ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ


H21
論文 25 報 学会発表 84 件
H21-A1-1
代:一柳 健司
分:佐々木 裕之
分:新田 洋久
ヒト・チンパンジー間におけるエピゲノム・バリエーションの網羅的解析

学会発表
Kenji Ichiyanagi Epigenetic difference between human and chimpanzee and its impact on the transcriptional regulation(2010年3月7日) Hominization conference "Post-genome biology of primates as the hub-research for understanding our species and neighbors."(犬山市).

一柳 健司, 福田 渓, 北山 淳子, 平井 啓久, 佐々木 裕之 ヒトとチンパンジーのDNAメチル化プロファイルの比較(2009年9月23日) 第54回日本人類遺伝学会(東京).

福田渓、一柳健司、北山淳子、平井啓久、佐々木裕之 Comparison of the genome-wide DNA methylation patterns between human and chimpanzee(2009年12月9日) 第32回日本分子生物学会(横浜).
H21-A1-2
代:神取 秀樹
分:川鍋 陽
分:山田 啓介
分:片山 耕大
精密赤外分光法による霊長類の錐体視物質の光受容機構解明

論文
Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori(2010) An FTIR Study of Monkey Green- and Red-Sensitive Visual Pigments Angew. Chem. Int. Ed. 49(5):891-894. 謝辞あり

学会発表
Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori An FTIR Study of Monkey Green- and Red-Sensitive Visual Pigments(October 30th-November 1st 2009) The 47th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan(Tokushima, Japan).

Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori An FTIR Study of Monkey Green- and Red-Sensitive Visual Pigments(October 12-16th 2009) Horiba-ISSP International Symposium (ISSP-11) on "Hydrogen and Water in Condensed Matter Physics"(Chiba, Japan).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 霊長類色覚視物質の赤外分光解析(2009年9月21-24日) 第3回分子科学討論会(名古屋).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 霊長類色覚視物質の赤外分光解析(2009年7月31日-8月3日) 生物物理若手の会第49回夏の学校(支笏湖).

片山耕大、 古谷祐詞、 今井啓雄、 神取秀樹 霊長類色覚視物質の赤外分光解析(2010年3月29-30日) 日本生物物理学会中部支部講演会(岡崎).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 霊長類色覚視物質の赤外分光解析(2010年3月23-24日) 分子科学研究所研究会(岡崎).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 霊長類色覚視物質の赤外分光解析(2010年3月15-16日) 高次π空間の創発と機能開発 第三回公開シンポジウム講演(岡崎).
H21-A1-3
代:松波 宏明
分:Hanti Zhuang
チンパンジー嗅覚受容体の多型解析
H21-A1-4
代:石丸 喜朗
霊長類味覚受容体の同定と味覚修飾物質による甘味増強・酸味抑制機構の解明
H21-A1-5
代:早野 あづさ
ゲノム解析によるテナガザル類の種分化過程の解明
H21-A1-6
代:安波 道郎
生体防御系の霊長類比較ゲノム研究とその機能解析研究
H21-A1-7
代:太田 博樹
霊長類アルコール分解酵素遺伝子の重複とクラスターの進化

論文
T. Hiwatashi, A. Mikami, T. Katsumura, B. Suryobroto, D. Perwitasari-Farajallah, S. Malaivijitnond, B. Siriaroonrat, H. Oota, S. Goto, S. Kawamura*(2011) Gene conversion and purifying selection shape nucleotide variation in gibbon L/M opsin genes BMC Evolutionary Biology 11:312.

T. Hiwatashi, Y. Okabe, T. Tsutsui, C. Hiramatsu, A.D. Melin, H. Oota, C.M. Schaffner, F. Aureli, L.M. Fedigan, H. Innan, S. Kawamura*(2010) An explicit signature of balancing selection for color vision variation in New World monkeys Molecular Biology Evolution 27:453-64.

学会発表
H. Oota, R. Kaul, H. Shibata, A. Toyoda, A. Fujiyama, W.C. Speed, J.R.Kidd, M. Olson, S. Kawamura, K.K. Kidd Alcohol dehydrogenase (ADH) gene cluster in primates(Sep. 12 - 18, 2010) International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010(Kyoto, Japan).

S. Kawamura, T. Hiwatashi, Y. Okabe, T. Tsutsui, C. Hiramatsu, A.D. Melin, H. Oota, C. M. Schaffner, F. Aureli, L.M. Fedigan, H. Innan A population genetic test of balancing selection for color vision variation in New World monkeys. (September 12-18, 2010) The 23rd International Primatological Society Congress Kyoto 2010: Symposium "Variation and Evolution of Primate Color Vision Revealed by Cross-disciplinary Studies".

Y. Matsushita, H. Oota, B. Welker, S. Kawamura Toward deeper understanding color vision of howler monkeys(Sep. 12 - 18, 2010) International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010(Kyoto, Japan).

Y. Matsushita, H. Oota, B. Welker, M. Pavelka, S. Kawamura Molecular genetic reevaluation of the uniform-trichromacy hypothesis for howler monkeys(Sep. 11-12, 2010) The 4th International Symposium of the Biodiversity and Evolution, Kyoto University Global COE project "Evolution of Sensor, Communication and Society"(Kyoto, Japan).

