ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ


H24
論文 47 報 学会発表 107 件
H24-A1
代:小林 和人
協:小林 憲太
協:加藤 成樹
霊長類脳内遺伝子導入に有益な新規ウイルスベクターの開発

論文
Inoue, K., Koketsu, D., Kato, S., Kobayashi, K., Nambu, A., and Takada, M.(2012) Immunotoxin-mediated tract targeting in the primate brain: selective elimination of the cortico-subthalamic “hyperdirect” pathway. PLoS One 7(6):e39149.

学会発表
加藤成樹、小林憲太、深堀良二、井上謙一、内ヶ島基政、渡辺雅彦、高田昌彦、小林和人 逆行性レンチウイルスベクターによる特定神経路の機能制御と行動生理学的解析(2012年7月24日) 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ(仙台).

Inoue, K., Kato, S., Kobayashi, K., and Takada, M. Selective gene expression in nigral dopamine neurons by the use of modified lentiviral vectors with enhanced retrograde transfer in primates(2012年7月26日) 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ(仙台).

井上謙一、纐纈大輔、加藤成樹、小林和人、南部篤、高田昌彦 イムノトキシン細胞標的法を用いたサル皮質−視床下核路の選択的除去(2012年9月19日) 第35回日本神経科学大会(名古屋).

木村活生、井上謙一、奥田泰弘、加藤成樹、黒田呈子、藤原真紀、小林和人、高田昌彦 霊長類における改変型逆行性感染型レンチウイルスベクター使用による黒質ドーパミンニューロンへの選択的遺伝子発現(2012年9月20日) 第35回日本神経科学大会(名古屋).
H24-A2
代:橋本 亮太
協:安田 由華
協:山森 英長
ゲノムによる霊長類における脳機能の多様性の解明

論文
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Umeda-Yano S, Okada T, Kamino K, Morihara T, Iwase M, Kazui H, Numata S, Ikeda M, Ohmura T, Iwata N, Ueno S, Ozaki N, Ohmori T, Arai H, Takeda M(2012) Functional genetic variation at the NRGN gene and schizophrenia: evidence from a gene-based case-control study and gene expression analysis American Journal of Medical Genetics Part B: Neuropsychiatric Genetics 159B(4):405-13.

Aleksic B., Kushima I, Hashimoto R, Ohi K, Ikeda M, Yoshimi A, Nakamura Y, Ito Y, Okochi T, Fukuo Y, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Ujike H, Suzuki M, Inada T, Takeda M, Kaibuchi K, Iwata N, Ozaki N(2012) Analysis of the VAV3 as candidate gene for schizophrenia: evidences from voxel based morphometry and mutation screening Schizophrenia Bulletin 39(3):720-728.

Ohi K, Hashimoto R, Nakazawa T, Okada T, Yasuda Y, Yamamori H, Fukumoto M, Umeda-Yano S, Iwase M, Kazui H, Yamamoto T, Kano M, Takeda M(2012) The p250GAP Gene is Associated with Risk for Schizophrenia and Schizotypal Personality Traits PLoS One 7(4):e35696.

Yamamori H, Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Kasahara E, Sekiyama A, Umeda-Yano S, Okada T, Iwase M, Kazui H, Ito A, Takeda M. (2012) A promoter variant in the Chitinase 3-Like 1 gene is associated with serum YKL-40 level and personality trait Neurosci Lett 513(3):204-208.

Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Nemoto K, Ohnishi T, Fukumoto M, Yamamori H, Umeda-Yano S. Okada T, Iwase M, Kazui H, Takeda M(2012) Impact of the Genome Wide Supported NRGN Gene on Anterior Cingulate Morphology in Schizophrenia PLoS One 7(1):e29780.

H24-A3
代:南部 篤
協:畑中 伸彦
協:知見 聡美
協:纐纈 大輔
行動特性を支配するゲノム基盤と脳機能の解明に向けた神経解剖学的検索

論文
Takahara D, Inoue KI, Hirata Y, Miyachi S, Nambu A, Takada M, Hoshi E(2012) Multisynaptic projections from the ventrolateral prefrontal cortex to the dorsal premotor cortex in macaque: Anatomical substrate for conditional visuomotor behavior. Eur J Neurosci in press.

Inoue KI, Koketsu D, Kato S, Kobayashi K, Nambu A, Takada M(2012) Immunotoxin-mediated tract targeting in the primate brain: selective elimination of the cortico-subthalamic “hyperdirect” pathway. PLoS ONE 7(6):e39149.

学会発表
畑中伸彦、金子将也、高良沙幸、高田昌彦、南部 篤 運動課題遂行中のサルにおける淡蒼球ニューロン活動のグルタミン酸およびGABA 作動性調節(2012.3.31) 第89回日本生理学会大会(松本).

Tachibana Y, Iwamuro H, Kita H, Takada M, Nambu A. Subthalamo-pallidal interactions underlying parkinsonian neuronal oscillations in the primate basal ganglia(2012.7.18) 8th FENS Forum of Neuroscience(Barcelona, Spain).

井上謙一、纐纈大輔、加藤成樹、小林和人、南部 篤、高田昌彦 イムノトキシン神経路標的法を用いたサル皮質?視床下核路の選択的除去(2012.9.19) 第35回日本神経科学大会(名古屋).
H24-A4
代:星 英司
協:橋本 雅史
行動特性を支配する脳機能の解明に向けた神経ネットワークの解析

論文
Takahara, D., Inoue, K.I., Hirata, Y., Miyachi, S., Nambu, A., Takada, M., Hoshi, E.(2012) Multisynaptic projections from the ventrolateral prefrontal cortex to the dorsal premotor cortex in macaques - anatomical substrate for conditional visuomotor behavior. Eur. J. Neurosci. 36(10): 3365-3375.

Yamagata, T., Nakayama, Y., Tanji, J., Hoshi, E.(2012) Distinct information representation and processing for goal-directed behavior in the dorsolateral and ventrolateral prefrontal cortex and the dorsal premotor cortex. J. Neurosci. 32(37):12934-12949.

関連サイト
東京都医学総合研究所 前頭葉機能プロジェクト http://www.igakuken.or.jp/frontal-lobe/index.html
H24-A5
代:清水 貴美子
協:深田 吉孝
霊長類における概日時計と脳高次機能との連関
H24-A6
代:牛谷 智一
協:後藤 和宏
チンパンジーの視覚・注意の発達変化に関する比較認知研究
H24-A7
代:桃井 保子
協:花田 信弘
協:小川 匠
協:野村 義明
協:今井 奨
協:岡本 公彰
協:井川 知子
協:齋藤 渉
協:宮之原 真由
協:阿保 備子
協:山口 貴央
協:笠間 慎太郎
協:菅原 豊太郎
チンパンジーの口腔内状態の調査:う蝕・歯の摩耗・歯周炎・噛み合わせの評価を中心に

論文
Masaaki Okamoto, Susumu Imai, Mayu Miyanohara, Wataru Saito, Yasuko Momoi, Tomoko Abo, Yoshiaki Nomura, Tomoko Ikawa, Takumi Ogawa, Takako Miyabe-Nishiwaki, Akihisa Kaneko, Akino Watanabe, Shohei Watanabe, Misato Hayashi, Masaki Tomonaga and Nobuhiro Hanada. ( 2013) Streptococcus troglodytis sp. nov., from the Chimpanzee Oral Cavity. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 63 ( Pt 2): 418-22. 謝辞 あり

学会発表
岡本公彰,今井奬,花田信弘 チンパンジー口腔内から分離されたStreptococcus mutans様菌株について( 2012.3.27-29) 第85回日本細菌学会総会( 長崎ブリックホール).

宮之原真由,今井奨,齋藤渉,阿保備子,村田貴俊,野村義明,桃井保子,花田信弘 人類進化モデル(チンパンジー)の歯垢より単離した固有のレンサ球菌の性状について( 2012.5.25〜27 ) 61回日本口腔衛生学会( 神奈川歯科大学).

