ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ


H30
論文 13 報 学会発表 44 件
H30-A1
代:宇賀 貴紀
協:三枝 岳志
協:熊野 弘紀
協:須田 悠紀
判断を可能にする神経ネットワークの解明
H30-A2
代:石垣 診祐
協:遠藤 邦幸
FUS抑制マーモセットモデルにおける高次脳機能解析
H30-A3
代:南部 篤
協:畑中 伸彦
協:知見 聡美
協:佐野 裕美
協:長谷川 拓
協:纐纈 大輔
協:若林 正浩
協:Woranan Wongmassang
協:Zlata Polyakova
遺伝子導入法による大脳基底核疾患の病態に関する研究
H30-A4
代:小林 和人
協:菅原 正晃
協:加藤 成樹
協:渡辺 雅彦
協:山崎 美和子
協:内ヶ島 基政
協:今野 幸太郎
ウイルスベクターを利用した神経回路操作技術による霊長類脳機能の解明
H30-A5
代:関 和彦
協:大屋 知徹
協:梅田 達也
協:工藤 もゑこ
協:窪田 慎治
協:戸松 彩花
複数骨格筋への単シナプス性発散投射構造の解剖学的同定
H30-A6
代:石田 裕昭
協:西村 幸男
マカクザル前頭極の多シナプス性ネットワークの解明
H30-A7
代:藤山 文乃
協:苅部 冬紀
協:平井 康治
協:緒方 久実子
協:東山 哲也
霊長類の皮質ー基底核ー視床ループの形態学的解析
H30-A8
代:橋本 均
協:中澤 敬信
協:笠井 淳司
協:勢力 薫
霊長類脳の全細胞イメージングと神経回路の全脳解析
H30-A9
代:Wirdateti
Analysis of mitochondrial sequences for species identification and evolutionary study of slow loris (genus Nycticebus)
H30-A10
代:松本 正幸
協:山田 洋
マカクザル外側手綱核の神経連絡
H30-A11
代:Mukesh Chalise
Study on phylogeography of highland macaques and langurs in Nepal
H30-A12
代:Aye Mi San
協:Phyu Pyar Tin
Conservation genetics of Myanmar’s macaques? a phylogeographical approach
H30-A13
代:田中 真樹
協:竹谷 隆司
協:鈴木 智貴
協:亀田 将史
行動制御における皮質下領域の機能解析
H30-A14
代:南本 敬史
協:永井 裕司
協:小山 佳
協:堀 由紀子
協:藤本 淳
脳活動制御とイメージングの融合技術開発
H30-A15
代:Van Minh Nguyen
Effect of the fragmentation on genetic diversity of macaque populations in Central Vietnam
H30-A16
代:Hadi Islamul
Fish-eating behavior of the macaques : A comparative study of long-tailed macaque and Japanese macaque
H30-A17
代:西村 幸男
協:鈴木 迪諒
意欲が運動を制御する神経基盤の解明

論文

関連サイト
研究室ホームページ http://www.igakuken.or.jp/project/detail/neuroprosth.html
H30-A18
代:福田 真嗣
協:村上 慎之介
協:谷川 直紀
協:楊 佳約
脳機能におよぼす腸内細菌叢の影響
H30-A19
代:植木 孝俊
協:尾内 康臣
高等霊長類成体脳神経新生の動態と機能のin vivo解析技術の創出
H30-A20
代:筒井 健一郎
協:中村 晋也
協:吉野 倫太郎
協:森谷 叡生
協:小野寺 麻理子
協:大原 慎也
サル内側前頭葉を起点とする領域間回路の解析とうつ病モデルの創出
H30-A21
代:Muhammad Azhari Akbar
A comparative study in daily activity of colobines under captive condition
H30-A22
代:桃井 保子
協:花田 信弘
協:今井 奨
協:岡本 公彰
協:齋藤 渉
協:宮之原 真由
チンパンジーの口腔内状態の調査と歯科治療法の検討
H30-A23
代:伊村 知子
ヒトとチンパンジーにおける「平均」の知覚に関する比較認知研究
H30-A24
代:原田 悦子
協:須藤 智
チンパンジーにおける健康な加齢にともなう認知的機能やモノとの相互作用の変化
H30-A25
代:平松 千尋
協:山下 友子
協:中島 祥好
協:上田 和夫
霊長類における音声コミュニケーションの進化および発達過程の研究
H30-A26
代:工藤 和俊
協:三浦 哲都
ヒトおよびチンパンジーにおける協調行動の比較発達研究
H30-A27
代:山崎 美和子
協:今野 幸太郎
協:内ヶ島 基政
経路選択的な機能操作技術を応用したマーモセット大脳皮質―基底核ネットワークの構造マッピング
H30-A28
代:田中 由浩
協:川崎 雄嵩
触覚情報を用いたチンパンジーの個体識別および課題反応との関係分析
H30-A29
代:齋藤 亜矢
芸術表現の霊長類的基盤に関する研究
H30-A30
代:鯉江 洋
協:揚山 直英
協:中山 駿矢
霊長類の加齢誘引疾患に関する研究
H30-A31
代:生江 信孝
協:桃井 保子
協:齋藤 渉
協:秋葉 悠希
協:大栗 靖代
協:正藤 陽久
協:飯田 伸弥
協:斎藤 高
協:斎藤 香里
動物園のチンパンジーにおける口腔内状態の調査
H30-A32
代:狩野 文浩
チンパンジーを対象としたアイ・トラッキングによる記憶・心の理論・視線認知についての比較認知研究
H30-A33
代:竹下 秀子
協:山田 信宏
協:高塩 純一
協:櫻庭 陽子
脳性麻痺チンパンジーへの発達支援と養育環境整備
H30-B1
代:佐々木 哲也
細胞種特異的遺伝子発現・エピジェネティクスと精神疾患モデルにおけるその異常