A. Sato, F. Campos, H.Oota, K. Jack, A. Di Fiore, F. Aureli, L. Fedigan, S.Kawamura Genetic Variation in Wild Capuchins and Spider Monkeys in Costa Rica: Implications for Dispersal Patterns(Jul. 26 - 30, 2011) The Society for Molecular Biology and Evolution, Annual Meeting(Kyoto, Japan).

K. Sakurai, M. Bergstrom, M. Shirasu, H. Imai, K. Touhara, H. Oota, F. Aureli, L. Fedigan, S. Kawamura Toward Understanding Importance of Chemical Sense in Primates: a Study of Natural Populations of Color-Vision Polymorphic New World Monkeys(Jul. 26 - 30, 2011) The Society for Molecular Biology and Evolution, Annual Meeting(Kyoto, Japan).

Y. Matsushita, H. Oota, B. Welker, M. Pavelka, S. Kawamura Finding a Polymorphism of the L-M Opsin Gene in Howler Monkeys Which Have Been Supposed to Have Uniform Trichromacy in New World Monkeys (Jul. 26 - 30, 2011 ) The Society for Molecular Biology and Evolution, Annual Meeting(Kyoto, Japan).

Y. Matsushita, H. Oota, B. Welker, M. Pavelka, S. Kawamura Color vision variation of trichromacy by L/M hybrid genes in wild populations of New World howler monkeys(Jun. 23 - 26, 2012) The Society for Molecular Biology and Evolution, Annual Meeting(Dublin, Ireland).

Y. Matsushita, H. Oota, B. Welker, M. Pavelka, S. Kawamura Possible anomalous trichromacy of color vision by hybrid L/M opsin genes in wild howler monkeys, Alouatta(Aug. 12 - 17, 2012) International Primatological Society XXIV Congress(Cabcun, Mexico).

S. Kawamura, K. Sakurai, M. Bergstrom, M. Shirasu, Y. Matsushita, A. Melin, H. Imai, K. Touhara, H. Oota, F. Aureli, L. Fedigan Assessment of bitter taste receptor gene variation and dietary fruit odorants in natural populations of color-vision polymorphic New World Monkeys(Aug. 12 - 17, 2012) International Primatological Society XXIV Congress(Cabcun, Mexico).

樋渡智秀、白井祐介、三上章允、後藤俊二、Suryobroto BAMBANG、Perwitasari-Farajallah DYAH、Malaivijitnond SUCHINDA、Siriaroonrat BORIPAT、太田博樹、河村正二 テナガザルL-Mオプシン遺伝子の属を越えた非多型性(2009年7月19日) 日本霊長類学会 第25回大会(岐阜).

河村正二、樋渡智秀、岡部友吾、筒井登子、平松千尋、太田博樹、印南秀樹 新世界ザル自然集団の色覚多型に対する平衡選択の明瞭な証拠(2009年7月19日) 日本霊長類学会 第25回大会(岐阜).

福世裕貴子、足立和隆、河村正二、太田博樹 原猿および真猿類における時計遺伝子Period1上流領域の塩基配列比較解析(2009年7月20日) 日本霊長類学会 第25回大会(岐阜).

佐藤亮子、太田博樹、Katharine JACK、Linda FEDIGAN、河村正二 コスタリカ・サンタロサ国立公園に生息するシロナガオマキザル自然群間の遺伝的関係の解明に向けて(2009年7月20日) 日本霊長類学会 第25回大会(岐阜).

佐藤亮子、Fernando CAMPOS、太田博樹、Katharine JACK、Linda FEDIGAN、河村正二 コスタリカ・サンタロサ国立公園に生息する野生オマキザル群の遺伝的多様性の解明に向けて(2009年9月17日) 日本遺伝学会 第81回大会(長野).

小金渕佳江、松草博隆、中込滋樹、石田肇、埴原恒彦、副島英伸、藤本一眞、河村正二、太田博樹 ADH1BおよびALDH2における琉球諸島vs北部九州ヒト集団の比較遺伝学解析(2009年9月25日) 日本人類遺伝学会 第54回大会(東京).

小金渕佳江、松草博隆、中込滋樹、石田肇、埴原恒彦、副島英伸、藤本一眞、河村正二、太田博樹 ADH1BおよびALDH2における琉球諸島vs北部九州ヒト集団の比較遺伝学解析(2009年10月3日) 日本人類学会 第63回大会(東京).

小金渕佳江、松草博隆、中込滋樹、石田肇、埴原恒彦、副島英伸、藤本一眞、河村正二、太田博樹 Linkage disequilibrium analysis of alcohol-metabolizing gene cluster and East Asian specific haplotypes(2009年12月11日) 日本分子生物学会 第32回大会(横浜).

福世裕貴子、勝村啓史、足立和隆、河村正二、太田博樹 A comparative genome analysis of the Period 1 gene upstream region in primates(2009年12月11日) 日本分子生物学会 第32回大会(横浜).

太田博樹、R. Kaul、M. Olson、柴田弘紀、河村正二、W.C. Speed、J. R. Kidd、K. K. Kidd A comparative genome analysis of the alcohol dehydrogenase gene cluster in primates(2009年12月11日) 日本分子生物学会 第32回大会(横浜).