齋藤渉,菅原豊太郎,山口貴央,小川匠,花田信弘,桃井保子 京都大学霊長類研究所のチンパンジー11個体の口腔健康状態について( 2012.6.28-29) 日本歯科保存学会2012年度春季学術大会(第136回) ( 沖縄コンベンションセンター).

Susumu Imai, Masaaki Okamoto, Mayu Miyanohara, Wataru Saito, Yasuko Momoi, Tomoko Abo, Yoshiaki Nomura, Tomoko Ikawa, Takumi Ogawa, Takako Miyabe-Nishiwaki, Akihisa Kaneko, Akino Watanabe, Shohei Watanabe, Misato Hayashi, Masaki Tomonaga and Nobuhiro Hanada. Distribution of Streptococci in Oral Flora of Chimpanzee.( September 12-15, 2012) The sixth International Association for Dental Research Pan-European Region Meeting (IADR/PER)( Helsinki, Finland).

Masaaki Okamoto, Susumu Imai, Mayu Miyanohara, Wataru Saito, Yasuko Momoi, Tomoko Abo, Yoshiaki Nomura, Tomoko Ikawa, Takumi Ogawa, Takako Miyabe-Nishiwaki, Akihisa Kaneko, Akino Watanabe, Shohei Watanabe, Misato Hayashi, Masaki Tomonaga and Nobuhiro Hanada. A Novel Mutans Streptococci isolated from Chimpanzee Oral Cavity.( September 12-15, 2012) The sixth International Association for Dental Research Pan-European Region Meeting (IADR/PER)( Helsinki, Finland).

関連サイト
鶴見大学 歯学部 保存修復学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/clinic/270

鶴見大学歯学部 探索歯学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/basic/343

鶴見大学歯学部 クラウンブリッジ補綴学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/clinic/285

鶴見大学歯学部 口腔微生物学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/basic/337

論文 Streptococcus troglodytae sp. nov., from the Chimpanzee Oral Cavity. 掲載ページ http://ijs.sgmjournals.org/content/early/2012/03/19/ijs.0.039388-0.abstract
H24-A8
代:村井 千寿子
霊長類における時空間的な対象関係の理解に関する比較研究

学会発表
村井千寿子・友永雅己 チンパンジーにおける運動の因果性による生物・非生物の区別(2012年12月) 日本認知科学会第29回大会(宮城県仙台市).

村井千寿子・友永雅己 チンパンジーにおける生物・非生物の区別(2012年11月) 日本動物行動学会第31回大会(奈良県奈良市).

村井千寿子・友永雅己 チンパンジーにおける物体運動の因果認識(2012年9月) 日本心理学会第76回大会 (神奈川県川崎市).
H24-A9
代:安藤 寿康
協:岸本 健
協:上野 有理
協:川上 文人
協:絹田 俊和
協:福守 朗
二卵性ふたごチンパンジーの行動発達に関する比較認知発達研究
H24-A10
代:権田 絵里
足形態と成長パターンと位置的行動の関係:ヒトとチンパンジーの比較
H24-A11
代:松下 裕香
協:河村 正二
霊長類野生集団における感覚関連遺伝子の塩基多型評価

学会発表
Matsushita, Y., Oota, H., Welker, B., Pavelka, M. and Kawamura, S. Variability of trichromatic color vision in howler monkeys by L/M hybrid opsin genes.(July 7-11, 2013) SMBE2013(Chicago, Illinois, USA).

Matsushita, Y., Oota, H., Welker, B., Pavelka, M. and Kawamura, S. Possible anomalous trichromacy of color vision by hybrid L/M opsin genes in wild howler monkeys, Alouatta.(The 24th Congress of the International Primatological Society (IPS 2012)) August 12-17, 2012(Cancun, Mexico).
H24-A12
代:酒井 基行
協:田中 由浩
協:佐野 明人
チンパンジーにおけるトラックボール式力触覚ディスプレイを用いた比較認知研究

学会発表
酒井基行、友永雅己、田中由浩、佐野 明人 トラックボール式力触覚ディスプレイを用いたチンパンジーを対象とした触知覚実験の可能性(2012年12月18-20日) 第13回システムインテグレーション部門講演会(SI2012)(福岡).
H24-A13
代:Tetri Widiyani
協:Bambang Suryobroto
Study of the Metacarpal Growth and Aging in Macaca fuscata using Microdensitometry
H24-B1
代:長岡 朋人
チンパンジー頭蓋の比較解剖学―乳様突起部の形態変異を中心に―

学会発表
矢野航,長岡朋人,西村剛,江尻貞一,平田和明 チンパンジー乳様突起部周辺の肉眼解剖的観察(2013/3/30) 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(香川).
H24-B2
代:鍔本 武久
現生ニホンザルにおける距骨サイズの変異と体重との関係

論文
Tsubamoto, T., Egi, N., Takai, M., Thaung-Htike, and Zin-Maung-Maung-Thein(2016 = in press) Body mass estimation from the talus in primates and its application to the Pondaung fossil amphipithecid primates Historical Biology 28(1). 謝辞あり

学会発表
鍔本武久・名取真人 現生ニホンザルにおける距骨サイズの変異および臼歯サイズ・体重との関係(2012年7月7日) 日本霊長類学会(愛知県名古屋市).

鍔本武久・名取真人 距骨サイズの変異:現生ニホンザルの例(2013年1月26日) 日本古生物学会(神奈川県横浜市).

鍔本武久・江木直子・高井正成・タウン-タイ・ジン-マウン-マウン-テイン 霊長類における距骨からの体重推定とポンダウン化石霊長類への応用(2015年1月31日) 日本古生物学会第164回例会(愛知県豊橋市).
H24-B3
代:山下 俊英
協:中川 浩
サル脊髄損傷後の機能回復における大脳皮質再構築と脊髄内代償性神経回路網形成の相互作用

論文

学会発表
二宮太平、中川浩、上野将紀、西村幸夫、大石高生、山下俊英、高田昌彦 脊髄損傷モデルザルにおける大脳皮質運動野からの多シナプス性入力様式(2013.3.1) 平成24年度領域ミーティング、東京(東京).

関連サイト
研究室のホームページ http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/molneu/index.html

CRESTの研究内容 http://www.jst.go.jp/crest/crest-bnn/reseacher/22/06.html
H24-B4
代:川島 友和
協:佐藤 二美
心臓分布自律神経の比較形態学的多様性とその進化形態学的意義

論文
Kawashima T, Thorington RW Jr., and Sato F.( 2013) Systematic and comparative morphologies of the extrinsic cardiac nervous system in lemurs (Primates: Strepsirrhini: Infraorder Lemuriformes, Gray, 1821) with evolutionary morphological implications. Zoologischer Anzeiger (A Journal of Comparative Zoology) 252: 101-117. 謝辞 あり
H24-B5
代:和田 直己
協:藤田 志歩
哺乳類の肩甲骨の材料力学的特徴および肩帯周辺筋のlocomotionとの関係

学会発表
和田直己 四足歩行から二足歩行への進化において、神経系変化と筋・骨格系変化のどちらが必須のファクターなのか(24年9月20〜23日) 日本哺乳類学会(神奈川).
H24-B6
代:稲用 博史
霊長類の大腿骨近位部形態と位置的行動の関係

論文
稲用博史、司馬良一、黒坂昌弘(2012) 大腿骨近位端の形状に対する力学的条件の影響 日本臨床バイオメカニクス 33:55-61.
H24-B7
代:小島 大輔
協:森 卓
協:鳥居 雅樹
霊長類の光感覚システムに関わるタンパク質の解析

論文

学会発表
小島大輔, 今井啓雄, 森 卓, 深田吉孝 ニホンザルOpn5遺伝子の発現パターン(2013年9月26日) 日本動物学会第84回大会(岡山大学, 岡山).