論文

学会発表
佐々木 哲也、小松 勇介、渡我部 昭哉、山森 哲雄 霊長類前頭前皮質に特異的に発現する分子の解析-霊長類特有の前頭前皮質機能の分子基盤とは?-( 2018年12月13日) 2018年度 次世代脳 冬のワークショップ(東京).

佐々木哲也 自閉症様モデル霊長類の発達期神経回路再編成の異常(2018年10月23日) つくばブレインサイエンスセミナー(つくば).

佐々木 哲也、小松 勇介、渡我部 昭哉、山森 哲雄 霊長類前頭前皮質特異的に発現するSLITの解析(2018年10月20日) 第106回関東支部学術集会(東京).

佐々木哲也、真鍋朋子、中垣慶子、武井陽介、一戸紀孝 Abnormality of postnatal synapse formation/pruning in cerebral cortex of a primate model of ASD(2018年7月26日) 第41回 日本神経科学大会(神戸).

佐々木 哲也 自閉症様モデル霊長類の発達期神経回路再編成の異常(2018年7月14日) 第7回自閉症学研究会(東京).

関連サイト
一般財団法人 予防衛生協会 研究奨励賞受賞 http://www.tsukuba.ac.jp/update/awards/20181026134333.html
H30-B2
代:中村 浩幸
外側膝状体から頭頂視覚連合皮質への直接視覚入力回路の形態学的研究
H30-B3
代:鈴木 俊介
協:鈴木 絵美子
ヒト特異的転移因子による脳関連遺伝子の発現調節機構の進化
H30-B4
代:浅川 満彦
協:萩原 克郎
東北および四国地方に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生虫症および感染症に関する疫学調査

論文
秋葉悠希ら(2018) 飼育類人猿の糞便による寄生虫保有状況の検査とコルチゾル値測定事例 野動医誌 23:27-31.

近本翔太ら(2018) 釧路市動物園飼育および同園内生息の哺乳類から得られた寄生虫標本の概要(続報) 北獣会誌 62:530-533.

浅川満彦(2018) 酪農学園大学野生動物医学センターWAMCが関わった東北地方における研究活動概要 青森自誌研(23):29-34. 謝辞あり

学会発表
長濱理生子ら ホルマリン液で固定・保存されたハヌマンラングール(Semnopithecus schistaceous)の糞便を用いた消化管内寄生虫検査(2018年8月31日〜9月3日) 第24回日本野生動物医学会大会(大阪府立大学).

関連サイト
酪農学園大学リポジトリ掲載上の浅川(2018) https://rakuno.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=5515&item_no=1&page_id=13&block_id=37
H30-B5
代:白石 俊明
協:澤田 研太
野生ニホンザルおよび同所に生息する野生動物の果実利用時期と採食頻度

論文

関連サイト
富山県 立山カルデラ砂防博物館 http://www.tatecal.or.jp/tatecal/index.html
H30-B6
代:風張 喜子
野生ニホンザルにおける分派の意図性の判別基準と要因の検討
H30-B7
代:疋田 研一郎
金華山のニホンザルにおけるグルーミングの熱心さの検証と互恵性との関わり
H30-B8
代:江成 広斗
豪雪地に生息するニホンザルの樹皮・冬芽食が植物群集に及ぼす影響
H30-B9
代:東 超
霊長類の各種の組織の加齢変化
H30-B10
代:荒川 高光
協:江村 健児
前後肢遠位部運動器の系統発生を形態学的に解析する
H30-B11
代:今村 拓也
種特異的ノンコーディングRNAによるほ乳類脳神経機能分化
H30-B12
代:一柳 健司
協:平田 真由
協:一柳 朋子
霊長類におけるエピゲノム進化の解明
H30-B13
代:松岡 史朗
協:中山 裕理
下北半島脇野沢の野生ニホンザル群の個体群動態
H30-B14
代:笹岡 俊邦
協:藤澤 信義
協:小田 佳奈子
協:宮本 純
協:崎村 建司
協:中務 胞
協:夏目 里恵
異種間移植によるマーモセット受精卵の効率的作成方法の開発研究
H30-B15
代:郷 康広
ヒトの高次認知機能の分子基盤解明を目指した比較オミックス研究

論文
Iritani S, Torii Y, Habuchi C, Sekiguchi H, Fujishiro H, Yoshida M, Go Y, Iriki A, Isoda M, Ozaki N.( 2018) The neuropathological investigation of the brain in a monkey model of autism spectrum disorder with ABCA13 deletion. International Journal of Developmental Neuroscience 71( ): 130-139.

