ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ


H29
論文 17 報 学会発表 67 件
H29-A1
代:Aye Mi San
Conservation genetics of Myanmar’s macaques: a phylogeographical approach

学会発表
Aye Mi San Temple monkeys and their present situation in Myanmar( November 9, 2017) Workshop on Myanmar Biodiversity and Wildlife Conservation funded by Norwegian Environment Agency( Department of Zoology , University of Yangon, Myanmar).

Aye Mi San, Hiroyuki Tanaka & Yuzuru Hamada Anthropogenic activities on non-human primates in Mon State, Myanmar(December 5-9, 2017) 7th Asian Vertebrate International Symposium(University of Yangon, Myanmar).
H29-A2
代:南本 敬史
協:平林 敏行
協:永井 裕司
協:堀 由紀子
協:藤本 淳
脳活動制御とイメージングの融合技術開発

学会発表
Atsushi Fujimoto, Yukiko Hori, Yuji Nagai, Kevin W McCairn, Toshiyuki Hirabayashi, Masahiko Takada, Tetsuya Suhara, Takafumi Minamimoto Predicted reward value in the rostromedial caudate and the ventral pallidum for goal-directed action in monkeys. (2017.7.22) 日本神経科学学会(幕張).

Y. NAGAI1, B. JI1, Y. XIONG2, J. G. ENGLISH3, J. LIU2, Y. HORI1, K.-I. INOUE4, T. HIRABAYASHI1, A. FUJIMOTO1, C. SEKI1, K. KUMATA1, M.-R. ZHANG1, T. SUHARA1, M. TAKADA4, M. HIGUCHI1, B. L. ROTH3, J. JIN2, T. MINAMIMOTO1 A novel PET ligand for visualizing DREADD expression in the monkey brain(2017.10.5) 日本核医学学会(横浜).

Y. NAGAI1, B. JI1, Y. XIONG2, J. G. ENGLISH3, J. LIU2, Y. HORI1, K.-I. INOUE4, T. HIRABAYASHI1, A. FUJIMOTO1, C. SEKI1, K. KUMATA1, M.-R. ZHANG1, T. SUHARA1, M. TAKADA4, M. HIGUCHI1, B. L. ROTH3, J. JIN2, T. MINAMIMOTO1 A novel PET ligand for visualising cellular and axonal DREADD expression in monkeys(2017.11.12) Society for Neuroscience(Washington DC).

南本 敬史1、三村 喬生1、永井 裕司1、井上 謙一2、須原 哲也1、高田 昌彦2 化学遺伝学とPETイメージングの融合による黒質線条体ドーパミン神経活動制御(2018.1.18) 日本マーモセット研究会.

Takafumi Minamimoto PET imaging-guided chemogenetic manipulation of reward-related circuits in monkeys.(2018.2.12) Advances in Brain Neuromodulation(Roma).
H29-A3
代:松本 正幸
協:山田洋
マカクザル外側手綱核の神経連絡
H29-A4
代:関 和彦
協:大屋 知徹
協:梅田 達也
協:工藤 もゑこ
協:窪田 慎治
協:戸松 彩花
複数骨格筋への単シナプス性発散投射構造の解剖学的同定
H29-A5
代:平松 千尋
協:山下 友子
協:中島 祥好
協:上田 和夫
霊長類における音声コミュニケーションの進化および発達過程の研究

論文

関連サイト
九州大学 芸術工学研究院 感性多様性研究室 http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~divsense/
H29-A6
代:Kurnia Ilham
The effects of the physical characteristics of seeds on gastrointestinal passage time in captive long-tailed macaques
H29-A7
代:桃井 保子
協:花田 信弘
協:今井 奨
協:岡本 公彰
協:齋藤 渉
協:宮之原 真由
チンパンジーの口腔内状態の調査と歯科治療法の検討

論文

学会発表
齋藤渉,兼子明久,宮部貴子,友永雅己,桃井保子 京都大学霊長類研究所のチンパンジー1個体に生じた外傷歯に対する歯科処置と術後6年の経過(2017.6.8-9) 日本歯科保存学会2017年度学術大会(第146回)(リンクステーションホール青森).

関連サイト
鶴見大学歯学部 保存修復学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/clinic/270

鶴見大学歯学部 探索歯学講座 講座案内 http://dent.tsurumi-u.ac.jp/guide/course/basic/343
H29-A9
代:河野 礼子
オランウータン臼歯表面の皺を数量化する
H29-A10
代:森本 直記
化石頭蓋形態の推定モデルの作成と検証
H29-A11
代:宇賀 貴紀
代:三枝 岳志
協:須田 悠紀
判断を可能にする神経ネットワークの解明
H29-A11
代:三枝 岳志
判断を可能にする神経ネットワークの解明
H29-A12
代:藤山 文乃
協:苅部 冬紀
協:中野 泰岳
協:緒方 久実子
協:東山 哲也
霊長類の皮質ー基底核ー視床ループの形態学的解析

論文
Yoon-Mi OhFuyuki KarubeSusumu TakahashiKenta KobayashiMasahiko TakadaMotokazu UchigashimaMasahiko WatanabeKayo NishizawaKazuto KobayashiFumino Fujiyama(2017) Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations Brain Structure and Function 222:2359-2378.