関連サイト
JSTさきがけ「光の利用と物質材料・生命機能」領域 http://www.raisha.jst.go.jp/resercher/03/r03kojima.html

東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 深田研究室 http://www.biochem.s.u-tokyo.ac.jp/fukada-lab/research-j.html#research4
H24-B8
代:姉崎 智子
群馬県における猿害の実態と遺伝的多様性について

論文
姉崎智子,堀口浩司,坂庭浩之(2012) 群馬県におけるアライグマの生息状況と食性. 群馬県立自然史博物館研究報告 16: 97-101.
H24-B9
代:一柳 健司
協:佐々木 裕之
協:福田 渓
霊長類におけるエピゲノム進化の解明

学会発表
一柳健司 霊長類の表現型多様性におけるゲノムとエピゲノムのクロストーク(2012年11月7日) 第21回DNA多型学会公開シンポジウム(京都市).

佐々木裕之 ヒトの進化と病気におけるエピゲノム(2010年10月25日) 第57回日本人類遺伝学会(東京).

Hiroyuki Sasaki Identification of DNA methylation differences correlated with transcriptional divergence between humans and chimpanzees in chromosomes 21 and 22(2012年4月22日) The 3rd Shanghai International Conference of Epigenetics in Development and Diseases/The 7th Annual Conference of Asian Epigenome Alliance(上海(中国)).

福田渓、一柳健司、平井啓久、佐々木裕之 Identification of DNA methylation differences correlated with transcriptional diversification between humans and chimpanzees(2012年5月14日) 第6回日本エピジェネティクス研究会(東京).

福田渓、一柳健司、一柳朋子、大川恭行、郷康広、平井啓久、佐々木裕之 ヒトとチンパンジーのゲノムワイドなDNAメチル化比較(2012年9月25日) 第84回日本遺伝学会(福岡).

福田渓、一柳健司、一柳朋子、大川恭行、郷康広、平井啓久、佐々木裕之 ヒトとチンパンジーのゲノムワイドなDNAメチル化比較(2012年12月11日) 第35回日本分子生物学会(福岡).

Kei Fukuda, Kenji Ichiyanagi, Hirohisa Hirai, Hiroyuki Sasaki Identification of DNA methylation differences correlated with transcriptional diversification between humans and chimpanzees(2012年4月24日) COLD SPRING HARBOR ASIA CONFERENCES(蘇州(中国)).
H24-B10
代:神取 秀樹
協:片山 耕大
協:川田 大輝
霊長類、赤及び緑感受性色覚視物質の構造・機能相関解析

学会発表
片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 全反射赤外分光法によるサル緑感受性視物質のクロライドイオン結合機構解析(2012年6月8-9日) 第39回生体分子科学討論会(仙台).

片山耕大、古谷祐詞、今井啓雄、神取秀樹 全反射赤外分光法によるサル緑感受性視物質のクロライドイオン結合機構解析(2012年8月31日-9月3日) 第52回生物物理若手の会夏の学校(支笏湖).

Kota Katayama, Yuji Furutani, Hiroo Imai, Hideki Kandori ATR-FTIR study of monkey green-sensitive visual pigment(September 22-24th 2012) The 50th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan(Nagoya, Japan).

Kota Katayama, Hiroo Imai, Akimori Wada, Hideki Kandori Vibrational Modes of the Retinal Schiff Base in Primate Color Visual Pigments(September 30th-October 5th 2012) The 15th International conference on Retinal Proteins(Ascona, Switzerland).
H24-B11
代:佐藤 百恵
協:中尾 汐莉
協:高木 幸恵
協:清水 大輔
遺伝子分析を利用した飼育下のワオキツネザルの父系判定の研究
H24-B12
代:東 超
霊長類の各種の組織の加齢変化

論文

学会発表
Cho Azuma,Takao Oishi,Yoshiyuki Tohno, Setsuko Tohno, Takeshi Minami,Pasuk Mahakkanukrauh, Mayumi Nishi Characteristics of Elemental Accumulation in the Tracheal Cartilages of Humans and Monkeys(December 6-8,2012) 2nd International Anatomical Sciences and Cell Biology Conference(Chiang Mai,Thailand).

関連サイト
研究室のホームページ  http://www.naramed-u.ac.jp/~1ana/
H24-B13
代:古川 昭栄
協:福光 秀文
協:宗宮 仁美
サル脊髄由来間質系幹細胞の培養とその移植によるラット脊髄損傷修復効果の検討
H24-B14
代:東島 沙弥佳
マカク種における仙骨湾曲と尾長との相関
H24-B15
代:古川 貴久
協:佐貫 理佳子
協:荒木 章之
霊長類の網膜黄斑に特異的に発現する遺伝子群の同定

論文

関連サイト
大阪大学蛋白質研究所 分子発生学研究室 http://www.protein.osaka-u.ac.jp/furukawa_lab/
H24-B16
代:石川 欽也
協:佐藤 望
協:太田 浄文
協:橋本 祐二
協:尾崎 心
協:水澤 英洋
霊長類の老化小脳で変化する遺伝子発現の解明
H24-B17
代:海老原 寛
農地依存度の異なるニホンザル2群の行動圏利用−既存植生図の再検討

学会発表
海老原寛, 高槻成紀 ニホンザル自然群と加害群の行動圏利用の比較〜神奈川県の例〜( 2013年3月5〜9日) 日本生態学会第60回大会( 静岡(グランシップ)).
H24-B18
代:今村 公紀
代:矢野 真人
代:岡野 ジェイムス 洋尚
チンパンジーiPS細胞の樹立と神経細胞分化誘導

論文

学会発表
Zachary Yu-Ching Lin, Masanori Imamura, Eiji Matsunaga, Miki Taoka, Hiroo Imai, Hirotaka James Okano, Atsushi Iriki, Erika Sasaki, Hiohisa Hirai and Hideyuki Okano The preservation of primate genetic resource via iPS cell or spermatogonial stem cell technology(11/17/2012) The 15th Symposium of Support for African/Asian Great Apes(Sapporo).

Zachary Yu-Ching Lin、西原浩司、今村公紀、日下部央里絵、岡野James洋尚、今井啓雄、平井啓久、岡野栄之 ヒト特異性を探るツールとしてのチンパンジーiPS細胞(2013年2月28日) 第2回 日本マーモセット研究会 大会(慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール).

関連サイト
チンパンジーiPS細胞に関するプレスリリース http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2013/kr7a4300000c0r5e.html
H24-B18
代:矢野 真人
チンパンジーiPS細胞の樹立と神経細胞分化誘導

論文

学会発表
Zachary Yu-Ching Lin, Masanori Imamura, Eiji Matsunaga, Miki Taoka, Hiroo Imai, Hirotaka James Okano, Atsushi Iriki, Erika Sasaki, Hiohisa Hirai and Hideyuki Okano The preservation of primate genetic resource via iPS cell or spermatogonial stem cell technology(11/17/2012) The 15th Symposium of Support for African/Asian Great Apes(Sapporo).

Zachary Yu-Ching Lin、西原浩司、今村公紀、日下部央里絵、岡野James洋尚、今井啓雄、平井啓久、岡野栄之 ヒト特異性を探るツールとしてのチンパンジーiPS細胞(2013年2月28日) 第2回 日本マーモセット研究会 大会(慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール).

関連サイト
チンパンジーiPS細胞に関するプレスリリース http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2013/kr7a4300000c0r5e.html
H24-B18
代:岡野 ジェイムス 洋尚
チンパンジーiPS細胞の樹立と神経細胞分化誘導

論文

学会発表
Zachary Yu-Ching Lin, Masanori Imamura, Eiji Matsunaga, Miki Taoka, Hiroo Imai, Hirotaka James Okano, Atsushi Iriki, Erika Sasaki, Hiohisa Hirai and Hideyuki Okano The preservation of primate genetic resource via iPS cell or spermatogonial stem cell technology(11/17/2012) The 15th Symposium of Support for African/Asian Great Apes(Sapporo).