松下裕香、太田博樹、Barbara WELKER、河村正二 新世界ザルホエザル属におけるヒト型3色型色覚仮説の検証(2010年10月2日) 日本人類学会 第64回大会(伊達).

松下裕香、太田博樹、Barbara WELKER、Mary PAVELKA、河村正二 新世界霊長類の中で唯一恒常的3色型色覚とされるホエザル属における種内L-Mオプシン多型の発見(2011年6月4日) 第11回 東京大学生命科学シンポジウム(東京).

櫻井児太摩、今井啓雄、東原和成、太田博樹、Aureli, F.、Fedigan, L.、河村正二 色覚種内多型を示す新世界ザル野生集団における化学物質感覚センサーの多型解析 (経過報告)(2011年7月10日) 日本霊長類学会 第27回大会(犬山).

松下裕香、太田博樹、Barbara WELKER、Mary PAVELKA、河村正二 恒常的3色型色覚とされてきたホエザル属における種内L-Mオプシン多型の発見(2011年7月29-31日) 日本霊長類学会 第27回大会(犬山).

櫻井児太摩、Bergstrom, M.、白須未香、今井啓雄、東原和成、太田博樹、Aureli, F.、Fedigan, L.、河村正二 Toward understanding importance of chemical sense in primates: a study of natural populations of color-vision polymorphic New World monkeys.(2011年7月29-31日 ) 第13回日本進化学会(京都).

松下裕香、太田博樹、Welker, B.、Pavelka, M.、河村正二 Finding a polymorphism of the L-M opsin gene in howler monkeys which have been supposed to have uniform trichromacy in New World monkeys.(2011年7月29-31日 ) 第13回日本進化学会(京都).

松下裕香、太田博樹、Welker, B.、Pavelka, M.、河村正二 新世界ホエザル野生群に対する旧世界霊長類型3色型色覚の多型性調査(2011年9月20-23日) 第83回日本遺伝学会(京都).

河村正二、櫻井児太摩、白須未香、松下裕香、Amanda MELIN、Mackenzie BERGSTROM、今井啓雄、東原和成、太田博樹、Filippo AURELI、Linda FEDIGAN 新世界ザル野生集団における苦味受容体遺伝子群の多様性と採食果実の香気成分分析(2012年7月6-8日) 第28回日本霊長類学会(名古屋).

河村正二、櫻井児太摩、白須未香、松下裕香、Amanda MELIN、Mackenzie BERGSTROM、今井啓雄、東原和成、太田博樹、Filippo AURELI、Linda FEDIGAN 新世界ザル野生集団における苦味受容体遺伝子群の種内変異と採食果実の香気成分分析(2012年8月21-24日) 第14回日本進化学会(首都大学東京南大沢キャンパス).

小金渕佳江、松草博隆、中込滋樹、石田肇、埴原恒彦、城圭一郎、副島英伸、藤本一眞、河村正二、太田博樹、アジア人DNAレポジトリーコンソーシアム アルコール代謝関連遺伝子群を用いた日本列島ヒト集団の遺伝的多様性の検証(2013年8月8-9日) 第26回北里大学バイオサイエンスフォーラム(北里大学相模原キャンパス).

栗山友理子、石崎直也、白井裕介、福世裕貴子、Kenneth K. Kidd、太田博樹、手島康介、河村正二 ヒト色覚多型の起源解明を目指したL-Mオプシン遺伝子間塩基相違度のExon*intron領域による違い方の集団間及び種間比較(2013年11月1-4日) 第67回日本人類学会大会(つくば).
H21-A2-1
代:酒井 朋子
ヒト、チンパンジー、ヒヒ、マカクにおける脳形態の発達的変化に関する比較研究

論文
Tomoko Sakai, Mie Matsui, Akichika Mikami, Ludise Malkova, Yuzuru Hamada, Masaki Tomonaga, Juri Suzuki, Masayuki Tanaka, Takako Miyabe-Nishiwaki, Haruyuki Makishima, Masato Nakatsukasa, and Tetsuro Matsuzawa(2013) Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain Proceedings of the Royal Society B 280(1753).

Tomoko Sakai, Satoshi Hirata, Kohki Fuwa, Keiko Sugama, Kiyo Kusunoki, Haruyuki Makishima, Tatsuya Eguchi, Shigehito Yamada, Naomichi Ogihara, and Hideko Takeshita(2012) Fetal brain development in chimpanzees versus humans Current Biology 22(18):R791-792.

Tomoko Sakai, Akichika Mikami, Masaki Tomonaga, Mie Matsui, Juri Suzuki, Yuzuru Hamada, Masayuki Tanaka, Takako Miyabe-Nishiwaki, Haruyuki Makishima, Masato Nakatsukasa, and Tetsuro Matsuzawa(2011) Differential prefrontal white matter development in chimpanzees and humans Current Biology 21(16):1397-1402.

学会発表
酒井朋子 脳進化における胎児期の重要性:チンパンジー乳幼児の脳発達研究の観点から( 2009/05/16) 第9回日本赤ちゃん学会学術集会(滋賀県立大学).

