ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

リーフモンキーだって種子散布する
Neglected seed dispersers: endozoochory by Javan lutungs (Trachypithecus auratus) in Indonesia
辻大和, Jenni Indah Dwi Pajar Ningsih, Shumpei Kitamura, Kanthi Arum Widayati, Bambang Suryobroto
概要

「コロブス類 = 葉食専門のサル」
という認識が霊長類研究者に根付いている。しかし最近の研究で、多くのコロブス類で果実食が見れることが示されており、ゆえにコロブス類は、種子散布をはじめとする、果実食を通じた生態学的サービスに影響していると予想される。われわれはインドネシアに生息するジャワルトン(Trachypithecus auratus)を対象に、(1)糞に含まれる種子の量と多様性、(2)散布距離、(3)発芽率を評価し、それを同所的に生息するカニクイザル(Macaca fascicularis、マカク類は主要な散布者として知られる)の値と比較した。

調査期間中に採集したルトンの糞の54%に種子が含まれ、これはカニクイザルの62%に匹敵する高い値だった。ルトンの糞から出現した植物種数は少なくとも6種あり、これはカニクイザルの19種より少なかったものの、ひとつの糞に含まれる種子の数はむしろルトンのほうが多かった。なお、ルトンの糞に含まれる種子の多くはイチジク類(Ficus spp.)などの小型種子だった。

野外調査と動物園での給餌実験を組み合わせてルトンの散布距離を推定したところ、平均51-100m、最長299mであり、同所的に生息する他の果実食者の散布距離(数百メートル〜数キロメートル)より短かった。最後に、ルトンの糞に含まれるイチジク類の発芽率は、果実から取り出した種子(コントロール条件)の発芽率よりも低かったが、カニクイザルの糞に含まれる種子の発芽率との間では有意差がなかった。

以上の結果より、ルトンによる散布効率は同所的に生息する他種よりも低いことが示唆された。しかし、森林におけるコロブス類のバイオマスの大きさを考えると、小型種子の散布においては、ルトンが重要な役割を果たしていると考えられる。種子散布に限らず、生態学的な現象を正しく評価するには、「果実食者」「葉食者」といった先入観から脱却することが必要である。
書誌情報

Biotropica
doi:10.1111/btp.12439
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/btp.12439/epdf

 

2017/04/12 Primate Research Institute