Matsumura K, Imai H, Go Y, Kusuhara M, Yamaguchi K, Shirai T, Ohshima K.( 2018) Transcriptional activation of a chimeric retrogene PIPSL in a hominoid ancestor. Gene 678( ): 318-323. 謝辞あり

Xu C, Li Q, Efimova O, He L, Tatsumoto S, Stepanova V, Oishi T, Udono T, Yamaguchi K, Shigenobu S, Kakita A, Nawa H, Khaitovich P, Go Y.( 2018) Human-specific features of spatial gene expression and regulation in eight brain regions. Genome Research 28( 8): 1097-1110. 謝辞あり

学会発表
郷康広,辰本将司,石川裕恵 合成ロングリードを用いた霊長類の新規ゲノム配列決定(2018年7月14日) 第34回日本霊長類学会大会(東京(武蔵大学)).

郷康広 ゲノムを通して我が身を知る―ヒトとサルの間にあるもの―(2018年7月15日) 第34回日本霊長類学会大会公開シンポジウム(東京(武蔵大学)).

郷康広,辰本将司,石川裕恵 合成ロングリードを用いた霊長類の新規ゲノム配列決定(2018年8月23日) 日本進化学会第20回大会(東京(東京大学)).

郷康広 霊長類ゲノム研究を通して社会性コミュニケーション創発あるいは欠如とは何か考えてみる(2018年8月24日) 日本進化学会第20回大会シンポジウム(東京(東京大学)).

郷康広 10xGenomics社Chromiumを用いたゲノム・トランスクリプトーム解析(2018年9月25日) 農林交流センターワークショップ・次世代シーケンサーのデータ解析技術公開講座(つくば(筑波産学連携支援センター)).

Yasuhiro GO The evolutionary trajectory of spatial transcriptome and epigenome in primate brains(2018年10月3日) The 46th Naito Conference on "Mechanisms of Evolution and Biodiversity"(札幌(シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ)).

郷康広 脳・こころの個性・多様性理解にむけた比較認知ゲノム研究(2018年10月16日) 第1回ExCELLSシンポジウム(岡崎(自然科学研究機構)).

Yasuhiro GO Dissectiong the genetic diversity of Japanese marmoset colonies(Oct. 22, 2018.) An ILAR Roundtable Workshop: Care, Use and Welfare of Marmosets as Animal models for Gene Editing-based Biomedical Research.(The National Academies of Sciences (Washington D.C., USA)).

関連サイト
自然科学研究機構生命創成探究センター認知ゲノム研究グループ(郷ラボ)のホームページ http://www.nips.ac.jp/coggen/

共同利用研究成果プレスリリース(自然科学研究機構生命創成探究センター) http://www.excells.orion.ac.jp/pr/20180802pr01.html

共同利用研究成果プレスリリース(京都大学) http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180802_1.html

共同利用研究成果プレスリリース(新潟大学脳研究所) http://www.bri.niigata-u.ac.jp/result/path/001053.html

共同利用研究成果プレスリリース(生理学研究所) https://www.nips.ac.jp/release/2018/08/post_368.html

共同利用研究成果プレスリリース(基礎生物学研究所) http://www.nibb.ac.jp/press/2018/08/02.html
H30-B16
代:小林 俊寛
協:平林 真澄
協:正木 英樹
チンパンジー iPS 細胞からの始原生殖細胞分化誘導とその機能評価
H30-B17
代:清家 多慧
ニホンザルの遊び終了時におけるコミュニケーション
H30-B18
代:篠原 隆司
協:篠原 美都
協:森本 裕子
協:渡邉 哲史
協:森 圭史
霊長類精子幹細胞の培養
H30-B19
代:松尾 光一
協:森川 誠
協:山海 直
協:Suchinda Malaivijitnond
マカクにおける繁殖季節性に起因する骨量増減と骨リモデリングのメカニズム
H30-B20
代:岩槻 健
協:中嶋 ちえみ
協:稲葉 明彦
協:中安 亜希
霊長類由来ex vivo培養系を用いた消化管細胞機能の解析

学会発表
稲葉 明彦、熊木 竣佑、粟飯原 永太郎、山根 拓実、大石 祐一、今井啓雄 BSAがサル消化管オルガノイド培養に与える影響(2018年5月12日) 第72回 日本栄養・食糧学会大会(岡山県立大学).