Zachary Yu-Ching Lin、西原浩司、今村公紀、日下部央里絵、岡野James洋尚、今井啓雄、平井啓久、岡野栄之 ヒト特異性を探るツールとしてのチンパンジーiPS細胞(2013年2月28日) 第2回 日本マーモセット研究会 大会(慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール).

関連サイト
チンパンジーiPS細胞に関するプレスリリース http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2013/kr7a4300000c0r5e.html
H24-B19
代:江成 広斗
音声を利用したニホンザル個体群モニタリング手法の開発
H24-B20
代:國松 豊
現代型オナガザル上科の起源に関する研究
H24-B21
代:橘 裕司
協:小林 正規
協:柳 哲雄
ニホンザルのアメーバ感染に関する疫学研究
H24-B22
代:栗田 博之
ニホンザル群における食物摂取と栄養状態および繁殖成績について幸島群と高崎山群の比較

論文
栗田博之、永松正大、小野富広、高橋明子、鈴村崇文(2013) 動物による破損や種子奪取を防ぐシードトラップ 霊長類研究 29(2):55-61. 謝辞あり

学会発表
栗田博之、鈴村崇文、冠地富士男 ニホンザルにおける体サイズと繁殖成績の個体群間比較−高崎山群と幸島群−(2012年7月8日) 日本霊長類学会(愛知県名古屋市).

栗田博之、鈴村崇文、冠地富士男 ニホンザルにおける栄養状態と餌獲得量に関する個体群間比較−高崎山群と幸島群−(2013年9月7日) 日本霊長類学会・日本哺乳類学会合同大会(岡山県岡山市).
H24-B23
代:筒井 健夫
マカク歯髄幹細胞を用いた歯髄再生療法の確立
H24-B24
代:草山 太一
協力課題における自己認知の実験的分析

学会発表
草山太一・脇田真清 マーモセットにおける自己鏡像と他個体に対する選好(2013年9月7日) 日本動物心理学会第73回大会(筑波大学).
H24-B25
代:林 欽
協:中島 龍介
霊長類の精子形成を支持する分子機序の解明と細胞培養

学会発表
Zachary Yu-Ching Lin, Masanori Imamura, Takamasa Hirano, Eiji Matsunaga, Miki Taoka, Hiroo Imai, Hirotaka James Okano, Atsushi Iriki, Mikiko C. Siomi, Haruhiko Siomi, Erika Sasaki, Hirohisa Hirai and Hideyuki Okano Molecular signatures and culture of testicular germ cells in common marmoset Callithrix jacchus(12/12/2012) The 35th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan(Fukuoka).

Zachary Yu-Ching Lin, Masanori Imamura, Takamasa Hirano, Eiji Matsunaga, Miki Taoka, Hiroo Imai, Hirotaka James Okano, Atsushi Iriki, Mikiko C. Siomi, Haruhiko Siomi, Erika Sasaki, Hirohisa Hirai and Hideyuki Okano Molecular signatures and culture of testicular germ cells in common marmoset Callithrix jacchus(12/4/2012) Global COE Program "Education and Research Center for Stem Cell Medicine" The Final Symposium(Tokyo).

Zachary Yu-Ching Lin, Masanori Imamura, Eiji Matsunaga, Miki Taoka, Hiroo Imai, Hirotaka James Okano, Atsushi Iriki, Erika Sasaki, Hiohisa Hirai and Hideyuki Okano The preservation of primate genetic resource via iPS cell or spermatogonial stem cell technology(11/17/2012) The 15th Symposium of Support for African/Asian Great Apes(Sapporo).
H24-B26
代:山森 哲雄
協:畑 克介
協:小松 勇介
協:大塚 正成
サル大脳皮質領野特異的遺伝子発現メカニズムの解明
H24-B27
代:Peng Zhang
協:渡邊 邦夫
協:河合 洋尚
"A comparative study on the folklore, artwork and traditional utilization of non-human primates in Japan and China"

論文
Zhang Peng, Chen Ying-xi(in press) 中国古代猿猴之分及其文化?知(The Distinction between Gibbon and Macaque in Ancient China) Journal of Guangxi Normal University. 謝辞あり

Zhou Yunhui, Zhang Peng(2013) Distribution and vicissitute of Gibbons (Hylobatidae) in China during the last 500 years. Acta Theriologica Sinica 33:1-10. 謝辞あり
H24-B28
代:谷地森 秀二
協:葦田 恵美子
協:金城 芳典
協:山田 孝樹
有害駆除個体を用いた四国の野生ニホンザル個体群の特徴分析
H24-B29
代:野口 和浩
ヒト膣炎のモデル動物作出のための霊長類の膣内細菌叢に関する研究
H24-B30
代:島田 将喜
野生ニホンザルのワカモノオスの群れ間移籍と社会関係の維持

論文
島田将喜(2014) 平成25年度 山ふる群(仮名)調査報告書:5.

学会発表
島田将喜 野生ニホンザルの社会的遊びのネットワーク(2013年10月12−13日) 第10回子ども学会学術集会(岡山県総社市 岡山県立大学).

島田将喜 野生ニホンザルの社会的遊びのネットワーク(2013年9月28日) 中部人類学談話会第219回例会(愛知県産業労働センター(ウインク愛知)15階 愛知県名古屋市).
H24-B31
代:三戸 幸久
厩猿習俗形態の変容とニホンザル観に関する研究

論文
Y.Mito and David S.Sprague(2012年) The Japanese and Japanese Monkey:Dissonant Neighbors Seeking Accommodation in a Shared Habitat. Developments in Primatology:Progress and Prospects The Macaque Connection(Cooperation end Conflict between Humans and Macaques):PP.33-52.
H24-B32
代:小松 英彦
協:郷田 直一
協:横井 功
協:岡澤 剛起
協:高木 正浩
協:鯉田 孝和
色盲ザルの色覚特性の行動学的研究

学会発表
鯉田孝和, 横井功, 岡澤剛起,三上章允, カンティAウィダヤティ, 宮地重弘, 小松英彦 遺伝子的に同定された1型2色覚サルの行動実験による色覚検査二色性マカクザルの行動実験による色覚テスト(2012.08.07) 日本視覚学会2012夏季大会(米沢).
H24-B33
代:齋藤 慈子
マーモセットにおける養育個体のオキシトシン濃度

学会発表
堀田英莉・齋藤慈子・中村克樹 コモンマーモセットの周産期における末梢オキシトシン濃度の変化(2012年7月7日) 日本霊長類学会第28回大会(愛知県名古屋市).
H24-B34
代:白尾 智明
協:児島 伸彦
協:梶田 裕貴
マーモセット脳におけるシナプス可塑性関連蛋白ドレブリンの免疫組織化学的解析
H24-B35
代:七田 芳則
協:大内 淑代
協:山下 高廣
霊長類網膜および脳におけるオプシン発現部位の解析
H24-B36
代:長谷 和徳
代:西澤 教之
加齢変化特性を考慮できるニホンザルの四足歩行計算機シミュレーション

論文

学会発表
Noriyuki Nishizawa, Kazunori Hase and Hisashi Naito Biochemical Analysis of the Foot Arch Function Using a Forward Dynamic Walking Simulation(2012年11月6日) International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(名古屋).

西澤教之,長谷和徳,内藤尚 順動力学シミュレーションによる歩行様式の生体力学分析(2013年3月16日) 日本機械学会関東支部第19期総会講演会(東京都八王子市).

