ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

alink="#FF0000" vlink="#800080" topmargin="0" leftmargin="0" marginheight="0" marginwidth="0">
English


霊長類研究所ホームページ

戻る


第2回比較認知科学・国際シンポジウム
「社会的知識の伝播」

 

第2回比較認知科学・国際シンポジウムのご案内
2002年2月17−20日
京都・犬山

第2回比較認知科学・国際シンポジウムを開催します。京都大学教育研究振興財団 (Kyoto University Foundation) の第2号事業「学術研究活動推進事業」の援助を受けて開催されるものです。第1回はCOE拠点形成事業の支援を得て、2000年3月におこなわれました。「言語と認知の系統発生」と題しました。その成果は、すでに2つの学術雑誌の特集号として公刊されています。"Psychologia" 第44巻1号と、"Animal Cognition"第4巻3−4合併号です。比較認知科学・国際シンポジウムの目的をご理解いただくために、ぜひ下記のサイトをおたずねいただき、前回の講演抄録等をごらんください。
http://www.saga-jp.org/coe_abst/coe00_FS.html

第2回にあたる今回は、「社会的知識の伝播」と題しました。しかし、実際には、より広い見地からシンポジウムを企画しています。人間の認知と行動の進化的起源を問う比較研究を推進することが、その開催目的です。比較認知科学の観点を共有しうる多様な研究者が一堂に会して、最新の研究の情報交換をするのがねらいです。そのために、以下の7名の外国人研究者をお招きしました。

Andrew Whiten, aw2@st-andrews.ac.uk, Univ of St. Andrews, UK
Frans_de_Waal, dewaal@emory.edu, Emory Univ., USA
Joseph Garner, JPGarner@UCDavis.Edu, UC Davis, USA
Juliane Kaminski, Kaminski@eva.mpg.de, Max Plank Institute, Germany
Laurie Santos, lrsantos@wjh.harvard.edu, Harvard Univ., USA
Nathan Emery, nje23@cam.ac.uk Univ. of Cambridge,UK
Jozsef Topal, kea@axelero.hu Lorand Eotvos University, Hungary

なお、SCCS2002の組織委員会は以下のメンバーによっています。
Tetsuro Matsuzawa, matsuzaw@pri.kyoto-u.ac.jp, PRI, Kyoto Univ., Japan, chair
Masaki Tomonaga, tomonaga@pri.kyoto-u.ac.jp, PRI, Kyoto Univ,, Japan,vice-chair
Masayuki Tanaka, mtanaka@pri.kyoto-u.ac.jp, PRI, Kyoto Univ., Japan, secretary
Shozo Kojima, kojima@pri.kyoto-u.ac.jp
Masako Myowa, myowa@pri.kyoto-u.ac.jp
Akihiro Izumi, izumi@pri.kyoto-u.ac.jp
Satoshi Hirata, hirata@pri.kyoto-u.ac.jp
Kazuo Fujita, fujita@psy.bun.kyoto-u.ac.jp
Shoji Itakura, itakura@psy.bun.kyoto-u.ac.jp
Yoshio Sakurai, sakurai@psy.bun.kyoto-u.ac.jp
Masuo Koyasu,Kyoto University, HGB03675@nifty.ne.jp
Kazuhide Hashiya, Kyoto University, hashiya@mindless.com
Toshikazu Hasegawa, University of Tokyo, thase@darwin.c.u-tokyo.ac.jp
Masako Jitumori, Chiba University, masako@cogsci.l.chiba-u.ac.jp
Shigeru Watanabe, Keio University, swat@flet.keio.ac.jp
Kazuo Okanoya, Chiba University, okanoya@cogsci.l.chiba-u.ac.jp
Masayuki Nakamichi, Osaka University, naka@hus.osaka-u.ac.jp
Hideko Takeshita, Shiga Prefectural University, LEJ01500@nifty.ne.jp
Nobuyuki Kawai, Nagoya University, kawai@info.human.nagoya-u.ac.jp

ポスターと抄録の案内
参加は無料です。発表をご希望の方は、以下の資料を整えて、メイルで友永までお申し込みください。発表の英文タイトル、300語以内の抄録、連絡先、1枚の顔写真です。各自、名刺代わりにポスターをご用意ください。サイズは、90X180cmです。18日の午後をまるまるポスター発表にあてます。時間をたっぷりととったポスター発表をもとに、研究の情報交換をお願いします。外国人招待者の口頭発表は40分間です。日本人は、経歴その他によって、30分、20分、あるいは10分間(10分間の口頭は、質疑を含めた時間で、これは18日におこないます。いわゆるポスター発表の口頭解説とご理解ください)の発表時間を割り当てます。どれに属するかは、企画委員会からお知らせします。申し込み期限を2月2日にします。時期が切迫していますが、よろしくご協力ください。

日程
16日夜、京都集合。外国人招待者ほかは、駅前の新阪急ホテルに宿泊します。
17日、午前中、京大総合博物館の企画展示「今西錦司生誕百年記念展」を見学します。
午後1時半より、東一条を西に入った「芝蘭会館」(しらんかいかん)にて、国際シンポジウムの一環として、フランツ・ドゥバールの記念講演(平成13年度学長裁量経費、今西・伊谷記念霊長類学講義)をおこないます。夕方から懇親会をおこないます。
18日、午前中に犬山へ移動します。午後1330より、犬山駅前の「フロイデ」2階の多目的研修室でポスターセッションをおこないます。夕方、同じ場所で懇親会です。外国人招待者は、犬山セントラルホテルに宿泊します。共同利用の宿泊棟も利用できます。
19日と20日、京都大学霊長類研究所・大会議室で、口頭発表をおこないます。なお、朝9時より10時まで、研究所施設の見学も予定しています。

連絡先

松沢哲郎、matsuzaw@pri.kyoto-u.ac.jp

友永雅己、tomonaga@pri.kyoto-u.ac.jp