ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ


H23
論文 47 報 学会発表 66 件
H23-A-1
代:小林 和人
行動特性を支配するゲノム基盤と脳機能の解明

論文
Kato, S., Kuramochi, M., Takasumi, K., Kobayashi, K., Inoue, K., Takahara, D., Hitoshi, S., Ikekana, K., Shimada, T., Takada, M., and Kobayashi, K.(2011) Neuron-specific gene transfer through retrograde transport of lentiviral vector pseudotyped with a novel type of fusion envelope glycoprotein. Hum. Gene Ther. 22(12):1511-1523.

Kato, S., Kobayashi, K., Kuramochi, M., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.(2011) Highly efficient retrograde gene transfer for genetic treatment of neurological diseases. Viral Gene Therapy (ed. Ke Xu) Chapter 17, InTech, Rijeka :371-380 .

学会発表
小林和人、加藤成樹、倉持真人、小林憲太、井上謙一、高田昌彦 高頻度逆行性遺伝子導入ベクターの霊長類脳科学への応用 (2011年9月17日) 第34回日本神経科学大会(横浜).

井上謙一、纐纈大輔、加藤成樹、小林和人、南部篤、高田昌彦 イムノトキシン神経路標的法によるサル大脳基底核ハイパー直接路の選択的除去(2011年9月15日) 第34回日本神経科学大会(横浜).

倉持真人、加藤成樹、小林憲太、高住賢司、高原大輔、井上謙一、島田隆、高田昌彦、小林和人 脳機能研究のための神経特異的な高頻度逆行性遺伝子導入ベクターの開発(2011年9月17日) 第34回日本神経科学大会(横浜).

加藤成樹、倉持真人、高住賢司、小林憲太、井上謙一、高原大輔、等誠司、池中一裕、島田隆、高田昌彦、小林和人 新規融合糖タンパク質組換え体レンチウイルスベクター系による神経細胞特異的逆行性遺伝子導入(2011年12月13日) 第34回日本分子生物学会年会(横浜).
H23-A-2
代:小藪 大輔
現生および化石オナガザル類における進化形態学的研究
H23-A-3
代:鍔本 武久
現生旧世界ザルにおける距骨の変異と化石への応用

論文
Tsubamoto, T.(2014) Estimating body mass from the astragalus in mammals Acta Palaeontologica Polonica 59(2):259-265. 謝辞あり

Tsubamoto, T., Egi, N., Takai, M., Thaung-Htike, and Zin-Maung-Maung-Thein(2016 = in press) Body mass estimation from the talus in primates and its application to the Pondaung fossil amphipithecid primates Historical Biology 28(1). 謝辞あり

学会発表
鍔本武久・江木直子・高井正成・タウン-タイ・ジン-マウン-マウン-テイン 現生霊長類の距骨サイズの計測とポンダウンの化石霊長類の体重推定への応用(2011年7月17日) 日本霊長類学会(愛知県犬山市).

鍔本武久 陸棲哺乳類における距骨サイズと体重との関連性:距骨による化石種の体重推定(2012年5月25日) 地球惑星科学連合2012年度連合大会(千葉県千葉市).

鍔本武久 距骨による化石哺乳類の体重推定(2012年6月30日) 日本古生物学会(愛知県名古屋市).

Tsubamoto, T. Estimating body mass of fossil land mammals using the astragalus(2012年10月17日) Society of Vertebrate Paleontology(Raleigh, North Carolina, USA).

鍔本武久・江木直子・高井正成・タウン-タイ・ジン-マウン-マウン-テイン 霊長類における距骨からの体重推定とポンダウン化石霊長類への応用(2015年1月31日) 日本古生物学会第164回例会(愛知県豊橋市).

関連サイト
doi http://dx.doi.org/10.4202/app.2011.0067
H23-A-4
代:清水 貴美子
協:深田 吉孝
霊長類における概日時計と脳高次機能との連関
H23-A-5
代:橋本 亮太
協:安田 由華
協:山森 英長
ゲノムによる霊長類における脳機能の多様性の解明

論文
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Fukumoto M, Nemoto K, Ohnishi T, Yamamori H, Takahashi H, Iike N, Kamino K, Yoshida T, Azechi M, Ikezawa K, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Iwase M, Kazui H, Takeda M(2011) The AKT1 gene is associated with attention and brain morphology in schizophrenia World J Biol Psychiatry 14(2):100-113.

Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumnoto M, Yamamori H, Kamino K, Morihara T, Iwase M, Kazui H, Takeda M(2011) The KCNH2 gene is associated with neurocognition and the risk of schizophrenia World J Biol Psychiatry 14(2):114-120.

Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Takahashi H, Iwase M, Okochi T, Kazui H, Saitoh O, Tatsumi M, Iwata N, Ozaki N, Kamijima K, Kunugi H, Takeda M(2011) Variants of the RELA gene are associated with schizophrenia and their startle responses Neuropsychopharmacology 36(9):1921-1931.

Yasuda Y, Hashimoto R, Ohi K , Fukumoto M, Umeda-Yano S, Yamamori H, Okochi T, Iwase M, Kazui H, Iwata N, Takeda M(2011) Impact on schizotypal personality trait of a genome-wide supported psychosis variant of the ZNF804A gene Neurosci lett 495:216-220.

H23-A-6
代:星 英司
行動特性を支配するゲノム基盤と脳機能の解明

論文
Saga, Y., Iba, M., Tanji, J., and Hoshi, E.(2011) Development of multidimensional representations of task phases in the lateral prefrontal cortex. J. Neurosci. 31(29):10648-10665.