H24-B36
代:西澤 教之
加齢変化特性を考慮できるニホンザルの四足歩行計算機シミュレーション

論文

学会発表
Noriyuki Nishizawa, Kazunori Hase and Hisashi Naito Biochemical Analysis of the Foot Arch Function Using a Forward Dynamic Walking Simulation(2012年11月6日) International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(名古屋).

西澤教之,長谷和徳,内藤尚 順動力学シミュレーションによる歩行様式の生体力学分析(2013年3月16日) 日本機械学会関東支部第19期総会講演会(東京都八王子市).

H24-B37
代:赤座 久明
中部山岳地域のニホンザル遺伝子モニタリング

学会発表
赤座久明、川本芳 中部山岳地域のニホンザル遺伝子モニタリング(2014年9月5日〜7日) 日本哺乳類学会2014年度大会(京都大学).
H24-B38
代:Janya Jadejaroen
"Discriminations of long-tailed (Macaca fascicularis), rhesus (M. mulatta) and hybrids between the two species using microsatellite DNA"
H24-B39
代:松岡 史朗
協:中山 裕理
下北半島脇野沢における野生ニホンザルの個体群動態と法面利用の関係

学会発表
眞野朋樹・望月 眞理子・穴原 玲子・中山裕理・小堀 睦・松岡 史朗・植田 富貴子 ニホンザルの体毛を用いた有害元素のモニタリング(平成25年3月28日〜30日) 第155回 日本獣医学会 学術集会(東京大学).
H24-B40
代:権田 彩
霊長類の各組織における味覚情報伝達物質の存在

論文
権田彩、松村秀一、齋藤正一郎、郷康広、今井啓雄(2013) Expression of taste signal transduction molecules in the caecum of common marmosets. Biology Letters 9:20130409. 謝辞あり

学会発表
権田彩、松村秀一、齋藤正一郎、郷康広、今井啓雄 Expression of taste receptor and taste signal transduction molecules in digestive tracts of common marmosets.(2012年10月3日-5日) 日本味と匂学会 第46回大会(大阪府吹田市).
H24-B41
代:大石 元治
協:荻原 直道
協:菊池 泰弘
協:小薮 大輔
類人猿における筋骨格モデル作成のための基礎的研究

論文
Motoharu Oishi, Naomichi Ogihara, Hideki Endo, Yumi Une, Nobutsune Ichihara, Masao Asari and Hajime Amasaki( 2012) Muscle dimensions of the foot in the orangutan and the chimpanzee Journal of Anatomy 221( 4): 311-317. 謝辞 あり

学会発表
大石元治、荻原直道、清水大輔、菊池泰弘、平崎鋭矢、江木直子、尼崎肇 大型類人猿の肘関節における一関節筋と二関節筋について( 2012年11月) 第66回日本人類学会大会( 神奈川県).

大石元治、荻原直道、遠藤秀紀、宇根有美、市原伸恒、浅利昌男、尼崎肇 オランウータンとチンパンジーの足部における筋形態について(2012年7月) 第28回日本霊長類学会大会(愛知県).

大石元治 四肢筋から考えるボノボを含めた大型類人猿の環境適応(2013年3月) 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(香川県).

関連サイト
日本獣医生命科学大学研究者紹介 http://tlo.nms.ac.jp/researcher/1383.html
H24-B42
代:那波 宏之
協:外山 英和
協:難波 寿明
霊長類における神経栄養因子の精神機能発達に与える影響

論文

関連サイト
新潟大学脳研究所 基礎神経科学部門 http://www.bri.niigata-u.ac.jp/~molecular/
H24-B43
代:Hsiu-hui Su
協:Hoi Ting Fok
Male dispersal of the Taiwanese macaque (Macaca cyclopis) in Ershui area of Taiwan

学会発表
Hsiu-hui Su Conservation on taiwanese macaques (Macaca cyclopis) in Taiwan(2012.8.29.) The 3rd Internation Symposium on Southeast Asian Primate Research(Bangkok, Thailand).
H24-B44
代:森田 航
霊長類における上顎第一大臼歯歯頚線の形態変異

論文

関連サイト
京都大学大学院理学研究科自然人類学研究室 http://anthro.zool.kyoto-u.ac.jp
H24-B45
代:堀田 英莉
協:三輪 美樹
協:渡辺 智子
マーモセットにおける乳幼児の音声とオキシトシン濃度
H24-B46
代:本川 智紀
MC1R遺伝子に着目したボノボの集団遺伝学的研究(予備検討)
H24-B47
代:田和 正志
協:岡村 富夫
低酸素化あるいは再酸素化がニホンザル血管機能に及ぼす影響

学会発表
田和 正志 低酸素化あるいは低酸素―再酸素化が冠状動脈における可溶性グアニル酸シクラーゼに及ぼす影響(2012年6月29,30日) 第12回日本NO学会学術集会(神戸).
H24-B48
代:坂牧 はるか
冷温帯スギ人工林におけるニホンザルの餌資源となる液果生産量の評価
H24-B49
代:小野 英理
協:石田 貴文
マカクの性皮腫脹に関する分子基盤研究

学会発表
小野英理(東京大院・理学),鈴木樹理(京都大・霊長研),石田貴文(東京大院・理学) マカク性皮の紅潮は血管動態の影響を受ける(2013年9月6-9日) 第29回日本霊長類学会大会(岡山).
H24-B50
代:佐伯 真美
伊豆大島に生息するタイワンザルの遺伝的多様性に関する研究
H24-B51
代:三上 章允
霊長類のおける髄鞘形成の評価研究
H24-B52
代:Kanthi Arum Widayati
協:Bambang Suryobroto
Categorization ability in color-blind long-tailed macaques

論文
Tsuji Y., Widayathi KA, Hadi I., Suryobroto B., Watanabe K.(2013) Identification of individual adult female Javan lutungs (Trachypithecus auratus sondaicus) by using patterns of dark pigmentation in the pubic area Primates 54(1):27-31.

学会発表
Widayati KA, Suryobroto B, Farajallah A, Mikami A Multiple levels of categorization in long-tailed macaque (Macaca fascicularis)(2012.7.6-7) 日本霊長類学会(椙山女学園大学).
H24-B53
代:高橋 琢哉
協:実木 享
協:多田 敬典
協:宮崎 智之
マーモセットにおける経験依存的AMPA受容体シナプス移行の観察
H24-B54
代:六波羅 聡
協:鈴木 義久
遺伝子解析による三重県内のニホンザルの個体群調査
H24-B55
代:澤野 啓一
類人猿の眼窩後壁と側頭壁に関する比較解剖学的研究

学会発表
Sawano Keiichi^1,3, Yokoyama Takaakira^4, Tanaka Takeshi^2, Kato Masahiro^2, Takahashi Tsuneo^1, Hagiwara Hiroaki^3, Inoue Tomio^3, Sato Mitsuru^4, Tateishi Kensuke^4, Kawahara Nobutaka^4 (^1 Kanagawa Dental College, ^2 Edogawa Hospital, ^3 Dept. Radiology, Yokohama City Univ. Sch. Med., ^4 Dept. Neurosurgery, Yokohama City Univ. Sch. Med.) Comparison of the running and caliber of the Canalis caroticus in humans and great apes. (2013年3月(演題登録済み、抄録提出済み)) The 118th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists (香川県高松市).
H24-B56
代:外丸 祐介
協:信清 麻子
協:畠山 照彦
一卵性多子ニホンザルの作製試験

学会発表
畠山照彦、信清麻子、西本瞳、野尻智子、外丸祐介 コモンマーモセットの体外受精における射出生死の採取手段および調整方法の検討(2013年5月15日) 日本実験動物学会(つくば).
H24-B57
代:Islamul Hadi
協:Bambang Suryobroto
Food seizing behavior of Japanese macaques

論文
Tsuji Y, Widayati KA, Hadi I, Suryobroto B, Watanabe K(2013) Identification of individual adult female Javan lutungs (Trachypithecus auratus sondaicus) by using patterns of dark pigmentation in the pubic area Primates 54(1):27-31.