Sakai, T., Mikami, A., Hirai, D., Nishikura, T., Suzuki, J., Hamada, Y., Tomonaga, M., Tanaka, M., Miyabe, T., Nakatsukasa, M., and Matsuzawa, T Brain development in chimpanzees: a longitudinal MRI study(2009/12/19) 5th International Inuyama Cognitive Social Symposium(Inuyama).

Sakai, T., Mikami, A., Nishimura, T., Hirai, D., Suzuki, J., Hamada, Y., and Matsuzawa, T Maturation of the prefrontal area in chimpanzees(2009/09/18) The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Nagoya).

酒井朋子,三上章允,西村剛,平井大地,濱田穣,鈴木樹里,宮部貴子,友永雅己,田中正之,松沢哲郎 チンパンジーにおける脳の発達過程(2009/07/01) 第25回日本霊長類学会大会 (中部学院大学).

H21-A2-2
代:後藤 和宏
チンパンジーの顔知覚における全体処理優先性の検討

学会発表
後藤和宏・伊村知子・友永雅己 ヒトとチンパンジーにおける創発的特徴の知覚(2011年12月4日) 第30回日本基礎心理学会(慶応義塾大学).
H21-A2-3
代:田中 由浩
分:藤本 英雄
分:佐野 明人
顔認識システムを応用したチンパンジー複数固体同時実験システムの構築とその活用

論文

関連サイト
チンパンジーのバイオメトリクス、チンパンジーによるバイオメトリクス http://www.kahaku.go.jp/userguide/book/milsil/toc.php?id=0001272605603836
H21-A2-4
代:村井 千寿子
チンパンジーおよびニホンザルにおける物理的認識の特徴に関する検討

論文
Chizuko Murai and Masaki Tomonaga(2009) Fear responses of Japanese monkeys to scale models Journal of Ethology 27(1):1-10. 謝辞あり

村井千寿子(2009) 種間比較からみる赤ちゃんのカテゴリ化能力 心理学評論 52(1):125-139.
H21-A2-5
代:牛谷 智一
空間的注意課題を用いた視覚的風景認知の霊長類的起源
H21-A2-6
代:今野 晃嗣
動物“パーソナリティ”の生物学的基盤に関する種間比較研究
H21-A2-7
代:齋藤 亜矢
チンパンジーの描画行動に関する研究

論文
Saito, A., Hayashi, M., Takeshita, H., Matsuzawa, T. (2010) Drawing behavior of chimpanzees compared with human children: The Origin of representational drawing Proceedings of the 3rd International Workshop on Kansei:111-114. 謝辞あり

学会発表
齋藤亜矢,林美里,上野有理,竹下秀子 幼児期の描画におけるさかさ絵の出現(2010年3月) 第21回日本発達心理学会(神戸).

Saito, A., Hayashi, M., Takeshita, H., & Matsuzawa, T. Drawing behavior of chimpanzees compared with human children: The Origin of representational drawing(Feb, 2010) The 3rd International Workshop on Kansei(Fukuoka, Japan).

齋藤亜矢 絵を描くとはどんなこと?:チンパンジーが絵を描いた(2009年10月) 第8回がんばれ!図工の時間フォーラム(東京).

関連サイト
京都大学野生動物研究センターの個人ページ http://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/members/a_saito.html
H21-A2-8
代:白井 述
光学的流動知覚の比較認知科学的検討
H21-A3-1
代:中村 民彦
厩猿信仰にともなう捕獲と分布空白域の関係
H21-A3-2
代:三戸 幸久
ニホンザルの古分布復元情報としての民俗資料(例:厩猿)についての研究
H21-A3-3
代:三谷 雅純
東西日本で比較したニホンザル各種パラメータの人為的な影響による変容
H21-A3-4
代:山田 博之
下顎犬歯形態の変異からみたマカク属の種間分化について

論文

学会発表
山田博之 上顎犬歯形態の変異からみたマカク属の比較研究―メスについて-(2009年7月19日) 第25回日本霊長類学会(中部学院大学各務原キャンパス).

山田博之 犬歯形態の変異からみたマカク属の比較研究(2010年10月3日) 第64回日本人類学会大会(伊達市(北海道)).

関連サイト
歯の豆辞典 http://ymd20hiro4.sakura.ne.jp/
H21-A3-5
代:栗田 博之
高崎山及び幸島に生息するニホンザルの栄養状態の把握

学会発表
Kurita Hiroyuki Longitudinal changes in body length, body mass and reproductive output in relation to aging in provisioned, free-ranging Japanese macaque females(2010年9月16日) 国際霊長類学会(京都府京都市).

