ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 研究所来訪 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル飼育・使用指針v3 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English

頭蓋内転移を伴った肝細胞癌を発症したニホンザルの1症例
Takako Miyabe-Nishiwaki, Akihiro Hirata, Akihisa Kaneko, Akiyo Ishigami, Yoko Miyamoto, Atsushi Yamanaka, Keishi Owaki, Hiroki Sakai, Tokuma Yanai and Juri Suzuki
概要

背景:23歳オスのニホンザルが左眼瞼下垂を呈し、やがて眼球突出へと進行した。

方法:臨床検査、CT、MRIをおこない、予後不良のため安楽殺となった。その後、病理解剖、病理組織学的検査をおこなった。

結果:CTとMRI検査で鼻腔から頭蓋内にかけて広く腫瘤様病変を認めた。病理解剖により、肝臓に大型の腫瘤、頭蓋内に左側頭葉を圧迫する腫瘤を認めた。病理組織学的検査および免疫組織学的検査により、肝臓腫瘤は肝細胞癌、頭蓋内はその転移巣であることが明らかになった。原発巣、転移巣、いずれにおいても、肝細胞に類似した腫瘍細胞が主に索状に配列して増殖していた。免疫組織学的検査において、腫瘍細胞はサイトケラチン(AE1/AE3およびCAM5.2)およびHepatocyte Paraffin 1陽性であり、サイトケラチン7および20、ビメンチン陰性であった。

結論:我々の知る限りでは、この症例はマカクでの肝細胞癌の頭蓋内転移の最初の報告である。
書誌情報

Journal of Medical Primatology
Article DOI: 10.1111/jmp.12261
URL: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jmp.12261/full
2017/04/07 Primate Research Institute