H29-A13
代:石垣 診祐
協:遠藤 邦幸
FUS抑制マーモセットモデルにおける高次脳機能解析
H29-A14
代:齋藤 亜矢
芸術表現の霊長類的基盤に関する研究
H29-A15
代:田中 真樹
協:竹谷 隆司
協:鈴木 智貴
協:亀田 将史
行動制御における皮質下領域の機能解析
H29-A16
代:福田 真嗣
協:福田 紀子
協:村上 慎之介
協:伊藤 優太郎
協:石井 千晴
脳機能におよぼす腸内細菌叢の影響
H29-A17
代:Tshewang Norbu
Ecological and phylogeographical study on Assamese macaques in Bhutan
H29-A18
代:橋本 均
協:中澤 敬信
協:笠井 淳司
長類脳の全細胞イメージングと神経回路の全脳解析

論文
Kaoru Seiriki, Atsushi Kasai, Takeshi Hashimoto, Wiebke Schulze, Misaki Niu, Shun Yamaguchi, Takanobu Nakazawa, Ken-ichi Inoue, Shiori Uezono, Masahiko Takada, Yuichiro Naka, Hisato Igarashi, Masato Tanuma, James A. Waschek, Yukio Ago, Kenji F. Tanaka, Atsuko Hayata-Takano, Kazuki Nagayasu, Norihito Shintani, Ryota Hashimoto, Yasuto Kunii, Mizuki Hino, Junya Matsumoto, Hirooki Yabe, Takeharu Nagai, Katsumasa Fujita, Toshio Matsuda, Kazuhiro Takuma, Akemichi Baba, Hitoshi Hashimoto(2017) High-Speed and Scalable Whole-Brain Imaging in Rodents and Primates Neuron 94(6):1085-1100.

学会発表
Atsushi KASAI, Kaoru SEIRIKI, Takeshi HASHIMOTO, Misaki NIU, Shun YAMAGUCHI, Yuichiro NAKA, Hisato IGARASHI, Masato TANUMA, Takanobu NAKAZAWA, Ken-ichi INOUE, Masahiko TAKADA, Katsumasa FUJITA, Hitoshi HASHIMOTO FAST, High-speed serial-sectioning imaging for whole brain analysis with high scalability(2017年11月13日) Neuroscience2017(ワシントンDC(米国)).

Atsushi Kasai FAST, high-speed serial-sectioning imaging for whole-brain analysis with high-scalability(2018年3月10日) 日本薬理学会関東部会(次世代薬理学セミナー)(東京).
H29-A19
代:南部 篤
協:畑中 伸彦
協:知見 聡美
協:佐野 裕美
協:長谷川 拓
協:纐纈 大輔
協:若林 正浩
協:Woranan Wongmassang
協:Zlata Polyakova
遺伝子導入法による大脳基底核疾患の病態に関する研究
H29-A21
代:筒井 健一郎
協:大原 慎也
協:中村 晋也
協:細川 貴之
サル内側前頭葉を起点とする領域間回路の解析とうつ病モデルの創出
H29-A22
代:石田 裕昭
協:西村 幸男
マカクザル前頭極の多シナプス性ネットワークの解明
H29-A23
代:伊村 知子
ヒトとチンパンジーにおける「平均」の知覚に関する比較認知研究
H29-A24
代:Islamul Hadi
Hot-spring bathing Behavior of Long-Tailed Macaques and Japanese Macaques: A Comparative Study
H29-A25
代:Hao Luong Van
Phylogeograpical study of the slow loris for conservation and reintroduction

学会発表
Tanaka H, Luong HV, San AM, Hamada Y Development of a mitochondrial marker for conservation genetics of slow loris(2017.7.15-17) 日本霊長類学会大会(福島市).
H29-A26
代:諏訪 元
協:佐々木 智彦
協:小籔 大輔
協:清水 大輔
人類出現期に関わる歯と頭蓋骨の形態進化的研究
H29-A27
代:植木 孝俊
協:尾内 康臣
高等霊長類成体脳神経新生の動態と機能のin vivo解析技術の創出
H29-A28
代:小林 和人
協:菅原 正晃
協:加藤 成樹
協:渡辺 雅彦
協:内ヶ島 基政
協:今野 幸太郎
ウイルスベクターを利用した神経回路操作技術による霊長類脳機能の解明
H29-B1
代:島田 将喜
協:古瀬 浩史
協:坂田 大輔
奥多摩湖周辺の野生ニホンザル「山ふる群」の調査と環境教育
H29-B2
代:Heui-Soo Kim
協:Hee-Eun Lee
Epigenomics and Evolutionary Analysis of HERV-K LTR elements in various primates

論文
Yi-Deun Jung, Hee-Eun Lee, Ara Jo, Imai Hiroo, Hee-Jae Cha, Heui-Soo Kim( 2017) Activity analysis of LTR12C as an effective regulatory element of the RAE1gene Gene 634: 22-28.

学会発表
Hee-Eun Lee, Hee-Jae Cha, Imai Hiroo, Heui-Soo Kim Comparison of Human Endogenous Retrovirus K Expression in Various Tissues of Primates and Humans( 2017.02.08-2017.02.10) The 13th KOGO winter Symposium 2017( HongCheon, Republic of Korea).