関連サイト
東京都医学総合研究所 前頭葉機能プロジェクト http://www.igakuken.or.jp/frontal-lobe/index.html
H23-A-7
代:姉崎 智子
現生および考古遺跡出土ニホンザルの骨形態変異に関する研究

論文
Sara Tashima, Yayoi Kaneko, Tomoko Anezaki, Minoru Baba, Shuuji Yachimori, Alexei V. Abramov, Alexander P. Saveljev, Ryuichi Masuda(2011) Phylogeographic Sympatry and Isolation of the Eurasian Badgers (Meles, Mustelidae, Carnivora): Implications for an Alternative Analysis using Maternally as Well as Paternally Inherited Genes. Zoological Science 28(4): 293-303.

Takahashi, R., Ishiguro, N., Matui, A., Anezaki, T., Hongo, H.(2011) Morphological and molecular phylogenetic characteristics of dwarf Sus specimens from the Noguni shell middens in the Ryukyu Islands. Anthropological Science:39-50.

Tashima, S., Kaneko, Y., Anezaki, T., Baba, M., Yachimori, S., Abramov, A.V., Saveljev, A.P., Masuda, Masuda, R. (2011) Identification and Molecular Variations of CAN-SINEs from the ZFY Gene Final Intron of the Eurasian Badgers (Genus Meles) Mammal Study 36(1):41-48.
H23-A-8
代:東 華岳
霊長類椎骨の外部形状と内部構造の統合解析
H23-A-9
代:南部 篤
協:畑中 伸彦
協:知見 聡美
協:纐纈 大輔
協:高良 沙幸
行動特性を支配するゲノム基盤と脳機能の解明−神経解剖学的検索−

論文
Saga Y, Hirata Y, Takahara D, Inoue K, Miyachi S, Nambu A, Tanji J, Takada M, Hoshi E (2011) Origins of multisynaptic projections from the basal ganglia to rostrocaudally distinct sectors of the dorsal premotor area in macaques. Eur J Neurosci 33:285-297.

Yumoto N, Lu X, Henry TR, Miyachi S, Nambu A, Fukai T, Takada M(2011) A neural correlate of the processing of multi-second time intervals in primate prefrontal cortex. PLoS ONE 6(4):e19168.

Takara S, Hatanaka N, Takada M, Nambu A(2011) Differential activity patterns of putaminal neurons with inputs from the primary motor cortex and supplementary motor area in behaving monkeys. J Neurophysiol 106:1203-1217.

Tachibana Y, Iwamuro H, Kita H, Takada M, Nambu A(2011) Subthalamo-pallidal interactions underlying parkinsonian neuronal oscillations in the primate basal ganglia. Eur J Neurosci 34:1470-1484.

学会発表
畑中伸彦,金子将也,高良沙幸,高田昌彦,南部篤 運動課題遂行中のサルにおける淡蒼球ニューロン活動のグルタミン酸およびGABA 作動性調節.(2011. 9.15) 第34回日本神経科学大会(横浜).
H23-A-10
代:柏木 健司
協:阿部 勇治
協:瀬之口 祥孝
異なる気候下におけるニホンザル化石の骨体形質比較

論文
柏木健司・阿部勇治・高井正成(2012) 豪雪地域のニホンザルによる洞窟利用 霊長類研究 28(2):1410-153. 謝辞あり

柏木健司・瀬之口祥孝・阿部勇治・吉田勝次(2012) 富山県黒部峡谷の鐘釣地域のサル穴(鍾乳洞) ,地質学雑誌 118(8):521-526. 謝辞あり

柏木健司(,2012) ,富山県黒部峡谷の鐘釣地域の石灰岩洞窟研究史 黒部(日本黒部学会会誌)(19):21-31. 謝辞あり

柏木健司・阿部勇治・瀬之口祥孝(2012) ニホンザルの洞窟利用と化石化過程(予察) 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(XXIII):156-159.

学会発表
柏木健司・阿部勇治・高井正成 黒部峡谷のスノーモンキーが編み出したオンリーワンの厳冬期防寒戦略(平成24年12月2日) 富山県生物学会研究発表会(富山市科学博物館).

柏木健司・阿部勇治・高井正成 黒部峡谷におけるニホンザルの洞窟利用(2012年7月6日〜8日) 日本霊長類学会(椙山女学園大学 星が丘キャンパス).

柏木健司・瀬之口祥孝・阿部勇治・田中大祐 富山県東部黒部峡谷鐘釣地域のサル穴産ニホンザル化石(2012年6月29日〜7月1日) 日本古生物学会(名古屋大学).

関連サイト
黒部峡谷の自然誌(富山大学柏木研究室HP) http://www.geocities.jp/kurobekanetsuri/index.html
H23-B-1
代:Paula Pebsworth
Diet and the Host-parasite ecology of chacma baboons

論文
Pebsworth P.A., Morgan H.R., Huffman M.A.(2012) Evaluating home range techniques: use of global positioning system (GPS) collar data from chacma baboons. Primates 53:345-355.

Pebsworth P.A., Morgan H.R., Huffman M.A. (2012) Factors influencing the ranging behavior of chacma baboons (Papio hamadryas ursinus) in a human-modified habitat. Int. J. Primatol. 33:872-887.

Pebsworth P.A., Archer C.E., Appelton C., Huffman M.A.(2012) Parasite transmission risk from geophagic and foraging behavior in chacma baboons. Am. J. Primatol. 74:940-947..
H23-B-2
代:海老原 寛
農地への依存性の異なるニホンザル2群の土地利用・食性の比較

学会発表
海老原寛 ニホンザル2群の群落利用パターン 〜隣接する自然群と加害群の比較〜(2012年3月17〜21日) 日本生態学会(大津(龍谷大学 瀬田キャンパス)).
H23-B-3
代:山下 俊英
協:中村 由香
協:佐藤 彰修
協:中川 浩
サル脊髄損傷モデルを用いた軸索再生阻害因子とその抗体による神経回路修復に関する研究

論文

関連サイト
研究室のホームページ http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/molneu/index.html