栗田博之、鈴村崇文、冠地富士男 ニホンザルにおける体サイズと出産成績の年齢変化について(予報)(2010年11月13日) 日本成長学会(東京都).
H21-A3-6
代:山本 博章
分:上原 重之
分:西原 大輔
マカク毛色遺伝子の構造解析
H21-A3-7
代:清野 紘典
野生ニホンザル個体群の遺伝的交流に関する基礎研究

学会発表
清野紘典・川本 芳 遺伝標識を用いたニホンザル群間のオス移住の評価(2010年9月17日) 哺乳類学会(岐阜県).
H21-A3-8
代:森光 由樹
保護管理を目的としたニホンザルの遺伝学的解析

論文
森光由樹、鈴木克哉(2013年3月28日) 兵庫県のニホンザルの遺伝子解析 「兵庫県におけるニホンザル地域個体群の管理手法」ワイルドライフモノグラフ(5号):19−26. 謝辞あり
H21-A3-9
代:佐伯 真美
分:白井 啓
伊豆大島の外来マカク種に関する遺伝学的調査
H21-A3-10
代:大橋 正孝
静岡県愛鷹地域に生息するニホンザルの遺伝的多様性・地域分化および保全
H21-A3-11
代:藤田 志歩
分:佐藤 宏
分子生物学的解析によるニホンザル腸管寄生虫相の地域変異

論文
Hasegawa H, Hayashida S, Ikeda Y & Sato H(2009) Hyper-variable regions in 18S rDNA of Strongyloides spp. as markers for species-specific diagnosis. Parasitol. Res. 104(4): 869-874.

学会発表
Karn SK, 佐藤宏, 藤田志歩, 鈴木和男, 宇根有美, 長谷川英男 ニホンザル寄生のTrichuris trichiura の18S rDNA塩基配列の独自性(2009年4月) 第147回日本獣医学会学術集会(宇都宮).
H21-A3-12
代:早石 周平
ニホンザル屋久島個体群の保全生態学的研究と遺伝学的研究

学会発表
早石周平,川本芳 ニホンザル屋久島個体群におけるオスとメスの分布変遷史(予報)(2009年7月19日) 日本霊長類学会(愛知).
H21-A3-13
代:赤座 久明
中部地方山岳地域に生息するニホンザルの成立と交流に関する遺伝学的研究

学会発表
赤座久明 ニホンザルの遺伝的多様性保全と保護管理計画 (2012年3月11日) 京都大学霊長類研究所共同利用研究会(愛知県犬山市).
H21-A4-1
代:小薮 大輔
現生および化石コロブス類における進化形態学的研究

学会発表
小薮大輔 オナガザル科霊長類における頭骨形態進化と採食物の破壊工学的特性.(2009年11月10日) 日本哺乳類学会大会「哺乳類おける食性と形態」シンポジウム(台湾大学).

1. 小薮大輔, 遠藤秀紀, 古市剛史, 橋本千絵, 田代靖子, 郷もえ, 五百部裕 カリンズ森林の同所的グエノン類3種の採食物の堅さと頭部形態分化(2010年6月15日) 進化人類分化会およびヒト科共通祖先ワークショップ(キャンパスプラザ京都).

1. Koyabu, D.B., Endo, H., Shimizu, D., Hashimoto, C., Furuichi, T., Tashiro, Y., Go, M., Ihobe, H Food toughness and craniodental morphology in three sympatric guenon species, in Kalinzu Forest, Uganda(2010年8月10日) International Primate Society XXIII Congress(京都).
H21-A4-2
代:東 華岳
霊長類椎骨における三次元画像の電脳解析
H21-A4-3
代:近藤 信太郎
旧世界ザル下顎骨外側面にみられる隆起の種間変異
H21-A4-4
代:二神 千春
ニホンザルにおける上顎乳臼歯、小臼歯、大臼歯の歯冠サイズの関係
H21-A4-5
代:姉崎 智子
考古遺跡出土ニホンザルの骨形態の地理的変異に関する研究
H21-B1
代:古川 貴久
分:荒木 章之
霊長類網膜黄斑に特異的に発現する遺伝子群の同定

学会発表
古川貴久 網羅的遺伝子発現解析による網膜視細胞発生機構の解明(2009年3月6日) 犬山共同利用研究会「個体レベル比較生物学をめざして」(犬山国際観光センター「フロイデ」(愛知県)).
H21-B2
代:揚妻 直樹
分:揚妻 芳美
照葉樹林内におけるシカの採食効率に与えるサルの影響
H21-B3
代:川上 清文
分:川上 文人
ニホンザル新生児における視覚刺激によるストレス緩和効果
H21-B4
代:草山 太一
他者の存在は自己鏡像認知の成立に必要か?
H21-B5
代:時田 幸之輔
チンパンジー腰神経叢の観察

学会発表
時田幸之輔 チンパンジー腰神経叢の観察(2010年3月28日) 第115回日本解剖学会総会・全国学術集会(岩手県 盛岡).

時田幸之輔 腰神経叢の比較解剖学(2011年11月5日) 第65回日本人類学会大会(沖縄県那覇市).

