ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

”Deer” friends: 食物をめぐるコロブス類とシカの種間関係
辻大和・Kanthi Arum Widayati・Sarah Nila・Islamul Hadi・Bambang Suryobroto・渡邊邦夫
概要

インドネシア、西ジャワ州のパガンダラン自然保護区で、食物をめぐるジャワルトン (Trachypithecus auratus) とルサジカ (Rusa timorensis) の種間関係を発見した。ルトンが採食中に落とした植物を地上のシカが食べるという関係(落穂ひろい行動)である。「落穂ひろい」がシカにとって利益のある行動なのか否かを明らかにするために、2011年から2013年にかけて野外調査を実施した。調査期間中に観察した「落穂ひろい」は248回で、これはルトンの観察時間の4% (60.1h)に該当した。ルサジカはルトンが落した植物のうち39品目(大部分は葉)を食物として利用した。「落穂ひろい」は、乾季に頻繁に発生した。乾季はシカの本来の食物である草本類が乏しい時期である。栄養分析をしたところ、シカが「落穂ひろい」する植物は、シカ本来の植物に比べて栄養価に富むわけではなかったが、平均重量が大きかった。以上より、ルトンが提供する植物は、地上生のシカにとって食物の乏しい時期に採食成功を高めてくれる、ありがたい資源だと考えられた。


書誌情報

Journal of Mammalogy DOI:10.1093/jmammal/gyv123
2015/09/17 Primate Research Institute