CRESTの研究内容 http://www.jst.go.jp/crest/crest-bnn/reseacher/22/06.html
H23-B-4
代:西条 寿夫
協:Tales Alexandre Aversi-Ferreira
協:堀 悦郎
サル系統進化における上肢の解剖学的発達
H23-B-5
代:齋藤 慈子
マーモセットにおける養育個体のオキシトシン濃度
H23-B-6
代:那波 宏之
協:水野 誠
協:難波 寿明
協:外山 英和
霊長類における神経栄養因子の精神機能発達に与える影響

論文

関連サイト
新潟大学脳研究所 基礎神経科学部門 http://www.bri.niigata-u.ac.jp/~molecular/
H23-B-7
代:白尾 智明
協:児島 伸彦
協:梶田 裕貴
マーモセット脳におけるシナプス可塑性関連蛋白ドレブリンの免疫組織化学的解析
H23-B-8
代:大平 耕司
協:萩原 英雄
協:昌子 浩孝
協:上野 友生
抗うつ薬によるマーモセット海馬歯状回顆粒細胞の脱成熟効果

論文

H23-B-9
代:橘 裕司
協:小林 正規
協:柳 哲雄
ニホンザルのアメーバ感染に関する疫学研究
H23-B-10
代:中村 紳一朗
ニホンザル・トランスサイレチンの生化学的性状に関する研究

論文
Nakamura S, Ueda M, Ageyama N, Ando Y, Torii R.(2011) Transthyretin amyloidosis in aged vervet monkeys, as a candidate for the spontaneous animal model of senile systemic amyloidosis. AMYLOIDOSIS INTECH, (Rijeka, Croatia),:181-190.

Ueda M, Ageyama N, Nakamura S, Nakamura M, Chambers J, Misumi Y, Mizuguchi M, Shinriki S, Kawahara S, Tasaki M, Jono H, Obayashi K, Sasaki E, Une Y, Ando Y.(2012) Aged vervet monkeys developing transthyretin amyloidosis with the human disease-causing Ile122 allele: A valid pathological model of the human disease. Lab Invest. 92(3):474-484.
H23-B-11
代:揚妻 直樹
シカの空間分布に及ぼすサルの影響
H23-B-12
代:谷地森 秀二
有害駆除個体を用いた四国の野生ニホンザル個体群の特徴分析
H23-B-13
代:原 英彰
協:嶋澤 雅光
協:中村 信介
コモンマーモセットを用いた緑内障性網膜・視覚中枢障害発症機序の解明
H23-B-14
代:Lijie Yin
協:Qin Dagong
協:Pan Wenshi
協:Yao Jinxian
協:Xian Danlin
DNA analysis of White Headed Langur and feeding plants.
H23-B-15
代:川上 清文
アカゲザル新生児における視覚刺激によるストレス緩和効果
H23-B-16
代:権田 彩
協:松村 秀一
霊長類の各組織における味覚情報伝達物質の存在

学会発表
権田彩、松村秀一、郷康広、今井啓雄 コモンマーモセットにおける消化器系での味覚情報伝達物質の定量的解析(2011年10月5日-7日) 日本味と匂学会 第45回大会(石川県金沢市).
H23-B-17
代:石丸 喜朗
協:阿部 美樹
霊長類味覚受容体遺伝子群の発現解析

論文
Ishimaru Y, Abe M, Asakura T, Imai H, Abe K.(2012) Expression analysis of taste signal transduction molecules in the fungiform and circumvallate papillae of the rhesus macaque, Macaca mulatta. PLoS One 7(9):e45426. 謝辞あり
H23-B-18
代:西邨 顕達
京都盆地北縁に生息するニホンザルの保全生態学的研究−住民目線でのアプローチ−
H23-B-19
代:岸本 真弓
野生ニホンザルの群れ年齢構成とコドモの成長に関する研究

学会発表
岸本真弓・濱田 穣 野生ニホンザルの年齢推定法の検討と加害群の年齢構成(2013年8月30日) 第19回日本野生動物医学会 京都大会(京都大学(京都市)).
H23-B-20
代:松岡 史朗
協:中山 裕理
下北半島脇野沢における野生ニホンザルの個体群動態と保全のための諸問題

論文
Mariko Mochizuki ? Reiko Anahara ?Tomoki Mano ? Yuri Nakayama ? Mutsumi Kobori ?Toshinori Omi ? Shiro Matsuoka ? Fukiko Ueda(2012) Investigation of Cadmium Contamination Using Hairof the Japanese Macaque, Macaca fuscata, from ShimokitaPeninsula, Aomori Prefecture in Japan Bull Environ Contam Toxicol 89:577?57. 謝辞あり

松岡 史朗(編)(2012)  下北半島のサル 平成23年度 調査報告書  下北半島のサル 2011年度:1-44.
H23-B-21
代:荻原 直道
ニホンザル関節受動抵抗特性の計測
H23-B-22
代:村井 千寿子
霊長類における時空間的な対象間関係の理解に関する研究

論文
Chizuko Murai, Masayuki Tanaka, Masaki Tomonaga, & Masamichi Sakagami(2011) Long-term Visual Recognition of Familiar Persons, Peers, and Places by Young Monkeys (Macaca fuscata) Developmental Psychobiology 53(7):732-737. 謝辞あり

Chizuko Murai, Masayuki Tanaka, & Masamichi Sakagami(2011) Physical intuitions about support relations in monkeys (Macaca fuscata) and apes (Pan troglodytes) Journal of Comparative Psychology 125(2):216-226. 謝辞あり

学会発表
村井千寿子・友永雅己 こっちを見てる?ニホンザルによる他者の注意状態の認識(2011年9月) Animal2011日本動物心理学会(第71回)・日本動物行動学会(第30回)・応用動物行動学会/ 日本家畜管理学会 (2011年度) 合同大会 (東京都港区).