Hee-Eun Lee, Hee-Jae Cha, Takashi Hayakawa, Imai Hiroo, Heui-Soo Kim Correlation of Human Endogenous Regrovirus K (HERV-K) Expression in Various Tissues of Primates and Human( 2017.08.03-2017.08.04) The 58th Annual Meeting and International Symposium of Korean Society of Life Science( Gyeongju, Republic of Korea).

Hee-Eun Lee, Hee-Jae Cha, Takashi Hayakawa, Imai Hiroo, Heui-Soo Kim Analysis of Human Endogenous Retrovirus K (HERV-K) Expression in Primates and Human( 2017.08.09-2017.08-10) The 72th Annual Meeting of The Korean Association of Biological Sciences(Yongin, Republic of Korea).

Hee-Eun Lee, Hee-Jae Cha, Takashi Hayakawa, Imai Hiroo, Heui-Soo Kim Human Endogenous Retrovirus K (HERV-K) Expression in Primates including Human( 2017.10.26-2017.10.27) International Conference of the Genetics Society of Korea 2017( Seoul, Republic of Korea).

Hee-Eun Lee, Yi-Deun Jung, Yuri Choi, Hee-Jae Cha, Heui-Soo Kim Activity Analysis of an LTR12C as a productive regulatory element in RAE1 Gene( 2017.10.26-2017.10.27) International Conference of the Genetics Society of Korea 2017( Seoul, Republic of Korea).
H29-B3
代:古川 貴久
協:大森 義裕
協:茶屋 太郎
霊長類の網膜の形成と維持を制御する分子機能の解析
H29-B5
代:佐藤 佳
協:小柳 義夫
協:三沢 尚子
協:中野 雄介
協:中川 草
協:上田 真保子
霊長類ゲノム解析を通したウイルス感染制御遺伝子の進化に関する研究
H29-B6
代:城戸 瑞穂
協:合島 怜央奈
協:吉本 怜子
口腔における感覚受容機構の解明
H29-B7
代:山下 俊英
協:貴島 晴彦
サル脊髄損傷モデルを用いた軸索再生阻害因子とその抗体による神経回路修復に関する研究
H29-B8
代:浅川 満彦
協:萩原 克郎
東北および四国地方に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生虫症および感染症に関する疫学調査

論文
浅川満彦・外平友佳理・岡本宗裕(2017) 輸入サル類の潜在的な寄生虫病-特に、医学用実験動物として利用されるカニクイザル Macaca fascicularis の検疫中に斃死した事例を参考に エキゾチックペット研究会誌 19:17-20. 謝辞有り

学会発表
浅川満彦, 羽山伸一, 岡本宗裕 ニホンザル(Macaca fuscata)における寄生蠕虫相の概要-特に、最近の東日本における調査から判明した地理的分布域に関して(2017年4月9日) 第72回日本生物地理学会年次大会(東京大学弥生キャンパス).

浅川満彦, 羽山伸一, 岡本宗裕 東日本におけるニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫相(概要)(2017年7月15-17日) 第33回日本霊長類学会大会(福島).

関連サイト
酪農学園大学野生動物医学センター公式フェースブック https://www.facebook.com/mitsuhiko.asakawa
H29-B9
代:伊藤 浩介
サル類における聴覚事象関連電位の記録

学会発表
伊藤浩介、禰占雅史、鴻池菜保、中村克樹、中田力 聴覚機能の進化:ヒトとアカゲザルにおける無侵襲頭皮上聴覚誘発電位記録による検討(2017.12.3) 日本基礎心理学会第36回大会(茨木市).

伊藤浩介 皮上脳波記録で探る聴覚皮質機能の進化(2017年12月19日) 第47回ホミニゼーション研究会(犬山市).

Itoh K, Nejime M, Konoike N, Nakamura K, Nakada T. Musical chord change detection in the macaque monkey is hindered by insertion of silent gaps between chords: a scalp ERP study.( 2017年11月14日) Neuroscience 2017 (Society for Neuroscience 47th Annual Meeting)( Washington DC).

Kosuke Itoh Evolutionary elongation of the time window of auditory cortical processing(2018年1月11日) Post-Symposium of the 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics: Perception and the Brain(福岡市).

伊藤浩介 霊長類聴覚機能の種差:ヒトとマカクにおける頭皮上脳波記録による検討(2018年3月6日) 第 7 回 新潟脳研-霊長研-生理研合同シンポジウム(愛知県岡崎市).
H29-B10
代:中務 真人
協:森本 直記
協:野村 嘉孝
協:小林 諭史
協:芳賀 恒太
大型類人猿における手首・大腿部の可動性の検証
H29-B11
代:荻原 直道
協:大石 元治
ニホンザル二足・四足歩行運動の運動学的・生体力学的解析

論文
荻原直道(2017) 解剖学的筋骨格モデルによるヒト二足歩行運動の計算機シミュレーション バイオマテリアル−生体材料− 35(3):173-179.

学会発表
荻原直道 踵骨形態と直立二足歩行の進化(2017年11月5日) 第71回日本人類学会大会(東京都文京区).

荻原直道 ニホンザル二足歩行の力学から探るヒトの進化(2018年3月5日) 日本学術会議第3回理論応用力学シンポジウム〜力学と知能の融合:古典力学の新潮流〜(東京都港区).