姉帯飛高,時田幸之輔,小島龍平 チンパンジー腰神経叢と第13肋骨を有するヒト腰神経叢の比較(2011年11月5日) 第65回日本人類学会大会(沖縄県那覇市).
H21-B6
代:鈴木 秀典
分:永野 昌俊
アカゲザルの中枢神経系におけるタキキニン受容体発現の検討

論文

関連サイト
日本医科大学薬理学 http://www.nms.ac.jp/nms/pharmacol/
H21-B7
代:橘 裕司
分:小林 正規
ニホンザルのアメーバ感染に関する疫学研究

学会発表
橘裕司、小林正規、柳哲雄、松林清明 病原アメーバ種Entamoeba nuttalliのニホンザルからの分離と性状解析(2010年5月21日) 第79回日本寄生虫学会大会(旭川市).
H21-B8
代:宇野 壮春
野生ニホンザル・オスグループにおける長期モニタリング調査
H21-B9
代:島田 将喜
野生ニホンザルのワカモノオスの出自郡離脱前後の生活史に関する長期追跡調査
H21-B10
代:深澤 幹典
ニホンザルの腎生殖器系血管と腎内部の観察
H21-B11
代:金澤 秀子
鎮静麻酔薬のリアルタイムモニタリングのための高感度迅速測定法の開発
H21-B12
代:竹中 晃子
ヒト倹約遺伝子の進化
H21-B13
代:渡辺 創太
ニホンザル乳児における大きさ判断に及ぼす相対情報と絶対情報の影響・顔パーツの配置を操作して

学会発表
Watanabe, S., Tomonaga, M, & Fujita, K. Motion judgment in infant macaque monkeys (Macaca fuscata).(2009年12月19-20日) 5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium(京都大学霊長類研究所).

Watanabe, S., Tomonaga, M., & Fujita, K. Motion judgment in Japanese macaques.(2010年9月12-18日) 23th International Primatological Scosiety(Kyoto, Japan).
H21-B14
代:有賀 小百合
飼育下霊長類に対する各種環境音の影響評価
H21-B15
代:松岡 史朗
分:中山 裕理
下北半島脇野沢における野生ニホンザルの固体群動態と保全のための諸問題

論文
松岡 史朗(編)(2010) 平成21年度下北半島のニホンザル一斉調査報告書 夏季下北半島のニホンザル調査結果 下北半島のサル 2009年度:2-11.
H21-B16
代:本川 智紀
類人猿におけるMC1R遺伝子の多様性解析
H21-B18
代:中村 浩幸
マカクザル視覚皮質V2野から、外側頭頂間溝野への直接投射の解明

論文
Hiroyuki Nakamura, Kazuo Itoh(2010) Visual Cortex: Crosstalk and Concomitant Communications between Extrastriate Visual Areas Neuroanatomy Research Advances (CE Flynn, BR Cajjaghan Eds.):145-164. 謝辞あり
H21-B19
代:小嶋 道之
食餌の嗜好性とその苦味・渋味成分との関連性について
H21-B20
代:今村 拓也
RNAを基点とした霊長類のエピジェネティクス

論文
Masahiro Uesaka, Osamu Nishimura, Yasuhiro Go, Kinichi Nakashima, Kiyokazu Agata, Takuya Imamura(2014) Bidirectional promoters are the major source of gene activation-associated non-coding RNAs in mammals BMC Genomics 15:35.
H21-B22
代:西川 真理
ニホンザルにおける食物を巡る競合と競合回避

論文
Nishikawa M and Mochida K(2010) Coprophagy-related interspecific nocturnal interactions between Japanese macaques (Macaca fuscata yakui) and sika deer (Cervus nippon yakushimae) Primates 51:95-99. 謝辞あり

Nishikawa, M(2011) Predatory behavior of Japanese macaques Macaca fuscata yakui (Primates: Cercopithecidae) on birds' eggs and nests on Yakushima Island, Japan Biological Magazine of Okinawa 49:57-64. 謝辞あり
H21-B23
代:川添 達朗
ニホンザルにおけるオス間関係の交尾季、非交尾季間の比較

学会発表
川添達朗 野生ニホンザルにおけるオス間関係の季節比較(2012年7月) 第28回日本霊長類学会大会(名古屋).

Kawazoe Tatsuro Seasonal comparison of inter-male relationships among wild Japanese macaques (Macaca fuscata)(Aug. 2012) XXIV Congress of International Primatological Society(Cancun).

川添達朗 野生ニホンザルにおける非交尾季と交尾季の通時的オス間関係(2012年9月) 2012年日本哺乳類学会大会(相模原).

tatsuro Kawazoe Between-season comparison of inter-individual relations among male Japanese macaques (Macaca fuscata)(Sep. 2011) The 5th International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE project(Kyoto).
H21-B24
代:谷口 晴香
下北半島のニホンザルにおけるアカンボウの採食行動

論文

学会発表
谷口晴香 積雪地域のニホンザルにおける採食品目の母子間不一致がもたらすアカンボウの採食(2010年3月16日) 生態人類学会(滋賀県大津市).

Haruka Taniguchi The influence of mother’s food item on infant’s feeding behavior in Japanese macaques on Shimokita Peninsula(September 14 2010) International Primatological Society Congress(Kyoto, Japan).