Hadi I, Tsuji Y, Suryobroto B, Watanabe K(2013) Food-snatching behavior of free-ranging Japanese macaques observed on Shodoshima Island: a preliminary report Primates 54(2):153-158. 謝辞あり
H24-B58
代:森光 由樹
野生ニホンザル絶滅危惧孤立個体群のMHC遺伝子の解析
H24-B59
代:時田 幸之輔
ニホンザル仙骨神経叢の観察―特に胴体(胸部)の延長に関連した形態的特徴について―

論文
関谷詩穂実, 時田幸之輔, 澤田豊(2012.4) 半腱様筋腱使用による前十字靭帯再建術長期経過における膝屈筋群筋活動 理学療法科学 27:223-226.

学会発表
時田幸之輔 腰神経叢と胸部特異的肋骨形成(2013 年9月14 日) コ・メディカル形態機能学会第12 回学術集会(広島県呉市).

時田幸之輔,姉帯飛高 ニホンザル仙骨神経叢の観察?特に胴体( 胸部) の延長に関連した形態的特徴(2013年9月7日) 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会(岡山県岡山市).
H24-B60
代:小早川 令子
協:小早川 高
協:伊早坂 智子
協:松尾 朋彦
サルの匂いに対する先天的な恐怖反応の解析
H24-B61
代:Mukesh Chalise
Study on phylogeography of macaques and langurs in Nepal

学会発表
Mukesh Kumar Chalise New characters of Assamese monkeys i Nepal(2012.8.29.) The 3rd International Symposium on Southeast Asian Primate research(Bangkok, Thailand).
H24-B62
代:城ヶ原 ゆう
踵骨および距骨による新世界ザルの系統解析

論文
Yu Okuda Jogahara & Masahito Natori(2013) Talar maturity determined by epiphyseal closure of the calcaneus Folia Primatologica 84(1):11-17. 謝辞あり
H24-B63
代:大平 耕司
協:上野 友生
抗うつ薬によるマーモセット海馬歯状回顆粒細胞の脱成熟効果

論文

H24-B65
代:河野 礼子
狭鼻猿類の大臼歯内部形状の比較分析

論文
Reiko T. Kono, Yingqi Zhang, Changzhu Jin, Masanaru Takai, Gen Suwa(2014) A 3-dimensional assessment of molar enamel thickness and distribution pattern in Gigantopithecus blacki Quaternary International 354:46-51. 謝辞あり

Zhang Y, Kono RT, Wang W, Harrison T, Takai M, Ciochon RL, Jin C (2015) Evolutionary trend in dental size in Gigantopithecus blacki revisited. Journal of Human Evolution 83:91-100. 謝辞あり

Zhang Y, Jin C, Kono RT, Harrison T, Wang W.(2016) A fourth mandible and associated dental remains of Gigantopithecus blacki from the Early Pleistocene Yanliang Cave, Fusui, Guangxi, South China. Historical Biology 28:95-104.

学会発表
河野礼子・張穎奇・金昌柱・高井正成 中国南部の広西壮族自治区から出土した更新世大型類人猿遊離歯化石(2013年11月2日) 第67回日本人類学会大会(つくば).

河野礼子・張穎奇・金昌柱・高井正成・王?・Terry Harrison ギガントピテクス臼歯サイズの時代変化(2014年11月1日) 第68回日本人類学会大会(浜松).

Kono RT, Zhang Y, Jin C, Takai M, Wang W, Harrison T Size trend of the Gigantopithecus blacki tooth fossils from the Pleistocene cave deposits in southern China.(2014年10月23日) International Symposium on Paleoanthropology in Commemoration of the 85th Anniversary of the Discovery of the First Skull of Peking Man(Beijing,China).

Kono RT, Zhang Y, Jin C, Takai M, Wang W, Harrison T Size trend of the large hominoid tooth fossils from the Pleistocene cave deposits in southern China.(2014年8月15日) International Primatological Society XXV Congress(Hanoi, Vietnam).

H24-B66
代:小嶋 道之
野草の苦味・渋味成分含量とニホンザルの嗜好性との関連性について
H24-B67
代:安波 道郎
マカク属霊長類における感染症抵抗性の多型と表現型解析
H24-B68
代:清野 紘典
野生ニホンザル個体群の遺伝的交流に関する基礎研究
H24-B69
代:Lijie Yin
協:Dagong Qin
協:Jinxian Yao
DNA analysis of White Headed Langur and feeding plants

論文
Lijie Yin, Tong Jin, Kunio Watanabe, Dagong Qin, Dezhi Wang and Wenshi Pan(2012) Male attacks on infants and infant mortality during male takeovers in wild white-headed langurs (Trachypithecus leucocephalus)Integrative Zoology Integrative Zoology in press:DOI: 10.1111/1749-4877.12022.

Meng Yao, Lijie Yin, Lan Zhang, Lijun Liu, Dagong Qin, Wenshi Pan.(2012) Parturitions in Wild White-Headed Langurs (Trachypithecus leucocephalus) in the Nongguan Hills, China. Int J Primatol in press:DOI 10.1007/s10764-012-9625-0.
H24-B70
代:松岡 雅雄
協:安永 純一朗
協:三浦 未知
協:菅田 謙治
ニホンザルにおけるサルT細胞白血病ウイルスの動態の解析・免疫治療

論文

学会発表
三浦未知、田邊順子、菅田謙治、Teijun Zhao、齊藤暁、安永純一朗、明里宏文、松岡雅雄 サルT細胞白血病ウイルス1型のウイルス学的解析と病原性(2012年11月14日) ウイルス学会総会(大阪).

関連サイト
京都大学ウイルス研究所ウイルス制御研究領域 http://www.virus.kyoto-u.ac.jp/Lab/matsuoka.html
H24-B71
代:山本 博章
協:大垣 浩亮
協:田端 裕正
マカク体色遺伝子の構造解析
H24-B72
代:荻原 直道
ニホンザル関節受動抵抗特性のモデル化

論文
Ogihara, N., Oishi, M.(2012) Muscle dimensions in the Japanese macaque hand Primates 53:391-396.

学会発表
Ogihara, N., Saito, T., Takei, T., Seki, K. Inverse dynamic analysis of precision grip in the Japanese macaque based on a three-dimensional musculoskeletal model(Sep 11, 2014) The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(Yokohama, Japan).

荻原直道 ニホンザルの二足歩行から探る ヒトの二足歩行の力学と進化(Nov 21, 2013) 計測自動制御学会 中部支部 第4回制御理論 ワーキングセミナー(名古屋市千種区).

齋藤 剛,荻原 直道,武井 智彦,関 和彦 解剖学的筋骨格モデルに基づくニホンザル精密把握動作の逆動力学解析(Sept 12, 2012) 日本機械学会 2012年度年次大会(金沢市).

関連サイト
慶應義塾大学理工学部機械工学科 荻原研究室 www.ogihara.mech.keio.ac.jp/
H24-B74
代:千葉 敏雄
協:佐藤 洋明
協:柿本 隆志
協:田辺 良子
協:山下 紘正
サル胎仔肺低形成の子宮内回復−羊水過少による肺低形成モデル作成と成長因子解析

学会発表
山下紘正、柿本隆志、北角権太郎、長村伸一、田辺良子、大澤俊亮、鈴木樹里、大石芳江、千葉敏雄 磁気センサを用いた3D超音波ガイド下内視鏡手術ナビゲーションシステムの研究開発(2012年11月10日) 第4回小切開・鏡視外科学会(山形).
H24-B75
代:靄 周造
協:郡 健二郎
協:戸澤 啓一
協:安井 孝周
協:岡田 淳志
協:新美 和寛
サル類における腎結石の疫学研究と自然発症モデルの探索
H24-C3
代:束村 博子
分:大蔵 聡
協:前多 敬一郎
協:上野山 賀久
協:渡辺 雄貴
霊長類における排卵の制御機構に関する研究

学会発表
渡辺雄貴1,上野山賀久1,家田菜穂子1, 川原万季1,高瀬健志1,末富祐太1,鈴木樹理2,大蔵聡1, 前多敬一郎3, 束村博子1(1名大院生命農,2京大霊長研,3東大院農生命) 雌雄ニホンザルにおいてエストロジェンはKISS1ニューロンの活性化を介して黄体形成ホルモンのサージ状分泌を誘起する(H24年12月8日) 日本生殖内分泌学会(東京).