Chizuko Murai & Masaki Tomonaga Monkeys understand other's attentional state by reading gaze.(2011年6月) The 15th annual meeting of the Association for the Scientific Study of Conciousness (京都府京都市).
H23-B-23
代:一柳 健司
協:佐々木 裕之
協:福田 渓
霊長類におけるエピゲノム進化の解明

学会発表
福田渓、一柳健司、平井啓久、佐々木裕之 霊長類間のDNAメチル化多型の解析(2011年9月20日) 第83回日本遺伝学会(京都).

Kei Fukuda, Kenji Ichiyanagi, Hirohisa Hirai, Hiroyuki Sasaki DNA methylation differences between humans and chimpanzees in chromosomes 21 and 22(2012年1月21日) 第8回九州大学Global-COE Young Investigators Forum(福岡).

Kei fukuda, kenji Ichiyanagi, Hirohisa Hirai, Hiroyuki Sasaki DNA methylation differences between humans and chimpanzees in chromosomes 21 and 22(2011年12月23日) 第7回九州大学Global-COE Young Investigators Forum(シンガポール).
H23-B-24
代:澤野 啓一
類人猿の頭蓋底を貫通する神経血管孔に関する臨床基礎医学的・比較解剖学的研究

学会発表
SAWANO K13, TAKAHASI T1, KATO M2, HAGIWARA H3, INOUE T3, YOKOYAMA T?, SATO M?, KANNO H?, KAWAHARA N?, (1): Kanagawa Dental College , (2): Edogawa Hospital (Tokyo), (3): Dep. of Radiology, Yokohama City Univ. Sch. of Med. (Yokohama), (4): Dep. of Neurosurgery, Yokohama City Univ. Sch. of Med. (Yokohama)  Neurovascular tunnels in the midcranial base and their relative structure in the evolution of the cerebral blood supply. (2011年11月05日) 第65回日本人類学会大会(沖縄県).

SAWANO K1,3, TAKAHASI T1,, KATO M2, TANAKA T2, HAGIWARA H3, INOUE T3, YOKOYAMA T4, SATO M4, KANNO H4, KAWAHARA N4, 1Kanagawa Dental College, 2Edogawa Hospital, 3Dept. of Radiology, Yokohama City Univ., 4 Dept. Neurosurgery, Yokohama City Univ. On the phylogeny of the zygomatic arch, and its relationships among foramina and the bony wall of the orbit. Part 1. The foramen meningo-orbitale and the lateral bony wall of the orbit.(2012年03月27日) The 117th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists.(山梨県甲府市).

Sawano K1,4, Yokoyama T2, Tanaka T3, Kato T3, Takahashi T1,, Hagiwara H4, Inoue T4, Sato M5, Tateishi K2, Kawahara N 2 The shape or form for entering the intracranial ICA through the bone wall reflects the brain blood supply type.(2014-03-27) The 119th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists ( 講演プログラム・抄録集p.106 )(自治医大、栃木県).
H23-B-25
代:河部 壮一郎
哺乳類における脳形態の幾何学的分析

論文

学会発表
河部壮一郎,小林沙羅,遠藤秀紀 食肉目における嗅覚および視覚に関わる頭骨形態の水棲適応(2013年6月) 日本古生物学会2013年年会(熊本大学).

河部壮一郎,小林沙羅,遠藤秀紀 食肉目における嗅覚および眼窩サイズの水棲適応(2013年9月) 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会(岡山理科大学).

関連サイト
河部壮一郎のページ https://sites.google.com/site/soichirokawabejp/publications
H23-B-26
代:谷口 晴香
二ホンザルのアカンボウとその母親間で生じる食性の違いに関する物理的要因の検討

論文

学会発表
谷口晴香 ニホンザルのアカンボウとその母親間で生じる食性の違いに関する食物のかたさの影響(2012年9月21日) 日本哺乳類学会(神奈川県相模原市).

谷口晴香 ニホンザルに離乳食はあるか?食物のかたさの母子間比較(2013年6月8日) 第13回ニホンザル研究セミナー (愛知県犬山市).

関連サイト
京都大学理学研究科 人類進化論研究室 http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp/index.php
H23-B-27
代:島田 将喜
野生ニホンザルのワカモノオスの出自群離脱前後の生活史に関する長期追跡調査

論文
島田将喜(2012) ゆとりと遊びが生み出すサルの文化 TASC Monthly 437:6−12.

学会発表
Shimada, Masaki,Naofumi, Nakagawa, Takeharu, Uno, Anonymous members of “KIYOSHIROU” Kinkazan Support Group for Earthquake Disaster Victims, The fieldworkers’ reconstruction activities: The recovery from the disaster of the Great East Japan Earthquake in Kinkazan(13-17 August, 2012) The 24th Congress of the International Primatological Society(Cancun, Mexico).

島田将喜 サルの社会的遊びにおける「遊び」〜関連性理論とニホンザルのコドモのインタラクション(2012年3月5日) 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会(静岡県浜松市西区ホテルウェルシーズン浜名湖).
H23-B-28
代:草山 太一
協力課題における自己認知の実験的分析
H23-B-29
代:六波羅 聡
協:鈴木 義久
遺伝子解析による三重県内のニホンザルの個体群調査
H23-B-30
代:颯田 葉子
協:川嶋 彩夏
協:乾 こゆる
協:河野 美恵子
協:桂 有加子
皮膚の進化生理学

学会発表
乾こゆる、颯田葉子 ヒトAQUAPORIN7の偽遺伝子化のメカニズムと時期の推定(2011年9月22日) 日本遺伝学会((京都)).