関連サイト
京都大学理学研究科 人類進化論研究室 http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp/index.php
H21-B25
代:小松 英彦
分:鯉田 孝和
分:郷田 直一
分:横井 功
分:平松 千尋
分:岡澤 剛起
分:高木 正浩
色盲ザルの色覚特性の行動的研究
H21-B26
代:宗近 功
飼育下希少原猿類のマイクロサテライト分析による血統管理

学会発表
宗近 功・田中洋之・田中美希子・川本 芳 マイクロサテライトDNA解析から得られた飼育下クロキツネザルの血縁構造に関する知見(2009年7月19日) 第25回日本霊長類学会大会(各務原市).
H21-B27
代:田村 綾菜
発達障害児のコミュニケーションに療育が及ぼす効果の検討

論文

関連サイト
Read&Researchmap http://researchmap.jp/read0155306/
H21-B28
代:束村 博子
分:前多 敬一郎
分:大蔵 聡
分:上野山 賀久
分:金沢 哲広
分:吉田 佳絵
分:深沼 達也
霊長類における排卵の制御機構に関する研究
H21-B30
代:久保田 結貴
林緑の緩衝帯整備がニホンザルの土地利用に及ぼす影響
H21-B31
代:中村 紳一朗
サル類の加齢性全身性アミロイド症の検索
H21-B32
代:井上 陽一
分:井上 悦子
見ることと知ることの関係をチンパンジーとテナガザルはどのようにして理解するのか?
H21-B33
代:東野 義之
分:東野 勢津子
分:東 超
分:森分 結実
霊長類の各種の組織の加齢変化

論文
Yoshiyuki Tohno, Patipath Suwannahoy, Setsuko Tohno, Cho Azuma, Fumio Nishiwaki, Yumi Moriwake, Tsukasa Kumai, Takeshi Minami, Sikrai Laowatthanaphong, Pasuk Mahakkanukrauh, Takao Oishi, and Motoharu Hayashi(2010) Age-related changes of elements in the tendons of the peroneus longus muscles in Thai, Japanese, and monkeys Biological Trace Element Research 133(3):291-303. 謝辞Yes

Yoshiyuki Tohno, Setsuko Tohno, Hiroyasu Satoh, Motoharu Hayashi, Takao Oishi, Takeshi Minami, and Pasuk Mahakkanukrauh(2011) Gender differences in the phosphorus content of the sino-atrial nodes and other cardiac regions of monkeys Biological Trace Element Research 143(2):871-881. 謝辞Yes

Hiroyasu Satoh, Setsuko Tohno, Takeshi Minami, Takao Oishi, Motoharu Hayashi, and Yoshiyuki Tohno(2010) Gender-related differences in a process of the ag-dependent alterations of the elements in monkey sino-atrial node Korean Journal of Physiology and Pharmacology 14(5):249-256. 謝辞Yes

学会発表
Cho Azuma, Takao Oishi, Yoshiyuki Tohno, Setsuko Tohno, Takeshi Minami, Pasuk Mahakkanukrauh, and Mayumi Nishi Characteristics of elemental accumulation in the tracheal cartilages of humans and monkeys(Dec. 6-8, 2012) 2nd International Anatomical Sciences and Cell Biology Conference 2012(Chiang Mai, Thailand).

Yoshiyuki Tohno Gender differences in the left coronary arteries, sino-atrial node, and brain regions from a viewpoint of elements(December 6-8, 2012) 2nd International Anatomical Sciences and Cell Biology Conference 2012(Chiang Mai, Thailand).
H21-B34
代:遠藤 美香
兵庫県に生息するニホンザル地域個体群の生息実態調査
H21-B35
代:秦 大公
Comparative study of white-headed 1angurs(Trachpithecus 1eucocephalus)
H21-B36
代:鵜澤 和宏
広鼻猿類のマイクロウェア分析にもとづくオマキザル化石の食性復元
H21-B37
代:清水 慶子
霊長類の脳の形態的および機能的性分化の特性
H21-B38
代:郡山 尚紀
チンパンジーとヒト由来疾病への反応に関する基礎研究

論文
Takanori Kooriyama ? Michiko Okamoto ? Tomoyuki Yoshida ? Toshisada Nishida ?Toshio Tsubota ? Akatsuki Saito ? Masaki Tomonaga ? Tetsuro Matsuzawa ?Hirofumi Akari ? Hidekazu Nishimura ? Takako Miyabe-Nishiwaki(2013) Epidemiological study of zoonoses derived from humans in captivechimpanzees Primates 54:89-98. 謝辞あり

学会発表
T. Kooriyama1, M. Okamoto, T. Nishida, H. Nishimura, T. Miyabe SEROLOGICAL SURVEY OF HUMAN PATHOGENS IN CAPTIVE CHIMPANZEES AT THE JAPANESE PRIMATE RESEARCH CENTER(2010年9月17日) International Primatological Society(Kyoto).

郡山尚紀・宮部貴子・渡邊朗野・兼子明久・西田利貞・坪田敏男 飼育下チンパンジーにおける上気道感染細菌の検索(2009年9月5日) 第15回日本野生動物医学会(富山).