中安亜希、中嶋佑里、三宅佐和、中嶋ちえみ、佐藤幸治、今井啓雄、山根拓実、大石祐一、岩槻健 霊長類味蕾オルガノイドを用いた味覚センサー構築の試み(2018年5月12日) 第72回 日本栄養・食糧学会大会(岡山県立大学).

Ken Iwatsuki, Hiroo Imai, Yuzo Ninomiya, Peihua Jiang, Koji Sato Takumi Yamane , Yuichi Oishi Generation of taste organoid from non-human primate(2018年9月) ECRO meeting(ビュルツブルグ(ドイツ)).

Ken Iwatsuki Introducing in vitro culture system into researches of endoderm-derived cells(2018年12月2日) 味覚嗅覚の分子神経機構(九州大学).
H30-B21
代:小野 龍太郎
協:八木田 和弘
協:金村 成智
協:山本 俊郎
霊長類歯牙の象牙質成長線に関する比較解剖学的検討
H30-B22
代:中内 啓光
協:正木 英樹
異種生体環境を用いたチンパンジーiPS細胞からの臓器作製
H30-B23
代:持田 浩治
協:川津 一隆
観察学習による警告色の進化プロセスに関する実験的研究
H30-B24
代:齋藤 慈子
協:新宅 勇太
吸啜窩の発達的変化の種間比較
H30-B25
代:佐藤 暢哉
協:林 朋広
コモンマーモセットにおける空間認知

論文

関連サイト
関西学院大学文学部総合心理科学科 佐藤暢哉研究室 https://sites.google.com/site/nsatolab/
H30-B26
代:那波 宏之
霊長類における神経栄養因子の精神機能発達に与える影響
H30-B27
代:伊藤 浩介
サル類における聴覚事象関連電位の記録
H30-B28
代:荒川 那海
協:颯田 葉子
協:寺井 洋平
霊長類におけるヒトの皮膚の表現型の特性について

論文
Nami Arakawa, Daisuke Utsumi, Kenzo Takahashi, Akiko Matsumoto-Oda, Atunga Nyachieo, Daniel Chivatsi Chai, Ngalla Jillani, Hiroo Imai, Yoko Satta, Yohey Terai(2019 (in press)) Expression changes of structural protein genes may be related to adaptive skin characteristics specific to humans Genome Biology and Evolution. 謝辞あり

学会発表
荒川那海 皮膚でのヒト特異的遺伝子発現を生み出す塩基置換の推定について(2018年8月22日) 日本進化学会第20回大会(東京大学駒場Iキャンパス).

Nami Arakawa Acquisition of Human-specific Characteristics of Skin through Gene Expression Changes (Poster)(2018年7月11日) The annual meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution(パシフィコ横浜).

Nami Arakawa Acquisition of Adaptive Characteristics in Human Skin through Gene Expression Changes(2018年10月4日) 第46回内藤コンファレンス(シャトレーゼガトーキングダムサッポロ).

寺井洋平 遺伝子発現から探るヒト特異的皮膚形質(2018年10月19日) 第72回日本人類学会大会 一般シンポジウム1 皮膚の人類学(国立遺伝学研究所).
H30-B29
代:伊沢 紘生
協:宇野 壮春
協:関 健太郎
協:三木 清雅
協:高岡 裕大
協:関澤 麻伊沙
協:涌井 麻友子
金華山島のサルの個体数変動に関する研究
H30-B30
代:松本 惇平
協:柴田 智広
マカクザルマーカーレスモーションキャプチャーソフトウェアの開発
H30-B31
代:Heui-Soo Kim
協:Hee-Eun Lee
Transposable element derived Mirco RNA analysis in various primate tissues

学会発表
Hee-Eun Lee, Hiroo Imai, Heui-Soo Kim Analysis of Transposable Element derived miRNA-625-5p in Primates( 2018.11.29) IJCGM 2018( Seoul, Rep. of Korea).
H30-B32
代:豊川 春香
多雪地生態系においてニホンザルが支える機能の評価〜ニホンザルと食肉目の種子散布プロセスの比較から〜
H30-B33
代:山下 俊英
協:貴島 晴彦
サル脊髄損傷モデルを用いた軸索再生阻害因子とその抗体による神経回路修復に関する研究
H30-B34
代:村田 幸久
協:中村 達朗
コモンマーモセットにおける食物アレルギーの診断と管理法の開発
H30-B35
代:Laurentia Henrieta Permita Sari Purba
Functional characterization of bitter taste receptors in Asian Leaf-eating Monkeys

