ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

平成9年度 京都大学霊長類研究所共同利用研究会

「霊長類の生体防御系と疾病・病態」

場 所:京都大学霊長類研究所、大会議室
日 時:平成10年3月28日(土)10:00〜17:45
 
世話人:中村 伸、松林清明、後藤俊二
連絡先:中村 伸
Tel & Fax:0568-63-0579
e-mail:snakamur@pri.kyoto-u.ac.jp


プログラム

セッション1:霊長類の生体防御系(10:00〜12:00)司会:中村 伸
1.「霊長類の血液凝固、線溶系」井手章子、丸山征郎(鹿児島大医・臨床検査医学)
2.「霊長類におけるTissue Factor Pathway Inhibitor (TFPI) の特異発現」加藤久雄、日根智恵美(国立循環器病センター研究所・病因部)
3.「霊長類の補体系とその制御因子」瀬谷 司、松本美佐子(大阪府立成人病センター研究所・免疫)

昼食・交流会(12:00〜13:30)

セッション2:霊長類モデルでの炎症・感染応答と生体防御系(13:30〜15:00)司会:後藤俊二
4.「サルモデルにおける炎症応答-好中球での組織因子発現と凝固亢進」轟木秀一、日暮愛一郎、岡本好司(産業医大・第一外科)
5.「サル液性および細胞性免疫応答における凝固と線溶」今村隆寿(熊本大学大学院研究科・分子病理)
6.「感染防御機構としての止血-凝固反応」中村 伸(京大霊長類研・分子生理)

休憩(15:00〜15:15)

セッション3:霊長類の疾病と病理(15:15〜17:15)司会:松林清明
7.「サル類のアメーバー原虫」橘 裕司(東海大・医)、小林正規(慶応大・医)
8.「サル類のB-ウイルス感染と検査」藤本浩二(予防衛生協会)
9.「飼育下サル類の疾病と病理:筑波霊長類センターのケース(仮題)」榊原一兵(国立感染症研・筑波霊長類センター)
10.「ニホンザルの寄生虫叢」後藤俊二(京大霊長類研・サル類保健飼育管理施設)

総合討論(17:15〜17:45)


☆★☆研究会開催案内のページに戻る☆★☆>>>>>>>><<<<<<<<☆★☆霊長類研究所Home pageに戻る☆★☆