関連サイト
慶應義塾大学理工学部機械工学科 荻原研究室 www.ogihara.mech.keio.ac.jp/
H29-B12
代:William Sellers
The comparative biomechanics of the primate hand
H29-B13
代:岩槻 健
協:熊木 竣佑
協:中嶋 ちえみ
霊長類由来ex vivo培養系を用いた消化管細胞機能の解析

学会発表
中嶋ちえみ、難波みつき、熊木 竣佑、大木 淳子、今井 啓雄、山根 拓実、大石 祐一、岩槻 健 霊長類味蕾オルガノイド培養系の確立(2017/9/26) 日本味と匂学会第51回大会(神戸国際会議場).

熊木竣佑、今井啓雄、粟飯原永太郎、山根拓実、大石祐一、岩槻健 サル消化管オルガノイドを用いた味細胞様細胞の解析(2017/9/26) 日本味と匂学会第51回大会(神戸国際会議場).

岩槻健 マウスとサルの味蕾オルガノイド培養系(2017/9/26) 日本味と匂学会第51回大会(神戸国際会議場).

岩槻健 オルガノイド培養系を用いた味蕾および消化管の機能解析(2017/6/29) 実験病理組織技術研究会第24回総会・学術集会(タワーホール船堀).

熊木竣佑、大木淳子、山田夏美、今井啓雄、粟飯原永太郎、山根拓実、大石祐一、岩槻健 サル消化管オルガノイド作製と味細胞様細胞への分化誘導(2017/5/20) 第71回日本栄養・食糧学会大会(沖縄コンベンションセンター).
H29-B14
代:中村 浩幸
外側膝状体から頭頂葉視覚連合野への直接視覚入力回路の形態学的解明
H29-B15
代:棒 洋二郎
協:永野 昌志
協:盥晶 昇
協:菅野 智裕
協:坂口 謙一郎
マカク属における精液凍結保存方法の改善と人工授精技術開発

論文
Fukuda K, Inoguchi Y, Ichiyanagi K, Ichiyanagi T, Go Y, Nagano M, Yanagawa Y, Takaesu N, Ohkawa Y, Imai H, Sasaki H(2017) Evolution of the sperm methylome of primates is associated with retrotransposon insertions and genome instability Human Molecular Genetics 26(18):3508-3519. 謝辞あり

学会発表
棒醉瞭麩此⊃野智裕、南晶子、兼子明久、印藤頼子、佐藤容、木下こづえ、岡本宗裕、片桐成二、永野昌志 ニホンザルにおける排卵誘起処理を伴う単回人工授精プログラムの検討(2017.9.13-15) 第160回日本獣医学会学術集会(鹿児島市).

棒醉瞭麩此⊃野智裕、兼子明久、印藤頼子、佐藤容、木下こづえ、今井啓雄、平井啓久、片桐成二、永野昌志、岡本宗裕 ペレット法により凍結したニホンザル精液に対する融解法の違いが精子性状に与える影響(2017.11.1-2) Cryopreservation conference 2017(つくば市).
H29-B16
代:笹岡 俊邦
協:藤澤 信義
協:前田 宜俊
協:小田 佳奈子
協:中尾 聡宏
協:崎村 建司
協:中務 胞
協:夏目 里恵
異種間移植によるマーモセット受精卵の効率的作成方法の開発研究

論文

学会発表
前田宜俊, 中務 胞, 三輪美樹, 宮本 純, 小田佳奈子, 藤澤信義, 夏目里恵, 中尾聡宏, 神保幸弘, 田中 稔, 山本美丘, 坪井広樹, 阿部光寿, 村建司, 中村克樹, 笹岡俊邦 マーモセット卵巣のマウスへの移植と 卵胞刺激ホルモン投与による移植卵巣の成熟(2017年7月28日) 新潟大学脳研究所 第47回(2017)新潟神経学夏期セミナー(新潟市 ).

宮本 純 異種間移植マーモセット卵巣由来卵子を用いた受精卵の効率的作成法の検討(2017年10月年10月5日) 第24回みかんの会(新潟市 新潟大学医療人育成センター).

宮本 純 異種間移植マーモセット卵巣を用いた受精卵の効率的作成法の検討(2018年3月6-7日) 第7回 生理研?霊長研?脳研合同シンポジウム(愛知県岡崎市 生理学研究所).

H29-B17
代:森光 由樹
遺伝情報によるニホンザル地域個体群の抽出と保全単位の検討
H29-B18
代:佐藤 暢哉
協:林 朋広
コモンマーモセットにおける空間認知
H29-B19
代:持田 浩治
観察学習による警告色の進化プロセスに関する実験的研究
H29-B20
代:岡澤 均
協:陳 西貴
協:藤田 慶大
協:田川 一彦
協:泰羅 雅登
協:勝山 成美
マーモセット疾患モデルを用いた神経回路障害ならびに分子病態の解析および治療法の開発
H29-B22
代:小林 諭史
ヒト上科の成長に伴う骨格のプロポーション変化

学会発表
小林諭史, 森本直記, 西村剛, 山田重人, 中務真人 ヒトおよび現生大型類人猿の四肢の相対成長(2017年7月16日) 第33回日本霊長類学会大会(福島).

