ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English

Streptococcus panodentis sp. nov., from the oral cavities of chimpanzees
Masaaki Okamoto, Susumu Imai, Mayu Miyanohara, Wataru Saito, Yasuko Momoi, Yoshiaki Nomura, Tomoko Ikawa, Takumi Ogawa, Takako Miyabe-Nishiwaki, Akihisa Kaneko, Akino Watanabe, Shohei Watanabe, Misato Hayashi, Masaki Tomonaga and Nobuhiro Hanada
概要

われわれは、ヒト口腔内疾患の起源を探るべくチンパンジー(Pan troglodytes)の口腔細菌叢を分析した。その結果、2つの新菌種を見つけ、一つはStreptococcus troglodytaeと命名、報告した(IJSEM, 2013)。この菌は系統学的にう蝕原因菌であるミュータンスレンサ球菌群に属する。今回報告した菌は、グラム陽性球菌で、通性嫌気性を示した。16S rRNA遺伝子の塩基配列から最も類似の菌種はS. infantis(96.7%)で、次いでS. rubneri, S. mitis, S. peroris および S. australis (96.6〜96.4 %)であった。この菌の生化学的性状などからミチスグループレンサ球菌に属する新種と考えられ、我々はこの菌をS. panodentisと命名、提唱した。
う蝕は農耕文明と共に起こり、ミュータンスレンサ球菌と砂糖摂取により起こる文明病とも考えられる。口腔内細菌は、共生、拮抗しながら生息しており、常在細菌と病原菌とのバランスは口腔状態と密接な関連があると考えられている。今回報告したミチスグループレンサ球菌は口腔常在菌として、ミュータンスレンサ球菌の口腔内定着を妨げる働きがあるのではないかと推測している。

本研究は、京都大学霊長類研究所の共同利用研究の成果である(2014-A10, 2013-A5, 2012-A7, 2011-B-63, 2010-B-54, 2009-C-20)。

rRNAに基づくレンサ球菌属の系統関係。S. panodentisが今回発見された新種
書誌情報

Microbiology and Immunology, 2015, 59: 526-532. doi: 10.1111/1348-0421.12290
2015/09/14 Primate Research Institute