学会発表
Laurentia Henrieta Permita Sari Purba, Kanthi Arum Widayati, Sarah Nila, Kei Tsutsui, Nami Suzuki-Hashido, Takashi Hayakawa, Bambang Suryobroto, Hiroo Imai A story of Bitter Taste Perception in Folivorous Primates(28 March 2018) Health Ingredients South East Asia International Conference(Jakarta).
H30-B36
代:伊藤 孝司
協:北川 裕之
協:西岡 宗一郎
ムコ多糖症自然発症霊長類モデルに関する総合的研究
H30-B37
代:羽山 伸一
協:中西 せつ子
福島市に生息する野生ニホンザルの放射能被曝影響調査
H30-B38
代:井上 治久
協:沖田 圭介
協:今村 恵子
協:近藤 孝之
協:江浪 貴子
協:月田 香代子
協:大貫 茉里
霊長類神経系の解析とヒト疾患解析への応用
H30-B39
代:横田 伸一
二ホンザルとアカゲザルにおける新規ストレスマーカーの探索とストレス反応性の比較研究
H30-B40
代:國松 豊
アフリカ中新世霊長類化石の形態学的研究
H30-B41
代:藤田 一郎
協:稲垣 未来男
マカカ属サルにおける扁桃体への皮質下視覚経路の神経解剖学的同定
H30-B42
代:Kevin William McCairn
協:Kendall Lee
協:Taihei Ninomiya
Multi-Dimensional Analysis of the Limbic Vocal Tic Network and its Modulation via Voltammetry Controlled High-Frequency Deep Brain Stimulation of the Nucleus Accumbens
H30-B43
代:外丸 祐介
協:信清 麻子
協:畠山 照彦
一卵性多子ニホンザルの作製試験

学会発表
外丸祐介、江藤智生、信清麻子、畠山照彦、兼子明久、宮部貴子、岡本宗裕 ニホンザル体外受精卵のガラス化保存と冷蔵保存について(2018年10月25日) Cryopreservation Conference 2018(岡崎).
H30-B44
代:蔦谷 匠
協:Matthew Collins
協:Enrico Cappellini
協:大河内 直彦
プロテオミクス解析によるニホンザル授乳状況の推定
H30-B45
代:筒井 健夫
協:小林 朋子
協:鳥居 大祐
マカク乳歯歯髄幹細胞を用いた歯髄再生への応用
H30-B46
代:寺山 佳奈
高知県室戸市におけるニホンザルが利用する食物資源の解析
H30-B47
代:平田 暁大
協:柳井 徳磨
協:酒井 洋樹
飼育下サル類の疾患に関する病理学的研究

論文
Hirata A*, Miyamoto Y, Kaneko A, Sakai H, Yoshizaki K, Yanai T, Miyabe-Nishiwaki T, and Suzuki J.( in press) Hepatic Neuroendocrine Carcinoma in a Japanese Macaques (Macaca fuscata). J. Med. Primatol.. 謝辞 あり

学会発表
平田 暁大、兼子 明久、宮部 貴子、宮本 陽子、石上 暁代、山中 淳史、酒井 洋樹、柳井 徳磨、鈴木 樹理 幼児期のニホンザルの喉頭に発生したB細胞性リンパ腫の一例( 2018/7/8) 第27回サル疾病ワークショップ( 犬山市(日本モンキーセンター)).

兼子 明久、平田 暁大、宮部 貴子、石上 暁代、山中 淳史、林 美里、友永 雅己、酒井洋樹、柳井徳磨、鈴木 樹理 チンパンジーのクモ膜下出血の1例( 2018年7月7日) 第27回サル疾病ワークショップ( 犬山市(日本モンキーセンター)).

宮本 陽子、兼子 明久、平田 暁大、石上 暁代、宮部 貴子、酒井 洋樹、柳井 徳磨、中村 克樹、鈴木 樹理 ニホンザルの肝臓に発生した神経内分泌腫瘍の1例( 2018/7/7) 第27回サル疾病ワークショップ( 犬山市(日本モンキーセンター)).

石上 暁代、兼子 明久,平田 暁大,鈴木 樹理 膵島アミロイドーシスによる二型糖尿病を発症したボンネットモンキーの1例( 2018/7/7/) 第27回サル疾病ワークショップ( 犬山市(日本モンキーセンター)).

宮部 貴子、平田 暁大、兼子 明久、宮本 陽子、石上 暁代、山中 淳史、酒井 洋樹、柳井 徳磨、鈴木 樹理 ニホンザルにおける口腔扁平上皮癌の一例( 2018/7/8) 第27回サル疾病ワークショップ( 犬山市(日本モンキーセンター)).
H30-B48
代:中務 真人
協:芳賀 恒太
協:小林 諭史
協:小嶋 匠
協:富澤 佑真
霊長類の脊柱構造に関する進化形態学的研究
H30-B49
代:時田 幸之輔
霊長類下肢の筋構成と支配神経パターン

学会発表
小池魁人 時田幸之輔 小島龍平 平崎鋭矢 霊長類大腿屈筋群の比較解剖学的観察(2018年7月14日) 第34回日本霊長類学会大会(東京都練馬区).