Koyuru Inui, Yoko Satta Estimation of the human AQUAPORIN 7 gene duplications mechanism and pseudogenization(2012年3月24・25日) SMBE Satellite Symposium on Phylomedicine(Arizona State University).
H23-B-31
代:谷 大輔
猿害群における土地利用特性と農地利用に影響を与える要因の検討
H23-B-32
代:野口 和浩
協:浦野 徹
霊長類の膣内常在細菌叢における乳酸菌の果たす役割
H23-B-33
代:渡邉 創太
ニホンザル乳児における運動判断 ―絶対判断か相対判断か―
H23-B-34
代:河野 礼子
テナガザル大臼歯3次元形状の分析

論文

学会発表
河野礼子・諏訪元 ボノボとチンパンジーの大臼歯形状(2013年3月28日) 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(高松).

H23-B-35
代:小松 英彦
協:郷田 直一
協:横井 功
協:岡澤 剛起
協:波間 智行
協:高木 正浩
協:鯉田 孝和
色盲ザルの色覚特性の行動的研究

学会発表
Kowa Koida, Isao Yokoi, Goki Okazawa, Naokazu Goda, Chihiro Hiramatsu, Akichika Mikami, Kanthi Arum Widayati, Shigehiro Miyachi, Morio Togawa, Masahiro Takagi, Hidehiko Komatsu Color discrimination performance of genetically identified dichromatic macaques(2011年7月2日) The 21 st symposium of the International colour vision society (ICVS 2011).
H23-B-36
代:小野 英理
協:石田 貴文
マカクの性皮腫脹に関する分子基盤研究

学会発表
◯小野英理(東京大院・理学),鈴木樹理(京都大・霊長研),石田貴文(東京大院・理学) 分光測色計を用いたマカク性皮色変化のCIELAB色空間における表示(2011年7月18日) 第27回日本霊長類学会大会(犬山(愛知)).
H23-B-37
代:安波 道郎
マカク属霊長類における感染症抵抗性の多型とゲノム進化

論文
Takaki A, Yamazaki A, Maekawa T, Shibata H, Hirayama K, Kimura A, Hirai H, Yasunami M(2012) Positive selection of Toll-like receptor 2 polymorphisms in two closely related old world monkey species, rhesus and Japanese macaques. Immunogenetics 64(1):15-29. 謝辞あり
H23-B-38
代:栗田 博之
ニホンザル雌の栄養状態と餌獲得量の順位格差に関する高崎山群と幸島群の比較

学会発表
栗田博之、鈴村崇文、冠地富士男 ニホンザル雌における体重・体長・出産率の年齢変化様式の個体群間比較−高崎山と幸島−(2011年9月9日) 日本哺乳類学会(宮崎県宮崎市).
H23-B-39
代:酒井 基行
協:田中 由浩
協:佐野 明人
協:藤本 英雄
チンパンジーにおけるトラックボール式力触覚ディスプレイを用いた比較認知研究
H23-B-40
代:宗近 功
マダガスカル産稀少原猿類の遺伝的管理法の確立
H23-B-41
代:小島 大輔
協:森 卓
協:鳥居 雅樹
霊長類の光感覚システムに関わるタンパク質の解析

論文

関連サイト
JSTさきがけ「光の利用と物質材料・生命機能」領域 http://www.raisha.jst.go.jp/resercher/03/r03kojima.html

東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 深田研究室 http://www.biochem.s.u-tokyo.ac.jp/fukada-lab/research-j.html#research4
H23-B-42
代:蘇 秀慧
協:佐伯 真美
日本で野生化したタイワンザルと台湾在来種の比較研究

学会発表
Hsiu-hui Su Conservation on Taiwanese macaques (Macaca cyclopis) in Taiwan(2012.8.29.) The 3rd International Symposium on Southeast Asian Primate Research(Bangkok, Thailand).
H23-B-43
代:小早川 令子
協:小早川 高
協:伊早坂 智子
協:辻 光義
サルの匂いに対する先天的な恐怖反応の解析
H23-B-44
代:Mukesh Chalise
ネパールヒマラヤにおける霊長類の地域分化に関する研究
H23-B-45
代:今村 拓也
RNAを基点とした霊長類のエピジェネティクス

論文
Masahiro Uesaka, Osamu Nishimura, Yasuhiro Go, Kinichi Nakashima, Kiyokazu Agata, Takuya Imamura(2014) Bidirectional promoters are the major source of gene activation-associated non-coding RNAs in mammals BMC Genomics 15:35.
H23-B-46
代:日暮 泰男
ニホンザル集団およびアカゲザル集団からの運動学的データの収集
H23-B-47
代:小嶋 道之
協:有富 幸治
野草の苦味・渋味成分含量とニホンザルの嗜好性との関連性について
H23-B-48
代:東 超
霊長類の各種組織の加齢変化

論文

学会発表
東超、大石高生、東野義之、東野勢津子、南武志、堀井謹子、西真弓 ヒトとサルの喉頭蓋軟骨における元素蓄積の特徴(2011年3月28日〜30日) 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会(横浜).

関連サイト
研究室のホームページ  http://www.naramed-u.ac.jp/~1ana/
H23-B-49
代:白井 述
霊長類の運動視機能に関する比較認知発達科学的検討
H23-B-50
代:三上 章允
霊長類における髄鞘形成の評価研究

論文
T Sakai, M Matsui, A Mikami, L Malkova, Y Hamada et al(2012) Development patterns of chimpanzee cerebral tissues provided important dues for understanding the remarkable enlargement of the human brain Proceedings of the Royal Society B.

学会発表
Mikami A 28 THE MYELINATION OF THE INFANT BRAIN IN MACAQUES (2012.8.28) Third International Symposium on Southeast Asian Primate Research(Bangkok, Thailand).

関連サイト
WEB研究室(三上章允) http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/index-AM.html
H23-B-51
代:時田 幸之輔
ニホンザルの体幹と下肢帯の境界領域における脊髄神経前枝の形態的特徴

学会発表
時田幸之輔 腰神経叢と胸部特異的肋骨形成(2013 年9月14 日) コ・メディカル形態機能学会第12 回学術集会(広島県呉市).

