ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

機能する CENP-B box が新世界ザルではセントロメア反復配列の
異なる多くの場所に生じている
Formation of functional CENP-B boxes at diverse locations in repeat units of centromeric DNA in New World monkeys
久郷和人・平井啓久・舛本寛・古賀章彦
概要

背景 セントロメア反復配列に CENP-B box とよばれるモチーフがある。セントロメア形成に関与するタンパクである CENP-B が、DNA に結合する際に、このモチーフを認識する。ヒト科(ヒト・ゴリラ等)ではどの種も、CENP-B box は反復単位上の特定の1か所にある。

結果 新世界ザルのマーモセットで、セントロメア反復配列に CENP-B box があることを、最近我々は報告した。これに加えて今回、リスザルとタマリンで CENP-B box を同定した。機能することも証明した。この3種の間で CENP-B box の位置をくらべて、互いに異なることを見出した。

意義 ヒト科では、反復単位1つおきに CENP-B box が存在することが多い。CENP-B box が機能するためにはこの1つおきという間隔が必要なのであろうと考えられる。セントロメア反復配列の反復単位の長さは、ヒト科は 171 塩基対であるのに対して、新世界ザルでは約2倍の 340-350 塩基対である。反復単位の上に新しい CENP-B box が生じた場合、その反復単位を単純に連ねるだけで、ヒト科での1つおきに相当する間隔になる。すなわち、反復単位の配置に関してヒト科より制約が小さい。このために新しく生じた CENP-B box が生き残る可能性は、ヒト科の場合より大きいであろうと考えられる。新世界ザルで多様な位置にみられる理由をこのように推測した。

書誌情報

Scientific Reports Vol. 6
http://www.nature.com/articles/srep27833
2016/06/17 Primate Research Institute