Watanabe, Y., Uenoyama, Y., Ieda, N., Kawahara, M., Takase, K.1 ; Suetomi, Y.1 ; Suzuki, J., Ohkura, S., Maeda, K.-I, Tsukamura, H. Involvement of kisspeptin neurons in the regulation of estrogen-induced luteinizing hormone surge in both sexes of the Japanese macaque (Macaca fuscata fuscata)(H24年11月6-9日) Second World Conference on Kisspeptin Signaling in the Brain(Tokyo).

渡辺雄貴1,上野山賀久1,家田菜穂子1, 末富祐太1,鈴木樹理2,大蔵聡1, 前多敬一郎3, 束村博子1(1名古屋大学生命農学研究科,2京都大学霊長類研究所, 3東大院農生命) ニホンザルのサージ状黄体形成ホルモン (LH)分泌におけるキスペプチンニューロンの役割(H24年9月5-8日) 日本繁殖生物学会(つくば).
H24-C4
代:浅川 満彦
分:後藤 俊二
分:萩原 克郎
分:村松 康和
分:岡本 実
協:渡辺 洋子
下北半島に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生虫症および感染症に関する疫学調査

論文

学会発表
浅川満彦、渡辺洋子、三觜 慶、石井奈穂美、羽山伸一、中西せつ子、近江俊徳、岡本宗裕 青森県および福島県に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生虫保有状況(予報)(2013年9月20-22日) 第156回日本獣医学会学術集会(岐阜大学).

渡辺洋子、三觜 慶、石井奈穂美、名切幸枝、羽山伸一、中西せつ子、近江俊徳、岡本宗裕、浅川満彦 青森県下北半島に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫保有状況(2013年8月29日〜9月1日) 第19回日本野生動物医学会大会(京都大学).

関連サイト
酪農学園大学、獣医寄生虫病学 http://www.rakuno.ac.jp/dep05/sec2/u3/askam.htm
H24-C5
代:高江洲 昇
分:柳川 洋二郎
協:伊藤 真輝
協:石橋 佑規
協:小林 真也
分:姜 成植
分:今田 康博
分:木下 ひより
分:小林 すみよ
ニホンザルの人工繁殖を目指した技術開発

学会発表
高江洲 昇 尿道カテーテル法を応用したニホンザルの精液採取(平成25年8月31日) 第19回野生動物医学会 京都大会(京都大学).
H24-C6
代:羽山 伸一
協:近江 俊徳
協:名切 幸枝
協:加藤 卓也
協:中西 せつ子
福島市に生息する野生ニホンザルの放射能被曝影響調査

論文
Shin-ichi Hayama, Sachie Nakiri, Setsuko Nakanishi, Naomi Ishii, Taiki Uno, Takuya Kato, Fumiharu Konno, Yoshi Kawamoto, Shuichi Tsuchida, Kazuhiko Ochiai, Toshinori Omi(2013) Concentration of Radiocesium in the Wild Japanese Monkey (Macaca fuscata) over the First 15 Months after the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster PLOS One 8(7): e68530. doi:10.1371/journal.pone.0068530. 謝辞謝辞あり
H24-D2
代:伊沢 紘生
協:中川 尚史
協:藤田 志歩
協:風張 喜子
協:川添 達朗
協:宇野 壮春
協:関 健太郎
協:三木 清雅
金華山島に生息する野生ニホンザルの個体数調査

論文
伊沢紘生(2012) 金華山・巨大地震後の集中豪雨と、サル、シカ、     放射能汚染-2011年10月以降の記録- 霊長類研究(28):69-76. 謝辞あり

伊沢紘生(2011) 東北地方太平洋沖地震と金華山とサル 霊長類研究(27):153-157. 謝辞あり

伊沢紘生(2010) 金華山のサルは何歳まで生きるか 宮城県のニホンザル(27):1-6.

伊沢紘生(2010) 金華山・あるオスザルの生涯 宮城県のニホンザル(27):7-14.

伊沢紘生(2009) 金華山のサル・メスの連続出産の頻度 宮城県のニホンザル(25):1-2.

学会発表
伊沢紘生 震災後1年を経た金華山のニホンザルとその研究の現状と課題(2012) 第28回日本霊長類学会・自由集会(椙山女学園).

藤田志歩 A群の特徴と今後の展望(2011年9月) 日本哺乳類学会2011年度大会自由集会「長期研究からわかること:金華案のシカとサルの生活史と個体群動態」(宮崎).

藤田志歩, 杉浦秀樹, 清水慶子 野生ニホンザルメスにおける発情の同調と交尾戦略(2011年9月) 日本哺乳類学会2011年度大会(宮崎).
H24-E1
代:村山 美穂
類人猿の神経伝達関連遺伝子の多様性解析

論文
Weiss A, King JE, Miho Inoue-Murayama M, Matsuzawa T, Oswald AJ Evidence for a 'Midlife Crisis' in Great Apes Consistent with the U-Shape in Human Well-Being. PNAS in press. 謝辞あり
H24-E2
代:和田 一雄
ニホンザルの生態学研究史(1)

論文
辻大和・和田一雄・渡邊邦夫(2012) 野生ニホンザルの採食する木本植物以外の食物 霊長類研究 28:21-48.

和田一雄 (2013) ??ジビエを食べれば「害獣」は減るのか―野生動物問題を解くヒント 八坂書房, 東京.

学会発表
辻大和・伊藤健彦・和田一雄・渡邊邦夫 野生ニホンザル Macaca fuscata の食性と生息環境との関係(2014年9月) 日本哺乳類学会(京都).

辻大和・伊藤健彦・和田一雄・渡邊邦夫 野生ニホンザル Macaca fuscata の食性と生息環境との関係(2014年7月) 日本霊長類学会(大阪).
H24-E3
代:杉田 昌彦
協:森田 大輔
脂質を標的としたサル免疫システムの解明

論文
Daisuke Morita, Yukie Yamamoto, Juri Suzuki, Naoki Mori, Tatsuhiko Igarashi, and Masahiko Sugita(2013) Molecular requirements for T cell recognition of N-myristoylated peptides derived from the simian immunodeficiency virus Nef protein. Journal of Virology 87(1):482-488. 謝辞あり
H24-E4
代:中山 裕之
代:内田 和幸
代:チェンバーズ ジェイムズ
老齢脳におけるタウ蛋白質の発現分子種およびリン酸化に関する比較病理学的研究

論文

関連サイト
東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室 http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/vphome/vp.htm
H24-E4
代:内田 和幸
老齢脳におけるタウ蛋白質の発現分子種およびリン酸化に関する比較病理学的研究

論文

関連サイト
東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室 http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/vphome/vp.htm
H24-E4
代:チェンバーズ ジェイムズ
老齢脳におけるタウ蛋白質の発現分子種およびリン酸化に関する比較病理学的研究

論文

関連サイト
東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室 http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/vphome/vp.htm
H24-E5
代:川合 伸幸
サルの表情伝染に関する研究

論文
Kawai, N., Kubo, K., Masataka, N., & Hayakawa, S.( 2015) Conserved evolutionary history for quick detection of threatening faces. Animal Cognition:DOI 10.1007/s10071-015-0949-y.
H24-E6
代:松原 幹
ニシローランドゴリラにおけるメスとの共存にむけた社会的発達研究

学会発表
Miki Matsubara INFLUENCE OF GROUP STRUCTURES FOR DEVELOPMENT OF PLAYING BEHAVIORS AND SOCIAL SKILLS IN CAPTIVE WESTERN LOWLAND GORILLAS.( 11-16 August, 2014) IPS XXV Congress( Hanoi, Vietnam).