時田幸之輔 腰神経叢から考える胸部特異的肋骨形成(2013年10月20日) 京都大学霊長類研究所 共同利用研究会ヒトを含めた霊長類の比較解剖学−末梢神経系と脈管系を中心に−(愛知県犬山市).
H23-B-52
代:佐々木 崇
霊長類におけるブドウ球菌の進化生態学的研究

学会発表
佐々木崇、椿下早絵、黒田誠、遠藤智子、大島由子、鳥居春己、洲鎌圭子、鈴木樹理、平松啓一 ブドウ球菌と哺乳類の共進化(2011年7月30日) 日本進化学会第13回大会(京都大学).
H23-B-53
代:郡山 尚紀
チンパンジーからのヒト由来病原体の分離

論文
Takanori Kooriyama ? Michiko Okamoto ? Tomoyuki Yoshida ? Toshisada Nishida ?Toshio Tsubota ? Akatsuki Saito ? Masaki Tomonaga ? Tetsuro Matsuzawa ?Hirofumi Akari ? Hidekazu Nishimura ? Takako Miyabe-Nishiwaki(2013) Epidemiological study of zoonoses derived from humans in captivechimpanzees Primates 54:89-98. 謝辞あり

関連サイト
酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類 http://www.rakuno.ac.jp/dep05/nursing/u2/koriyama.htm
H23-B-54
代:光永 総子
協:中村 伸
霊長類ヘルペスウイルスに関する研究
H23-B-56
代:大石 元治
協:菊池 泰弘
協:小薮 大輔
協:荻原 直道
ゴリラにおける筋骨格系に関する研究

論文

関連サイト
日本獣医生命科学大学研究者紹介 http://tlo.nms.ac.jp/researcher/1383.html
H23-B-57
代:松岡 雅雄
協:安永 純一朗
協:三浦 未知
ニホンザルにおけるサルT細胞白血病ウイルスの動態の解析・免疫治療

論文

関連サイト
京都大学ウイルス研究所ウイルス制御研究領域 http://www.virus.kyoto-u.ac.jp/Lab/matsuoka.html
H23-B-58
代:高橋 直人
協:角田 篤信
協:喜多村 健
ヒト成人・胎児およびサル側頭骨における形態学的検討と上半規管裂隙症候群の病因に関する仮説の検証

学会発表
Takahashi N,Tsunoda A,Kitamura K Pathology of the superior canal dehiscence(SCD) from a point of human evolution.(5-7 September 2011) Collegium Oto-Rhino-Laryngologicum Amicitiae Sacrum(Bruges Belgium).

高橋直人,角田篤信,喜多村健 ヒト胎児・成人およびサルにおける中頭蓋窩形態の比較(2010年11月18-19日) 第69回日本めまい平衡医学会(京都).
H23-B-59
代:筒井 健夫
協:鳥居 大祐
マカクを用いた新規歯髄再生療法の確立
H23-B-60
代:古川 貴久
協:佐貫 理佳子
協:荒木 章之
霊長類の網膜黄斑に特異的に発現する遺伝子群の同定
H23-B-61
代:濵本 周造
協:郡 健二郎
協:戸澤 啓一
協:安井 孝周
協:岡田 敦志
協:田口 和己
協:廣瀬 泰彦
サル類における腎結石の疫学研究と自然発症モデルの探索
H23-B-62
代:千葉 敏雄
協:佐藤 洋明
協:柿本 隆志
サル胎仔肺低形成の子宮内回復−羊水過少による肺低形成モデル作成と成長因子解析
H23-B-63
代:桃井 保子
協:花田 信弘
協:小川 匠
協:井川 知子
協:齋藤 渉
チンパンジーの口腔内状態の調査:う蝕・歯の磨耗・歯周炎・噛み合わせの評価を中心に

論文

学会発表
宮之原真由,今井奬,齋藤渉,山口貴央,阿保備子,野村義明,桃井保子,花田信弘 チンパンジー口腔由来のレンサ球菌の性状に関する研究( 2011.10.8-10) 第60回日本口腔衛生学会( 日本大学松戸歯学部).

阿保備子,宮之原真由,今井奬,岡本公彰,齋藤渉,山口貴央,井川知子,小川匠,野村義明,宮部貴子,桃井保子,花田信弘 チンパンジー口腔由来のミュータンスレンサ球菌様細菌に関する研究( 2011.6.25) 鶴見大学歯学会第73回例会( 鶴見大学会館メインホール).

齋藤渉,山口貴央,桃井保子 京都大学霊長類研究所のチンパンジーの口腔健康状態とそのうち1個体に対する歯科処置について( 2011.6.10) 日本歯科保存学会2011年度春季学術大会 (第134回)( 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート).

Okamoto M., Miyanohara M., Abo T., Imai S. Nomura Y., Saito W., Ogawa T., Momoi Y., Sakamoto M., Ohkuma M., Watanabe S., Maeda N., Watanabe A., Kaneko A., Miyabe-Nishiwaki T., Tomonaga M. and Hanada N. Pyrosequencing Analysis of Oral Flora isolated from Chimpanzees. ( August 31- September 3, 2011) The 45th Meeting of The Continental European Division of the International Association for Dental Research (CED-IADR)( Budapest, Hungary).

Okamoto M., Miyanohara M., Abo T., Saito W, Ogawa T.,Momoi Y., Sakamoto M., Ohkuma M.,Miyabe-Nishiwaki,T. and Hanada N. Preliminary Analysis of Oral Flora isolated from Chimpanzee.( 6-10 September 2011) XIII, International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology( Sapporo, Japan).