小池魁人 時田幸之輔 小島龍平 平崎鋭矢 ニホンザル大腿二頭筋へ進入する神経の筋内分布及び仙骨神経叢における層序(2019年3月27日) 第124回日本解剖学会総会・学術集会(新潟県新潟市).

小池魁人 時田幸之輔 小島龍平 リスザル大腿二頭筋支配神経の観察.
H30-B50
代:Jeanelle Uy
The relationship between gut size and torso anatomy
H30-B51
代:澤野 啓一
協:田上 秀一
CTを用いたニホンザルの頭蓋底と眼窩を通過する血流、及び頭部静脈血還流路に関する研究
H30-B52
代:神奈木 真理
協:長谷川 温彦
協:永野 佳子
協:Ganbaatar Undrakh
STLV自然感染ニホンザルの抗ウイルスT細胞免疫
H30-B53
代:日比野 久美子
協:竹中 晃子
ヒト動脈硬化症のアカゲザルモデル作出のための基礎研究
H30-B54
代:佐藤 真伍
協:西岡 絵夢
協:渡邊 明音
協:福留 祐香
飼育下のニホンザルおよびアカゲザルにおけるBartonella quintanaの分布状況とその遺伝子系統
H30-B55
代:岡田 誠治
協:俣野 哲朗
協:刈谷 龍昇
サル造血免疫機能の解析とサル免疫不全ウイルス感染モデルマウスの樹立
H30-B56
代:加藤 彰子
協:近藤 信太郎
マカク属サルの形態的・環境的因子から、歯周病発症を解明する
H30-B57
代:高須 正規
代謝プロファイルテストを用いた野外飼育ニホンザルの飼養管理評価
H30-B58
代:Lia Betti
協:Todd C. Rae
"Positional, dimorphic and obstetric influences on pelvic shape in primates"

論文
Betti L and Manica A(2018) Human variation in the shape of the birth canal is significant and geographically structured. Proc Roy Soc B B 285:20181807 (DOI:10.1098/rspb.2018.1807).

Wroe S, Parr WCH, Ledogar JA, Bourke J, Evans S, Fiorenza L, Benazzi S, Hublin J-J, Stringer C, Kullmer O, Rae TC, Yokley T(2018) Computer simulations show that Neanderthal facial morphology represents adaptation to cold and high energy demands, but not heavy biting. Proc Roy Soc B285:20180085.
H30-B59
代:倉岡 康治
協:稲瀬 正彦
視覚刺激の好みに対するホルモンの影響
H30-B60
代:清水 貴美子
協:深田 吉孝
霊長類における概日時計と脳高次機能との連関
H30-B61
代:棒 洋二郎
協:永野 昌志
協:鳥居 佳子
協:黒澤 拓斗
マカク属における精液凍結保存方法の改善と人工授精技術開発
H30-B62
代:William Sellers
The comparative biomechanics of the primate hand

論文
Sellers WI, Hirasaki E(2018) Quadrupedal locomotor simulation: producing more realistic gaits using dual-objective optimization. Royal Society Open Science 5:171836. 謝辞謝辞あり

学会発表
Sellers WI, Hirasaki E. Analysing Primate Grip Shapes Using Geometric Morphometrics.(2018) European Society for the Study of Human Evolution. (Faro, Portugal.).

Hirasaki E., Sellers WI. Effects of lateral stability on generated walking gait in a chimpanzee musculoskeletal model.(2018) The 72nd Annual Meeting of the Anthropological Society of Nippon(Mishima, Japan).
H30-B63
代:長谷 和徳
協:吉田 真
自律的に歩容遷移を行うマカク四足歩行モデルの開発

学会発表
吉田真,長谷和徳,伯田哲矢,平崎鋭矢 体の質量中心の位置は四足歩行時の四肢運び順の決定因子のひとつである(2018年10月20日) 第72回日本人類学会大会(静岡県三島市).

Makoto Yoshida, Tetsuya Hakuta, Kazunori Hase, Eishi Hirasaki Effect of the position of the center of mass on quadruped gaits(2018年7月12日) 8th World Congress of Biomechanics(Dublin, Ireland).
H30-B64
代:三浦 智行
協:阪脇 廣美
複合ワクチネーションによるSIVの感染防御効果の解析
H30-B65
代:荻原 直道
協:大石 元治
協:PINA Marta
ニホンザル二足・四足歩行運動の運動学的・生体力学的解析

論文
Blickhan, R., Andrada, E., Hirasaki, E., Ogihara, N.(2018) Global dynamics of bipedal macaques during grounded running and running Journal of Experimental Biology 221:jeb178897.

Ogihara, N., Hirasaki, E., Andrada, E., Blickhan, R(2018) Bipedal gait versatility in the Japanese macaque (Macaca fuscata) Journal of Human Evolution 125:2-14.

