ENGLISH 京都大学
125周年
所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
お薦めの図書 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

核小体形成部位のゲノム内拡散と変化を制御する染色体動態
平井啓久
総説

 核小体形成部位(NORs)は生物間でゲノム内分布や転写活性に相違があることが知られている。そのメカニズムにはまだ謎が多い。私は今回霊長類とアリ類で解析してきた我々のデータから、そのメカニズムの一端として分子効果(molecular effect)、親和性ルール(affinity rule)、を提唱した。これはNORs周辺のゲノム構造の親和性/非親和性特性と減数分裂における染色体形状(図参照)から推測したものである。


書誌情報

Cells 2020, 9 (4), 971
  https://doi.org/10.3390/cells9040971

 

2020/04/16 Primate Research Institute