小林諭史, 森本直記, 西村剛, 山田重人, 中務真人 ヒト科における生後の四肢相対成長(2017年11月3日) 第71回日本人類学会大会(東京).
H29-B23
代:羽山 伸一
協:中西 せつ子
協:名切 幸枝
協:石井 奈穂美
福島市に生息する野生ニホンザルの放射能被曝影響調査

論文
Hayama S. Nakiri S, Nakanishi S, et al.(2017) Small head size and delayed body weight growth in wild Japanese monkey fetuses after the Fukushima Daiichi nuclear disaster. Scientific Reports(7):3528. 謝辞あり
H29-B24
代:橋 香奈
サル類およびチンパンジーにおけるヘリコバクター感染に関する研究
H29-B25
代:藤本 明洋
全ゲノムシークエンスデータ解析に基づく解析困難領域の同定と遺伝的多様性の解析
H29-B26
代:那波 宏之
協:難波 寿明
霊長類における神経栄養因子の精神機能発達に与える影響
H29-B27
代:國松 豊
アフリカ中新世霊長類化石の形態学的研究

論文
Kunimatsu, Y., Sawada, Y., Sakai, T., Saneyoshi, M., Nakaya, H., Yamamoto, A., and Nakatsukasa, M.(2017) The latest occurrence of the nyanzapithecines from the early Late Miocene Nakali Formation in Kenya, East Africa Anthropological Science 125(2):45-51. 謝辞あり

Kunimatsu, Y., Tsujikawa, H., Nakatsukasa, M., Shimizu, D., Ogihara, N., Kikuchi, Y., Nakano, Y., Takano, T., Morimoto, N., and Ishida, H.(2017) A new species of Mioeuoticus (Lorisiformes, Primates) from the early Middle Miocene of Kenya. Anthropological Science 125(2):59-65. 謝辞あり

学会発表
國松 豊 アフリカ後期中新世化石産地ナカリから新たに発見された大型類人猿化石(2017年11月5日) 第71回日本人類学会大会(東京).
H29-B28
代:佐藤 真伍
飼育下のニホンザルおよびアカゲザルにおけるBartonella quintanaの分布状況とその遺伝子系統
H29-B29
代:佐々木 基樹
協:近藤 大輔
霊長類後肢骨格の可動性
H29-B30
代:小倉 淳郎
協:越後貫 成美
マーモセット幼若精細管のマウスへの移植後の精細胞発生の観察

学会発表
越後貫成美、葛西 秀俊、井上 弘貴、饗場 篤、小倉 淳郎 発生工学的手法を用いたマーモセット世代短縮技術の開発(2017/5/26) 日本実験動物学会(郡山市(福島県)).

越後貫成美、葛西秀俊、井上弘貴、饗場 篤、小倉淳郎 Shortning the marmoset intergeneration time using immature spermatozoa(2017/9/27) Fourth World Congress of Reproductive Biology(宜野湾(日本)).
H29-B31
代:久世 濃子
協:五十嵐 由里子
類人猿における骨盤の耳状面前溝の性差および種差

学会発表
久世濃子 類?猿にも妊娠出産痕があるのか?類?猿における?盤の?状?前溝?(2017年9月10日) 日本哺乳類学会2017年度大会(富山県富山市).
H29-B32
代:Yun Yang
Behavioral ecology of parasite infection in wild rhesus macaques in Southern China
H29-B33
代:Mohammed Znari
"Nutritional Ecology of crop-raiding Barbary macaques, Macaca sylvanus in the High Ourika valley, western High Atlas, Morocco"
H29-B34
代:外丸 祐介
協:信清 麻子
協:畠山 照彦
一卵性多子ニホンザルの作製試験

学会発表
外丸祐介、信清麻子 サル類における体外培養系受精卵の作製について(2017年10月13日) 第51回日本実験動物技術者協会総会(山形).

外丸祐介、信清麻子、岡本宗裕 サル類の体外培養系受精卵の作製について(2017年12月2日) 第35回動物生殖工学研究会(川崎).

外丸祐介、信清麻子、岡本宗裕 サル類における基盤的発生工学技術と凍結保存技術について(2018年1月16日) 第7回日本マーモセット研究会大会(京都).
H29-B35
代:筒井 健夫
協:小林 朋子
協:鳥居 大祐
協:松井 美紀子
マカク歯髄細胞三次元培養構築体移植による歯髄再生
H29-B36
代:井上 治久
協:沖田 圭介
協:今村 恵子
協:近藤 孝之
協:江浪 貴子
協:舟山 美里
協:大貫 茉里
霊長類神経系の解析とヒト疾患解析への応用
H29-B37
代:Kanthi Arum Widayati
協:Yohey Terai
Genetic characterization of bitter taste receptors in Sulawesi macaques

学会発表
Widayati KA, Xiaochan Y, Suzuki-Hashido N, Purba LHPH, Bajeber F, Suryobroto B, Terai Y, Imai H Characterization of the TAS2R38 bitter taste receptor for phenylthiocarbamide (PTC) of Macaca tonkeana and M. hecki( 27 and 28 January 2018) 62nd Primates Conference( Japan Monkey Centre).

