ENGLISH 京都大学
125周年
所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
お薦めの図書 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 行動解析用データセット 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ



夜間視力上昇をもたらす視細胞内微小レンズをヨザルは 15 My 以内の期間で獲得した
Tanabe H, Kusakabe K, Imai H, Yokota S, Kuraishi T, Hattori S, Kai C, *Koga A
概要

ヨザルという名前のサルがいます。漢字では夜猿。

真猿類(しんえんるい)とよばれる一大グループがあり、ヒトはここに含まれます。ヒトに近いチンパンジーやゴリラも。そしてテナガザル・ニホンザル・マントヒヒ・マーモセット・リスザルなども、真猿類。この連中、みんな昼行性です。ただし、例外が1つ。それがヨザル。

ヨザルも、祖先は昼行性でした。それが夜行性になりました。移行に伴い、目が大きくなりました。そして変化は目の細部にも。

視細胞は、網膜の中にたくさん並んでいて、光を感じる細胞。ネズミなどの夜行性の哺乳類は、視細胞の一種である桿体(かんたい)細胞の内部に、微小レンズをもっています。目全体のレンズである水晶体とは別物です。弱い光を効率よく捕らえて、夜間視力を高めます。ヨザルにこの微小レンズがあることを先の研究で確認し、その成分まで突き止めていました。

今回は、この微小レンズを獲得するのに要した時間を、調べました。マーモセット(昼行性)とヨザル(現在は夜行性)が共通祖先から分岐したのが、約 20 My 前(My = 100万年)。なので微小レンズの獲得の開始は、それより後。

さて、終わったのはいつか。この見当をつけるために、以前の研究で微小レンズがあるとわかっていたアザラヨザル(南アメリカ大陸東部)に加え、コロンビアヨザル(南アメリカ大陸北西部)の目を、今回調べました。そして微小レンズがあることが、確認できました。この2種が分岐する前に、微小レンズの獲得は完了していたことになります。分岐したのは、約 5 My 前。

以上から、獲得にかかった時間は、最大で 15 My(20 My - 5 My)となります。

これが結論ではありますが、これ以上ではないという意味であって、実際にはこれよりはるかに短い時間で獲得した可能性は、十分にあります。

書誌情報

The heterochromatin block that functions as a rod cell microlens in owl monkeys formed within a 15 million year time span
Genome Biology and Evolution (2021), doi: 10.1093/gbe/evab021
2021/02/01 Primate Research Institute