関連サイト
酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類 http://www.rakuno.ac.jp/dep05/nursing/u2/koriyama.htm
H21-B39
代:堀内 史朗
地域の環境条件に応じた猿害対策の分析

論文
堀内史朗(2011) 猿害対策から見る人猿関係の地域間変異 芝浦工業大学研究報告人文系 45(1):85-90. 謝辞あり

関連サイト
堀内の研究業績 https://sites.google.com/site/horiuchisrete/home/yan-jiu/koremadeno-yan-jiu
H21-B40
代:海部 陽介
ヒト以外の霊長類に変形性斜頭は存在するか
H21-C1
代:和田 一雄
キンシコウの同一one mail unit内におけるメス-アカンボウの社会的関係

論文
Wada K, Ogawa H(2009) Identifying inter-individual social distances in japanese monkeys Mammalia 73:81-84. 謝辞あり

Wada K., Li BG, Watanabe K (2015) Affiliative interactions between one male units in a band of Sichuan snub-nosed monkeys (Rhinopithecus roxellana) living in the Qinling Mountains, China. Primates in press. 謝辞有り
H21-C2
代:松本 清司
分:西尾 綾子
サルの血液形態に関する研究
H21-C3
代:船橋 新太郎
注意欠陥/多動性障害(ADHD)のモデル動物に関する研究
H21-C4
代:川合 伸幸
ニホンザルにおけるイメージ操作の検討

論文
川合伸幸・久保(川合)南海子( 2011) サルの手の心的回転:サルの手や手ぶくろのイメージ操作にも自身の手のような可動域の制約が生じるか 認知科学 18(4): 585-594.

川合伸幸( 2010) 「動物の学び」 『「学び」の認知科学事典』 佐伯胖(監修)・渡部信一(編), 大修館: 368-386.
H21-C5
代:保坂 和彦
野生チンパンジーの肉食における狭食性の研究
H21-C6
代:柳井 徳磨
サル類の背景病変に関する病理額的研究
H21-C7
代:船越 美穂
野生ニホンザルによる針葉樹樹皮食
H21-C9
代:陳 香純
イルカとチンパンジーにおける遅延自己映像認知
H21-C10
代:荻原 直道
解剖学的筋骨格モデルと無拘束カメラ画像を用いたチンパンジーの運動計測
H21-C11
代:藤山 秋佐夫
分:豊田 敦
分:黒木 陽子
チンパンジートリオのゲノム解析研究
H21-C12
代:三上 章允
各種霊長類の脳の形態と機能およびその発達

学会発表
Widayati KA, Suryobroto B, Saito A, Mikami A Color vision in female monkeys carring protanopic gene.(2010.9) International Primatological Society 23 Congress(Kyoto, Japan).

Ono K, Inoue M, Miyachi S, Mikami A Temporal characteristics of shifts of covert attention. (2010.9) International Primatological Society 23 Congress(Kyoto, Japan).
H21-C13
代:Sri Kantha Sachithanantham
Center for Human Evolution Modeling Research
H21-C14
代:澤野 啓一
類人猿の頭蓋底、及び胸腔・腹腔臓器の空間配置に関する比較解剖学的研究

学会発表
SAWANO Keiichi and TAKAHASI Tsuneo Studies on the foramina of the cranial base. Part 1. The foramen rotundum, f. ovale, canalis caroticus, and f. jugulare in the Hominoidea.(2009年10月03日) 第63回日本人類学会大会(東京).

SAWANO, Keiichi (1,2), TAKAHASI, Tsuneo (1), HAGIWARA ,Hiroaki (2), INOUE, Tomio (2), YOKOYAM, Takaakira(3), TATEISHI, Kensuke (3), SATO, Mitsuru (3), KANNO, Hiroshi (3), and KAWAHARA, Nobutaka (3) (1) : Department of Anatomy, Kanagawa Dental College (Yokosuka), (2) : Department of Radiology, Yokohama City University School of Medicine (Yokohama) (3) : Department of Neurosurgery, Yokohama City University School of Medicine (Yokohama) Anatomical relationships between the foramen ovale and foramen lacerum. (2010年10月03日) 第64回日本人類学会大会(北海道・伊達市).

澤野啓一(1,2)、高橋常男(1)、萩原浩明(2)、井上登美夫(2)(1) 神奈川歯科大学人体構造学講座(2) 横浜市立大学医学系研究科放射線医学講座 ヒト上科におけるベサリウス孔と顆管のQuadrangulus ovalo-jugularisとの関係(2010年3月) 第115回日本解剖学会総会(岩手県盛岡市).

SAWANO K13, TAKAHASI T1, KATO M2, HAGIWARA H3, INOUE T3, YOKOYAMA T?, SATO M?, KANNO H?, KAWAHARA N?, (1): Kanagawa Dental College, (2): Edogawa Hospital, (3): Dep. of Radiology, Yokohama City Univ. Sch. of Med. (Yokohama), (4): Dep. of Neurosurgery, Yokohama City Univ. Sch. of Med. (Yokohama) The unitas carotico-jugularis and its relative structure in the human evolution(2011年3月) The 88th Annual Meeting of The Physiologocal Society of Japan and the 116th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists.(神奈川県横浜市).
H21-C20
代:桃井 保子
分:花田 信弘
分:野村 義明
分:今井 奨
分:小川 匠
分:井川 知子
分:齋藤 渉
チンパンジーの性格評定および関連遺伝子の検索口腔内状態の調査:う蝕・歯の摩耗・歯周炎・噛み合わせの評価を中心に

論文

関連サイト
鶴見大学 歯学部 保存修復学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/clinic/270

鶴見大学歯学部 探索歯学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/basic/343

鶴見大学歯学部 クラウンブリッジ補綴学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/clinic/285