学会発表
荻原直道 ニホンザルの歩行分析から探るヒトの身体構造と直立二足歩行の特異性(Dec 8, 2018) 計測自動制御学会 システム・情報部門 自律分散システム部会 第63回 自律分散システム部会研究会(愛知県名古屋市).

荻原直道 ヒトの形態進化と二足歩行機能(Dec 2, 2018) 第6回 埼玉県立大学 理学療法研修会(埼玉県越谷市).

荻原直道 X線CT装置を活用した人類進化研究(July 20,2018) 精密工学会・現物融合型エンジニアリング専門委員会(東京都文京区).

関連サイト
慶應義塾大学理工学部機械工学科 荻原研究室 www.ogihara.mech.keio.ac.jp/
H30-B66
代:Kanthi Arum Widayati
協:Yohey Terada
Genetic characterization of bitter taste receptors in Sulawesi macaques
H30-B67
代:Bambang Suryobroto
Genomic Evolution of Sulawesi Macaques
H30-B68
代:大石 元治
協:荻原 直道
大型類人猿の前腕における回内-回外運動機構の機能形態学的解析
H30-B69
代:後藤 遼佑
三次元運動解析を見据えたシロテテナガザルの身体モデルの作成
H30-B70
代:柏木 健司
ニホンザルが豪雪山岳地域を生き抜く上での温泉活用と戦略
H30-B71
代:鯉田 孝和
色盲サルの皮質応答計測
H30-B72
代:保坂 善真
協:割田 克彦
サル雌性生殖器由来幹細胞の分離とその機能解析の試み
H30-B73
代:澤田 玲子
成人を対象とした単語認知に関する脳波研究
H30-B74
代:前多 敬一郎
協:束村 博子
協:上野山 賀久
協:真方 文絵
協:迫野 貴大
野生ニホンザルの個体数抑制技術の開発
H30-B75
代:田伏 良幸
ヤクシマザルにおける個体間の社会関係が抱擁行動の方向性に与える影響
H30-B76
代:松原 幹
屋久島の野生ニホンザルによる頬袋由来種子の二次散布と糞虫相調査
H30-B77
代:落合 知美
協:川出 比香里
飼育下霊長類における採食エンリッチメントの分析と検討
H30-B78
代:森光 由樹
ニホンザル絶滅危惧個体群を広域管理するために必要な遺伝情報の検討

学会発表
森光 由樹, 山端 直人, 鈴木 克哉 兵庫県北部に生息するニホンザル絶滅危惧群の長距離移動とその後 〜ニホンザル広域管理の必要性について〜(2018年07月15日) 日本霊長類学会(武蔵大学・東京都練馬区豊玉上).
H30-B79
代:佐々木 えりか
協:井上 貴史
協:石淵 智子
協:高橋 司
協:黒滝 陽子
霊長類における絶滅危惧種の保全技術の確立
H30-B80
代:城戸 瑞穂
協:曹 愛琳
協:西山 めぐみ
口腔における感覚受容機構の解明
H30-B81
代:牟田 佳那子
協:太田 裕貴
協:岡野 ジェイムス洋尚
協:外丸 祐介
協:信清 麻子
コモンマーモセットにおける表情解析手法の確立
H30-B82
代:Leonardo C?sar Oliveira Melo
協:Maria Ad?lia Borstelmann de Oliveira
協:Anisio Francisco Soares
Absorption and bioavailability of gum’s compounds used by marmoset in field and laboratory conditions
H30-B83
代:宮沢 孝幸
協:金村 優香
協:橋本 暁
協:小出 りえ
協:北尾 晃一
サルフォーミーウイルスから見るニホンザルの種分化分析
H30-B84
代:緑川 沙織
協:時田 幸之輔
肉眼解剖学に基づく霊長類腹鋸筋の機能とその系統発達

学会発表
緑川 沙織,時田 幸之輔,小島 龍平,平崎 鋭矢 リスザル肩甲挙筋・腹鋸筋・菱形筋の形態とその支配神経(2018年7月13~15日) 第34回日本霊長類学会大会(武蔵大学江古田キャンパス).

