural licks for terrestrial mammals is widely acknowledged, we report here for the first time its importance for large terrestrial mammals in a degraded riverine forest in Borneo. Our results clearly demonstrated that various mammals, including bearded pig, sambar deer, and endangered orangutans, were using the natural lick, though large arboreal/avian herbivore/omnivore animals were not attracted to the natural lick. In addition, the diversity of mammal species recorded in this study was lower than those recorded in the dry lowland forest. Possible reasons for this difference between the different forest types are discussed.

DEC/10/2014


Copyright(C) 2014 PRI ().