Widayati KA, Xiaochan Y, Suzuki-Hashido N, Purba LHPH, Bajeber F, Suryobroto B, Terai Y, Imai H BEHAVIORAL AND ALLELIC VARIATIONS OF THE TAS2R38 BITTER TASTE RECEPTOR FOR PHENYLTHIOCARBAMIDE (PTC) OF TWO SPECIES OF SULAWESI MACAQUES(8 and 9 August 2017) The 2nd International Conference on Biosciences( IPB International Convention Centre, Indonesia).
H29-B38
代:Jeanelle Uy
The relationship between gut size and torso anatomy
H29-B39
代:Srichan Bunlungsup
協:Suchinda Malaivijitnond
Genetic assessment of the hybridization between two subspecies of long-tailed macaque (Macaca fascicularis fascicularis and M. f. aurea)
H29-B40
代:清水 貴美子
協:深田 吉孝
霊長類における概日時計と脳高次機能との連関
H29-B41
代:Bambang Suryobroto
Genomic Evolution of Sulawesi Macaques
H29-B42
代:松岡 史朗
協:中山 裕理
下北半島脇野沢の野生ニホンザル群の分裂が個体群動態に与える影響
H29-B43
代:村田 幸久
協:中村 達朗
コモンマーモセットにおける食物アレルギーの診断と管理法の開発

論文

関連サイト
東京大学大学院農学生命科学研究科 放射線動物科学研究室 http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/houshasen/
H29-B44
代:三浦 智行
協:阪脇 廣美
協:水田 量太
複合ワクチネーションによるSIVの感染防御効果の解析

論文
Beauchemin, C. A., Miura, T., and Iwami, S.(2017) Duration of SHIV production by infected cells is not exponentially distributed: Implications for estimates of infection parameters and antiviral efficacy. Sci. Rep. 7:42765.

Iwanami, S., Kakizoe, Y., Morita, S., Miura, T., Nakaoka, S., and Iwami, S.(2017) A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture. Theor. Biol. Med. Model. 14:9.

学会発表
三浦智行 霊長類モデルを用いたHIV感染症の予防・治療法開発(2017年7月1日) 第26回サル疾病ワークショップ(相模原).

姫野愛、石田裕樹、森ひろみ、松浦嘉奈子、菊川美奈子、三浦智行 CCR5指向性サル/ヒト免疫不全ウイルス感染アカゲザル血漿における中和能の進化(2017年10月24-26日) 第65回日本ウイルス学会学術集会(大阪).
H29-B46
代:朝長 啓造
協:小嶋 将平
内在性ボルナウイルスによるウイルス感染抑制メカニズムの解明
H29-B47
代:岡田 誠治
協:俣野 哲朗
協:刈谷 龍昇
サル造血免疫機能の解析とサル免疫不全ウイルス感染モデルマウスの樹立
H29-B48
代:平田 暁大
協:柳井 徳磨
協:酒井 洋樹
飼育下サル類の疾患に関する病理学的研究

論文
Miyabe-Nishiwaki T, Hirata A, Kaneko A, Ishigami A, Miyamoto Y, Yamanaka A, Owaki K, Sakai H, Yanai T, Suzuki J.(2017 ) Hepatocellular carcinoma with intracranial metastasis in a Japanese Macaques (Macaca fuscata). J. Med. Primatol. 46(3):93-100.
H29-B49
代:郷 康広
ヒトの高次認知機能の分子基盤解明を目指した比較オミックス研究

論文
Tatsumoto S, Go Y, Fukuta K, Noguchi H, Hayakawa T, Tomonaga M, Hirai H, Matsuzawa T, Agata K, Fujiyama A.(2017) Direct estimation of de novo mutation rates in a chimpanzee parent-offspring trio by ultra-deep whole genome sequencing. Sci Rep. 7(1):13561. 謝辞あり

Shimogori T, Abe A, Go Y, Hashikawa T, Kishi N, Kikuchi SS, Kita Y, Niimi K, Nishibe H, Okuno M, Saga K, Sakurai M, Sato M, Serizawa T, Suzuki S, Takahashi E, Tanaka M, Tatsumoto S, Toki M, U M, Wang Y, Windak KJ, Yamagishi H, Yamashita K, Yoda T, Yoshida AC, Yoshida C, Yoshimoto T, Okano H.(2018) Digital gene atlas of neonate common marmoset brain. Neurosci Res. 128:1-13.

Fukuda K, Inoguchi Y, Ichiyanagi K, Ichiyanagi T, Go Y, Nagano M, Yanagawa Y, Takaesu N, Ohkawa Y, Imai H, Sasaki H.(2017) Evolution of the sperm methylome of primates is associated with retrotransposon insertions and genome instability. Hum Mol Genet. 26(18):3508-3519. 謝辞あり

川本芳, 川本咲江, 濱田穣, 山川央, 直井洋司, 萩原光, 白鳥大祐, 白井啓, 杉浦義文, 郷康広, 辰本将司, 栫裕永, 羽山伸一, 丸橋珠樹(2017) 千葉県房総半島の高宕山自然動物園でのアカゲザル交雑と天然記念物指定地域への交雑拡大の懸念 霊長類研究 33(2):69-77.

学会発表
郷康広 霊長類における精神・神経疾患関連遺伝子解析と認知ゲノミクスの展望(2018年2月24日) 平成29年度京都大学霊長類研究所共同利用研究会「霊長類における認知ゲノム研究」(犬山).

郷康広 「ゲノムを通して我が身を知る〜ヒト集団にみられる「個性」創発の起源に関する論考〜」(2017年10月29日) 日本社会心理学会第58回大会(広島市).