関連サイト
鶴見大学 歯学部 保存修復学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/clinic/270

鶴見大学歯学部 探索歯学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/basic/343

鶴見大学歯学部 クラウンブリッジ補綴学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/clinic/285
H23-C-1
代:江成 広斗
分:坂牧 はるか
間接的指標を用いた冷温帯林におけるニホンザル生息状況の推定
H23-C-2
代:神取 秀樹
分:古谷 祐詞
協:片山 耕大
協:木村 哲就
霊長類、視覚・味覚のGPCR型受容体に対する赤外分光研究

論文
Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori(2012) Protein-Bound Water Molecules in Primate Red- and Green-Sensitive Visual Pigments Biochemistry 51(6):1126-1133. 謝辞あり

学会発表
片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 霊長類色覚視物質の内部結合水の構造解析(2011年6月23-24日) 第38回生体分子科学討論会(筑波).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 霊長類色覚視物質の内部結合水の構造解析(2011年8月25-28日) 第51回生物物理若手の会夏の学校(京都).

Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori Protein-bound water molecules in primate red- and green-sensitive visual pigments(September 16-18th 2011) The 49th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan(Himeji, Japan).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 霊長類色覚視物質の内部結合水の構造解析(2011年11月12日) 第17回錯体化学若手の会中部・東海地区勉強会(名古屋).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 全反射赤外分光法によるサル緑感受性視物質のクロライドイオン結合機構解析(2012年3月19日) 日本生物物理学会中部支部講演会(名古屋).

Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori FTIR study of monkey green- and red-sensitive pigments(June 14th 2011) Mini-symposium “Biophysics on functional study of protein”(Berlin, Germany).

Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori FTIR study of monkey green- and red-sensitive pigments(June 17 2011) Seminar in Paul Scherrer Institute(Villigen, Switzerland).
H23-C-3
代:高江洲 昇
分:永野 昌志
分:北出 泰之
分:坂口 謙一郎
協:伊藤 真輝
協:石橋 佑規
協:朝倉 卓也
協:小林 真也
ニホンザルの人工繁殖を目指した技術開発
H23-C-4
代:安藤 寿康
分:岸本 健
分:上野 有理
分:川上 文人
分:絹田 俊和
分:福守 朗
二卵性ふたごチンパンジーの行動発達に関する比較認知発達研究
H23-C-5
代:牛谷 智一
分:後藤 和宏
チンパンジーの視覚・注意処理に関する比較認知研究
H23-C-7
代:酒井 朋子
分:中務 真人
分:山田 重人
分:藤澤 道子
分:國松 豊
分:鵜殿 俊史
分:巻島 美幸
霊長類における胎児期から思春期までの脳形態の発達的変化に関する比較研究

論文
Tomoko Sakai, Mie Matsui, Akichika Mikami, Ludise Malkova, Yuzuru Hamada, Masaki Tomonaga, Juri Suzuki, Masayuki Tanaka, Takako Miyabe-Nishiwaki, Haruyuki Makishima, Masato Nakatsukasa, and Tetsuro Matsuzawa(2013) Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain Proceedings of the Royal Society B 280(1753).

Tomoko Sakai, Satoshi Hirata, Kohki Fuwa, Keiko Sugama, Kiyo Kusunoki, Haruyuki Makishima, Tatsuya Eguchi, Shigehito Yamada, Naomichi Ogihara, and Hideko Takeshita(2012) Fetal brain development in chimpanzees versus humans Current Biology 22(18):R791-792.

Tomoko Sakai, Akichika Mikami, Masaki Tomonaga, Mie Matsui, Juri Suzuki, Yuzuru Hamada, Masayuki Tanaka, Takako Miyabe-Nishiwaki, Haruyuki Makishima, Masato Nakatsukasa, and Tetsuro Matsuzawa(2011) Differential prefrontal white matter development in chimpanzees and humans Current Biology 21(16):1397-1402.

学会発表
酒井朋子,松井三枝,Malkova Ludize,三上章允,中務真人,友永雅己,鈴木樹理,濱田穣,田中正之,宮部貴子,巻島美幸,松沢哲郎 チンパンジーの大脳組織の発達過程はヒトの脳進化を理解する上での新たな見識を与える(2011/11/04) 第65回日本人類学会大会(沖縄県立博物館・美術館).

酒井朋子,中務真人,松井三枝,友永雅己,三上章允,鈴木樹理,濱田穣,田中正之,宮部-西脇貴子,巻島美幸,松沢哲郎 「チンパンジーとヒトにおける大脳の発達過程: ヒトの脳の進化的基盤の理解にむけて」(2011/05/07) 第11回日本赤ちゃん学会学術集会 (中部学院大学).

酒井朋子,中務真人,松井三枝,友永雅己,三上章允,鈴木樹理,濱田穣,田中正之,宮部-西脇貴子,巻島美幸,松沢哲郎 チンパンジーとヒトにおける大脳の発達過程: ヒトの脳の進化的基盤の理解にむけて(2012/06/02) 第11回日本赤ちゃん学会学術集会(中部学院大学).

H23-C-10
代:鈴木 滋
分:藤田 志歩
分:下岡 ゆきこ
協:杉浦 秀樹
屋久島低地林のニホンザル野生郡における2郡同時追跡による郡間関係の検討
H23-C-12
代:束村 博子
分:前多 敬一郎
分:大蔵 聡
分:上野山 賀久
霊長類における排卵の制御機構に関する研究
H23-D-1
代:和田 一雄
ニホンザルの保全学史に関する研究(2)

論文
辻大和・和田一雄・渡邊邦夫(2011) 野生ニホンザルの採食する木本植物 付記:ニホンザルの食性研究の今後の課題 霊長類研究 27:27-49.

Ogawa H., Wada K.(2011) Shape and body direction in huddles of Japanese macaques (Macaca fuscata) in Arashiyama, Japan Primates 52:229-235.
H23-D-2
代:Marie Pele
霊長類集団における意志決定のリスクと遅延の関係
H23-D-3
代:川合 伸幸
サルの表情伝染に関する研究

論文
川合伸幸(2012) 顔の比較認知科学 BRAIN and NERVE 64(7):793-798.

