ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

野生ボノボにおける、死児を対象としたカニバリズム事例の報告

Cases of maternal cannibalism in wild bonobos (Pan paniscus) from two different field sites, Wamba and Kokolopori, Democratic Republic of the Congo
Nahoko Tokuyama, Deborah Lynn Moore, Kirsty Emma Graham, Albert Lokasola, Takeshi Furuichi
概要

カニバリズムとは同種を対象とした肉食行動のことで、無脊椎動物から哺乳類まで様々な動物種で観察されます。母親が自らの子を食べる行動(Maternal cannibalism)は霊長類では珍しく、飼育下の非常にストレスがかかった状態でみられる異常行動だと考えられてきました。しかし2008年にルイコタルの野生ボノボにおいて、母親を含む数個体による、死んでから一日経った赤ん坊を対象としたカニバリズムが観察されました(Fowler & Hohmann 2010)。今回私たちは、ワンバとココロポリにおいて、野生ボノボの死児を対象としたカニバリズムを新たに2例観察しました。どちらの事例においても、母親の参加と、個体間での肉の配分が見られました。このような死児を対象としたカニバリズムは、生起頻度は低いものの異常行動ではなく、ボノボの自然な行動レパートリーの一部であると考えられます。
書誌情報

Primates (2016)
doi:10.1007/s10329-016-0582-7
http://link.springer.com/article/10.1007/s10329-016-0582-7


Related news
BBC 'Hippie' apes seen eating their own dead children
http://www.bbc.com/earth/story/20161026-hippie-apes-seen-eating-their-own-dead-children

 

2016/10/28 Primate Research Institute