郷康広 Spatiotemporal brain transcriptome architecture and application for disease model in marmosets(2017年9月21日) 第27回日本神経回路学会全国大会(北九州市).

Yasuhiro Go Spatiotemporal brain transcriptome architecture and application for disease model in marmosets(2017年9月8日) 第60回日本神経化学学会大会(仙台市).

郷康広 ゲノムを通して我が身を知る〜人とヒトとサルの間にあるもの〜(2017年4月15日) 愛知高等学校特別講演会(名古屋市).
H29-B50
代:神奈木 真理
協:長谷川 温彦
協:永野 佳子
STLV自然感染ニホンザルの抗ウイルスT細胞免疫
H29-B51
代:Laurentia Henrieta Permita Sari Purba
Functional characterization of bitter taste receptors in Asian Leaf-eating Monkeys

学会発表
Laurentia Henrieta Permita Sari Purba, Kanthi Arum Widayati, Sarah Nila, Kei Tsutsui, Nami Suzuki-Hashido, Takashi Hayakawa, Bambang Suryobroto, Hiroo Imai Characterization of bitter taste receptor TAS2R38 to PTC in Colobine Monkeys(25-27 September 2017) 51st Annual Meeting of The Japanese Association for the Study of Taste and Smell ( Japan).
H29-B52
代:関澤 麻伊沙
ニホンザル野生群におけるinfant handlingの意義
H29-B53
代:横田 伸一
二ホンザルとアカゲザルにおける新規ストレスマーカーの探索とストレス反応性の比較研究
H29-B54
代:Leonardo C?sar Oliveira Melo
協:Maria Ad?lia Borstelmann de Oliveira
協:Anisio Francisco Soares
Absortion and bioavaiability of gum’s compounds used by marmoset in field and laboratory conditions
H29-B55
代:牟田 佳那子
協:増井 健一
協:矢島 功
プロポフォールとフェンタニルによるコモンマーモセットの全静脈麻酔法の確立
H29-B59
代:秀平 万純
野生ニホンザルにおける老齢メスの性行動
H29-B60
代:荒川 那海
協:颯田 葉子
協:寺井 洋平
霊長類におけるヒトの皮膚の表現型の特性について

学会発表
荒川那海 ヒトと類人猿の皮膚における遺伝子発現比較(2017年7月15日) 第33回日本霊長類学会大会(コラッセふくしま).

荒川那海 ヒト-類人猿間の皮膚での遺伝子発現比較とヒト特異的形質について(2017年8月24日) 日本進化学会第19回大会(京都大学吉田キャンパス).
H29-B61
代:大石 元治
協:荻原 直道
大型類人猿の前腕における回内-回外運動機構の機能形態学的解析

学会発表
大石元治、荻原直道、宇根有美、添田聡、尼崎肇、市原伸恒 大型類人猿における肘関節の伸筋?屈筋の筋生理学的断面積について(2018年3月) 第123回日本解剖学会総会全国学術集会(東京都).
H29-B62
代:前多 敬一郎
協:束村 博子
協:大蔵 聡
協:上野山 賀久
野生ニホンザルの個体数抑制技術の開発
H29-B63
代:長谷 和徳
自律的に歩容遷移を行うマカク四足歩行モデルの開発

学会発表
伯田 哲矢,吉田真,長谷和徳,平崎鋭矢 ニホンザルの歩容のシミュレーションによる解析(2017年11月5日) 第38回バイオメカニズム学術講演会(大分県別府市).

長谷和徳,林祐一郎,矢野龍彦 筋骨格モデルによるナンバ歩きの生体力学分析(2017年11月4日) 第38回バイオメカニズム学術講演会(大分県別府市).

Togo Matoba, Kazunori Hase, Sung Hyek Kim and Akira Yoshikawa: Three-Dimensional Neuro-Musculo-Skeletal Model with Mechanical Characteristics of stretch reflex(2017年7月25日) XXVI Congress of the International Society of Biomechanics(Brisbane, Australia).

Makoto Yoshida, Kazunori Hase: A Simulation Study on the Scale Effects on the Gait of Imaginary Bipeds(2017年7月25日) XXVI Congress of the International Society of Biomechanics(Brisbane, Australia).
H29-B64
代:豊川 春香
協:島田 将喜
野生ニホンザルの種子散布者としての役割と糞虫との相互関係
H29-B65
代:倉岡 康治
協:稲瀬 正彦
視覚刺激の好みに対するホルモンの影響
H29-B66
代:中村 紳一朗
協:宮沢 孝幸
SRVのマカク属異種感染における病理組織学的研究
H29-B67
代:松原 幹
ヤクシマザルの頬袋散布種子および糞中種子の二次散布者調査

学会発表
松原 幹 屋久島のニホンザル種子散布におよぼすシカのサル糞食の影響(2017年9月8〜11日) 日本哺乳類学会2017年度大会(富山大学).