松原幹 ニシローランドゴリラの遊びの誘いかけ行動と家族構造の関連( 2013年9月7日)  第29回日本霊長類学会大会( 岡山).

 松原 幹 ニシローランドゴリラの遊び行動に与える家族構造の影響( 2012年7月8日)  第28回日本霊長類学会大会( 名古屋).
H24-E7
代:保坂 和彦
野生チンパンジーのアルファ雄の肉分配に関する研究

論文
保坂和彦(2013) 野生チンパンジーの長期研究から見えてくるもの―狩猟・肉食行動をめぐって― 生物科学 64(2):76―84. 謝辞あり
H24-E8
代:Molly Przeworski
協:Wynn Meyer
協:Sachiko Hayakawa
協:Sidi Zhang
The genetic basis of blue eyes in primates

論文
Meyer W, Zhang S, Hayakawa S, Imai H, Przeworski M(2013) The convergent evolution of blue iris pigmentation in primates took distinct molecular paths. American Journal of Physical Anthropology 151:398-407. 謝辞有り

学会発表
Meyer WK*, Zhang S*, Hayakawa S, Imai H, and M Przeworski. *contributed equally Convergent evolution of blue eye pigmentation in primates. (July 2012) the Evolution meeting 2012(Ottawa, ON, Canada).
H24-E9
代:清水 慶子
類人猿の糞尿を用いた新たな生理指標の評価法の開発
H24-E10
代:松永 英治
協:入來 篤史
協:南部 菜奈恵
霊長類の大脳皮質拡大と認知機能進化の分子機構を探る研究
H24-E11
代:原 英彰
協:嶋澤 雅光
協:中村 信介
コモンマーモセットを用いた加齢黄斑変性症に伴う網膜血管新生の発症機序の解明
H24-E12
代:渡我部 昭哉
協:高司 雅史
協:竹本 篤史
協:尾上 浩隆
協:横山 ちひろ
遺伝子ノックダウンマーモセットの行動解析
H24-E13
代:三坂 巧
協:石丸 喜朗
協:戸田 安香
霊長類における旨味受容体T1R1/T1R3のアミノ酸応答性の評価

学会発表
戸田安香 発光検出系を用いた旨味受容体T1R1/T1R3のリガンド認識機構の解明(2014年12月5日) 細胞センサーの分子機構・相互関連・ネットワーク研究会(生理学研究所).

Yasuka Toda, Tomoya Nakagita, Takashi Hayakawa, Shinji Okada, Masataka Narukawa, Hiroo Imai, Yoshiro Ishimaru, Takumi Misaka. Two Distinct Determinants of Ligand Specificity in T1R1/T1R3(2014年4月9−12日) AChemS XXXVI(Bonita Springs, Florida).
H24-E14
代:纐纈 大輔
クロリンe6の逆行性輸送と光反応による投射選択的神経破壊法の開発
H24-E15
代:尾崎 紀夫
協:Aleksic Branko
協:Itaru Kushima
High resolution CNV screening study in Japanese macaque

論文

関連サイト
精神科・親と子どもの心療科 http://www.med.nagoya-u.ac.jp/seisin/index.html
H24-E16
代:松永 民秀
協:中村 克徳
協:岩尾 岳洋
協:佐藤 大介
協:小玉 菜央
協:奥村 啓樹
協:鵜飼 茜
チンパンジーiPS細胞の樹立と薬物動態研究への応用
H24-E17
代:小松 勇介
協:渡邉 朗野
協:兼子 明久
腸内細菌叢について霊長類の種間・群間比較
H24-E18
代:大島 一彦
協:松村 研哉
霊長類のみに存在する新規遺伝子PIPSLの進化や機能の解明

学会発表
松村研哉,郷 康広,大島一彦 新生遺伝子の転写調節機構の獲得と進化(2012/8/21) 日本進化学会(東京).

松村研哉,鈴木彩水,郷 康広,大島一彦 cis制御配列変異と新たな転写調節システム誕生の関係(2012/12/11) 日本分子生物学会(福岡).
H24-E19
代:鈴木 良雄
協:鯉渕 絵里
協:五十嵐 庸
協:長岡 功
協:横山 和仁
協:松川 岳久
協:櫻庭 景植
協:門屋 遥香
協:広沢 正孝
協:川田 裕次郎
生活習慣とAMY1遺伝子多型との関連

学会発表
鯉渕絵里、鈴木良雄、池田啓一、中村恭子、小林唯、都築孝允、長嶋泰生 唾液アミラーゼ遺伝子(AMY1)のコピー数とアミラーゼ活性との関係(2013年3月16日) 日本健康体力栄養学会(大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス(大阪)謝辞:発表時に言及).

鯉渕絵里、鈴木良雄、小林唯 唾液アミラーゼ遺伝子(AMY1)のコピー数とアミラーゼ活性との関係(2013年9月12〜14日) 第60回日本栄養改善学会学術総会(神戸・神戸国際会議場).

鯉渕絵里、鈴木良雄、小林唯 唾液アミラーゼ遺伝子(AMY1)のコピー数とアミラーゼ活性との関係(2013年9月12〜14日) 第60回日本栄養改善学会学術総会(神戸・国際会議場).
H24-E20
代:颯田 葉子
協:川嶋 彩夏
協:乾 こゆる
霊長類皮膚発現遺伝子の進化遺伝学的解析
H24-E21
代:岩本 和也
協:文東 美紀
協:須永 史子
霊長類脳神経系のエピゲノム進化に関する研究
H24-E22
代:加賀谷 美幸
霊長類の前肢帯骨格の運動解析

学会発表
加賀谷美幸,濱田穣,青山裕彦 麻酔下マカクザルにおける前肢帯骨格の可動域計測の試み(2013年3月28日〜30日) 第118回日本解剖学会全国学術集会(香川県高松市).
H24-E23
代:平岡 満里
霊長類における緑内障発症メカニズムの解明

論文
Mari Hiraoka,Teiko Kuroda,Kenichi Inoue,Haruki Senoo,Masahiko Takada(2013) Developmental anatomy in the zonular connection with lens capsule in macaque eye Anat Rec 296(5):726-735.
H24-E24
代:加藤 彰子
協:Tanya Smith
協:Nancy Tang
ニホンザルにおける歯の組織構造と成長

学会発表
加藤彰子、Amanda Papakyrikos、Nancy Tang、國松豊、Katie Hinde、Ellen Miller、大野紀和、Tanya Smith マカク属における大臼歯エナメル質の厚み(平成24(2012)年11月4日) 第66回日本人類学会大会(神奈川県横浜市).
H24-E25
代:宇田川 潤
協:本間 智
手指のtriple-ratioを用いた霊長類の把握機能の解析

論文

学会発表
玉川俊広、犬伏俊郎、本間智、木村智子、日野広大、新田哲久、重歳憲治、椎野顯彦、小森優、森川茂廣、宇田川潤 樹上性霊長類における手の構造と機能(2014年3月27日) 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(栃木県下野市).

H24-E26
代:小柳 義夫
協:佐藤 佳
協:小林 朋子
協:柴田 潤子
協:福原 充子
協:三沢 尚子
HIV-1適応進化過程の解明
H24-E28
代:大西 暁士
網膜神経細胞のサブタイプ形成を担う分子群の霊長類における発現パターンの解析