緑川 沙織 霊長類および哺乳類における頚胸部体幹筋の形態とその支配神経(2018年10月19~22日) 第72回日本人類学会大会(静岡県三島市民文化会館 国立遺伝学研究所).
H30-B85
代:加賀谷 美幸
霊長類の運動適応と胸郭-前肢帯配置
H30-B86
代:矢野 航
霊長類−口腔内細菌叢の共進化の自然史
H30-B87
代:金子 新
協:塩田 達雄
協:中山 英美
協:三浦 智行
協:入口 翔一
アカゲザルiPS細胞の免疫細胞への分化
H30-B88
代:岡澤 均
協:陳 西貴
協:藤田 慶大
協:田川 一彦
マーモセット疾患モデルを用いた神経回路障害ならびに分子病態の解析および治療法の開発
H30-B89
代:Brittany Kenyon
協:Noreen von Cramon-Taubadel
協:Stephen Lycett
Morphological and Taxonomic Distinction in Macaca: a 3D Geometric Morphometric Analysis of the Skeleton
H30-B90
代:熊谷 美樹
ニホンザルの幼少個体における順位獲得と母親による援助の性差
H30-B91
代:佐々木 基樹
霊長類後肢骨格の可動性
H30-B92
代:小倉 淳郎
協:越後貫 成美
マーモセット幼若精細管のマウスへの移植後の精細胞発生の観察
H30-C1
代:川合 伸幸
協:邱??
サルの脅威刺激検出に関する研究
H30-C2
代:樋口 隆弘
協:平野 満
協:能勢 直子
協:塩谷 恭子
次世代心臓分子画像診断法の開発

論文

H30-C3
代:土屋 萌
福島原発災害による野生ニホンザル胎仔の放射線被ばく影響
H30-C4
代:橋戸 南美
協:松田 一希
同所的に生息する旧世界ザルにおける苦味受容体機能の解明
H30-C5
代:小林 純也
霊長類細胞におけるDNA損傷応答・細胞老化の解析
H30-C6
代:辰本 将司
協:郷 康広
ニシフーロックテナガザルの新規ゲノム配列決定
H30-C7
代:加納 純子
霊長類細胞における染色体反復配列領域の機能解析
H30-C9
代:中道 正之
協:大西 絵奈
飼育下のコモンマーモセット(Callithrix jacchus) 集団における子育てと社会関係について
H30-C8
代:川田 美風
協:森本 直記
マカクザルにおける母体骨盤と児頭の形態関係について
H30-C10
代:中林 一彦
協:小林 久人
霊長類の種特異的ゲノム刷り込み機構確立の解明
H30-C11
代:佐藤 佳
協:伊東 潤平
協:三沢 尚子
協:小柳 義夫
霊長類ゲノム解析を通したウイルス感染制御遺伝子の進化に関する研究
H30-C12
代:堀益 靖
協:服部 登
協:河野 修興
KL-6抗原と生物の進化
H30-C13
代:佐藤 侑太郎
協:狩野 文浩
チンパンジーを対象としたアイ・トラッキングによる社会的認知研究
H30-C14
代:山村 崇
排泄物中に含まれる繁殖制御因子の解析
H30-C15
代:久世 濃子
協:五十嵐 由里子
類人猿における骨盤の耳状面前溝の性差および種差
H30-C16
代:佐藤 宏樹
協:Tojotanjona Razanaparany
チャイロキツネザルの採食戦略における周日行性の意義
H30-C17
代:澤田 晶子
協:牛田 一成
協:土田 さやか
ニホンザルの植物由来の物質に対する分解能の検証
H30-C18
代:酒井 朋子
霊長類の比較脳解剖イメージング研究のためのデータベース・システムの開発
H30-C19
代:渡士 幸一
協:竹内(柴田)潤子
霊長類ヘパドナウイルスのスクリーニングおよびその受容体進化解析
H30-C20
代:西川 真理
協:持田 浩治
協:木下 こづえ
ニホンザルにおける夜間の性行動および配偶者選択
H30-C21
代:布施 裕子
協:時田 幸之輔
霊長類固有背筋横突棘筋群・脊髄神経後枝内側枝の比較解剖学

学会発表
布施裕子 胸・腰神経後枝内側枝の形態的特徴ー横突棘筋群との位置関係に着目してー(2019年3月28日) 第124回日本解剖学会全国学術集会・総会(朱鷺メッセ(新潟県)).
H30-C22
代:川本 芳
房総半島のニホンザル交雑状況に関する保全遺伝学的研究
H30-C23
代:河村 正二
協:蘆野 龍一
協:松下裕香
協:"MELIN, Amanda"
協:新村 芳人
テナガザル視覚・嗅覚・味覚遺伝子レパートリーの種間相違性の解明
H30-C24
代:Chris-Alexandros Plastiras
協:Dimitris S. Kostopoulos
協:Gildas Merceron
"Ecological diversity of Plio-Pleistocene Palearctic cercopithecids (Primates, Mammalia); evidence from dental tissues "
H30-C25
代:森 裕紀
協:内海 力郎
協:佐藤 琢
動物の画像からの個体識別のためのパターン認識手法の開発
H30-C26
代:近藤 玄
協:外丸 祐介
協:棒 洋二郎
新規GPIアンカー型タンパク質を介した精子選別機構の解明
H30-C27
代:松田 一希
協:豊田 有
集団内の全個体同時追跡技術を利用した霊長類社会の研究
H30-C28
代:吉村 崇
協:沖村 光祐
霊長類の視覚の季節変化の分子基盤の解明