学会発表
Koda, Hiroki,?& Kawai, N. Facial attractiveness in macaque monkeys.(2012/10/31) 43rd NIPS International Symposium Face Perception and Recognition.( Okazaki Conference Center, Aichi, JAPAN).
H23-D-5
代:保坂 和彦
マハレのチンパンジーの狩猟肉食行動に関する多角的分析
H23-D-6
代:Molly Przeworski
協:Wynn Meyer
協:Joseph Pickrell
The genetics basis of blue eyes in primates
H23-D-7
代:清水 慶子
類人猿の糞尿を用いた新たな生理指標の評価法の開発
H23-D-8
代:田和 正志
協:岡村 富夫
ニホンザルにおける血管機能に関する研究

学会発表
田和 正志 低酸素化あるいは低酸素―再酸素化が冠状動脈における可溶性グアニル酸シクラーゼに及ぼす影響(2012年6月29,30日) 第12回日本NO学会学術集会(神戸).
H23-D-9
代:長峯 康博
協:寺田 員人
協:佐藤 義英
哺乳類における咀嚼リズムと体重の相対成長の関係

論文
Nagamine Y, Satoh Y, Shimizu D, Iwasaki S, Terada K(2013) Relationship between masticatory rhythm, body mass and mandibular morphology in primates. Archives of Oral Biology 58:1084-1091.
H23-D-10
代:村山 美穂
類人猿の神経伝達関連遺伝子の多様性解析

論文
Inoue-Murayama M, Weiss A, Morimura N, Tanaka M, Yamagiwa J, Idani G(2011) Molecular Behavioral Research in Great Apes. From Genes to Animal Behavior.:239-253. 謝辞あり
H23-D-11
代:福田 渓
協:一柳 健司
協:佐々木 裕之
霊長類における組織特異的DNAメチル化機構の解明

論文
Fukuda K, Ichiyanagi K, Yamada Y, Go Y, Udono T, Wada S, Maeda T, Soejima H, SSaitou N, Ito T, Sasaki H.(2013) Regional DNA methylation differences between humans and chimpanzees are associated with genetic changes, transcriptional divergence and disease genes J Hum Genet 7(58):446-54.

学会発表
福田 渓 Identification of DNA methylation differences correlated with transcriptional diversification between humans and chimpanzees(2012/5/14) 第6回日本エピジェネティクス研究会(東京).

福田 渓 ヒトとチンパンジーのゲノムワイドなDNAメチル化比較(2012/9/25) 第84回日本遺伝学会(福岡).

福田 渓 ヒトとチンパンジーのゲノムワイドなDNAメチル化比較(2012/12/11) 第35回日本分子生物学会(福岡).

福田 渓 Identification of DNA methylation differences correlated with transcriptional diversification between humans and chimpanzees(2012/4/24) COLD SPRING HARBOR ASIA CONFERENCES(China).
H23-D-12
代:杉田 昌彦
協:森田 大輔
脂質を標的としたサル免疫システムの解明
H23-D-13
代:和田 直己
協:板本 和仁
協:後藤 慈
協:藤田 志歩
霊長類を含む哺乳類の四肢骨形状・構造・材料力学的性質と姿勢・運動との関係
H23-D-14
代:七田 芳則
協:大内 淑代
協:山下 高廣
霊長類網膜および脳におけるオプシン発現部位の解析
H23-D-15
代:Jacobo Antona
協:小野 古志郎
協:江島 晋
頭部傷害指標提案に向けたスケーリング手法の開発

論文
Antona-Makoshi, J., Davidsson, J., Ejima, S., & Ono, K(2012) Reanalysis of monkey head concussion experiment data using a novel monkey finite element model to develop brain tissue injury reference values 2012 IRCOBI Conference Proceedings - International Research Council on the Biomechanics of Injury, Dublin;12 September 2012 through14 September 2012 (http://ircobi.org/downloads/irc12/default.htm):411-454 (http://publications.lib.chalmers.se/publication/166137). 謝辞あり

学会発表
Antona-Makoshi, J., Davidsson, J., Ejima, S., & Ono, K. Mild Traumatic Brain Injury Criteria and Injury thresholds: Experimental data and reconstruction of these using new mathematical models( 2012/10/28) Fortieth International Workshop on Human Subjects for Biomechanical Research( Hyatt Regency Savannah, GA, USA).
H23-D-16
代:佐藤 宏樹
乾季におけるチャイロキツネザルの採食パターン:果実食と葉食の異なる機能

論文
佐藤宏樹(2012) キツネザルの昼と夜の行動の謎を解く. 中川尚史・友永雅己・山極壽一 編 『 日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学」の可能性』(京都通信社):106-111.

関連サイト
京都大学アフリカ地域研究資料センター 佐藤宏樹研究員 ウェブサイト http://jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/member/h-sato.html
H23-D-17
代:中山 裕之
協:内田 和幸
協:チェンバーズ ジェームズ
老齢脳におけるタウ蛋白質の発現分子種およびリン酸化に関する比較病理学的研究

論文

関連サイト
東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室 http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/vphome/vp.htm
H23-D-18
代:坂本 二郎
協:宮崎 祐介
協:多田 充徳
皮膚の傷害メカニズム解明のための生体力学的研究
H23-D-19
代:船橋 新太郎
協:清水 慶子
協:古田 貴寛
6-OHDA注入におけるDA神経支配の阻害効果の検討
H23-D-20
代:江口 祐輔
協:山田 彩
協:古谷 益朗
協:上田 弘則
協:堂山 宗一郎
ニホンザルの各種素材に対する登り行動の解明
H23-D-21
代:長嶋 泰生
唾液アミラーゼ遺伝子多型と食物摂取状況に関する研究
H23-D-22
代:古川 昭栄
協:福光 秀文
協:宗宮 仁美
サル脊髄由来間質系幹細胞の培養とその移植によるラット脊髄損傷修復効果の検討