松原 幹 屋久島のニホンザル種子散布とシカのサル糞食(2017年12月8〜10日) 屋久島学ソサエティ第5回大会(屋久島離島開発総合センター(屋久島町宮之浦)).
H29-B68
代:澤田 玲子
成人を対象とした自己情報処理に関する脳波研究

学会発表
澤田玲子、十一元三、正高信男 自己氏名に対する素早い反応: 氏名刺激と筆記者における自己関連情報処理の解明に向けて (2017年9月21日) 日本心理学会第81回大会(久留米市).
H29-B69
代:佐々木 えりか
協:井上 貴史
協:石淵 智子
協:高橋 司
協:黒滝 陽子
霊長類における絶滅危惧種の保全技術の確立

論文

学会発表
石淵智子、黒滝陽子、三輪美樹、井上貴史、中村克樹、佐々木えりか 霊長類における絶滅危惧種の保全技術の確立 ~ワタボウシタマリン~(2018年1月17日) 第7回日本マーモセット研究会大会(京都).

関連サイト
公益財団法人実験動物中央研究所 http://www.ciea.or.jp/
H29-B71
代:大谷 洋介
協:小川 均
ニホンザルを対象とした顔認識システムの開発
H29-B72
代:金子 新
協:塩田 達雄
協:中山 英美
協:三浦 智行
協:入口 翔一
アカゲザルiPS細胞の免疫細胞への分化
H29-B73
代:保坂 善真
協:割田 克彦
サル雌性生殖器由来幹細胞の分離とその機能解析の試み
H29-B74
代:中内 啓光
協:長嶋 比呂志
協:平林 真澄
協:正木 英樹
協:海野 あゆみ
協:佐藤 秀征
異種生体環境を用いたチンパンジーiPS細胞からの臓器作製
H29-C1
代:川合 伸幸
協:邱 ??
サルの脅威刺激検出に関する研究
H29-C2
代:杉田 昌彦
協:森田 大輔
脂質を標的としたサル免疫システムの解明
H29-C3
代:黒田 公美
協:齋藤 慈子
協:篠塚 一貴
協:矢野 沙織
マーモセット人工哺育個体の音声発達
H29-C4
代:土屋 萌
福島原発災害による野生ニホンザル胎仔の放射線被ばく影響
H29-C5
代:石野 史敏
協:金児?石野知子
協:李 知英
協:志浦 寛相
レトロエレメント由来の獲得遺伝子の霊長類における分布解析

学会発表
石野史敏、入江将仁、古賀章彦、金児−石野知子 哺乳類のレトロトランスポゾンに由来する遺伝子の機能(2017年8月25日) 日本進化学会(京都大学(京都)).
H29-C6
代:Kelly Finn
Complexity in the Behavioral Organization of Japanese Macaques
H29-C7
代:日比野 久美子
協:竹中 晃子
ヒト動脈硬化症のアカゲザルモデル作出のための基礎研究
H29-C8
代:保坂 和彦
野生チンパンジーの老齢個体の行動及び社会的地位の研究
H29-C9
代:小林 純也
霊長類細胞におけるDNA損傷応答・細胞老化の解析
H29-C10
代:松尾 光一
協:山海 直
協:Suchinda Malaivijitnond
協:森川 誠
マカクにおける繁殖季節性や加齢が骨格に与える影響の解析
H29-C11
代:徳山 奈帆子
Pan属2種における遊動時の意思決定行動の違い
H29-C12
代:加納 純子
大型類人猿細胞における染色体末端領域の機能解析
H29-C13
代:蔦谷 匠
協:Matthew Collins
プロテオミクス解析によるニホンザル授乳状況の推定
H29-C14
代:山崎 美和子
協:今野 幸太郎
経路選択的な機能操作技術を応用したマーモセット大脳皮質―基底核ネットワークの構造マッピング
H29-C15
代:今村 拓也
種特異的ノンコーディングRNAによるほ乳類脳神経機能分化

論文
Masahiro Uesaka, Kiyokazu Agata, Takao Oishi, Kinichi Nakashima, Takuya Imamura(2017) Evolutionary acquisition of promoter-associated non-coding RNA (pancRNA) repertoires diversifies species-dependent gene activation mechanisms in mammals BMC Genomics 18:285. 謝辞あり
H29-C16
代:一柳 健司
協:平田 真由
協:一柳 朋子
霊長類におけるエピゲノム進化の解明
H29-C18
代:竹下 浩平
G.g.gorilla由来電位依存性プロトンチャネルのcDNAクローニング

学会発表
山本 旭麻, 谷林 俊, 渋村 里美, 藤原 祐一郎, 岡村 康司, 中川 敦史, 竹下 浩平 ユニークなCoiled-coil構造を有するVSOPの電気生理学的および構造学的研究(2017/09/21(木)) 日本生物物理学会年会(熊本).
H29-C19
代:饗場 篤
協:川本 健太
精神・神経疾患モデルマーモセットの行動解析法の開発
H29-C20
代:菅原 正晃
協:小林 和人
協:川本 健太
遺伝子改変マーモセットの行動解析法の開発
H29-C21
代:Colin A. Chapman
協:松田 一希
アジア・アフリカ霊長類の比較採食生態:とくに腸内細菌叢に着目して
H29-C22
代:Kevin William McCairn
協:Kendall Lee
協:Paul Min
協:Taihei Ninomiya
Multi-Dimensional Analysis of the Limbic Vocal Tic Network and its Modulation via Voltammetry Controlled High-Frequency Deep Brain Stimulation of the Nucleus Accumbens
H29-C23
代:狩野 文浩
チンパンジーを対象としたアイ・トラッキングによる記憶・心の理論・視線認知についての比較認知研究
H29-C24
代:加賀谷 美幸
霊長類の胸郭と前肢帯の形態・配置と可動域