ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

alink="#FF0000" vlink="#800080" topmargin="0" leftmargin="0" marginheight="0" marginwidth="0">


霊長類研究所ホームページ

戻る

京都大学霊長類研究所共同利用研究会

「熱帯林における同所的霊長類の種間関係の多様性をさぐる」


とき:2002年2月15日(金)16日(土)
ところ:京都大学霊長類研究所大会議室

 熱帯林は多様性が高く、霊長類は多種が同所的に共存することが普通です。そこでの種間関係は、生活場所、食物資源、コミュニケーションや繁殖をめぐって協力的なものから否定的な関係までさまざまです。たとえば、複数種が混群や雑種をつくる場合から、捕食被捕食関係や、排他的な時空間の利用まで、地域や種構成や植生などによって大きく異なっています。これまで、多くの種類の霊長類がさまざまな熱帯林調査地で研究されてきましたが、こうした種間関係のバリエーションの大きさと共通する特徴の理解は、これからの課題です。この研究会では、さまざまな地域の研究者から種間関係の報告をしてもらい、霊長類の同所的な共存についての発展的な問題の発見をめざしたいと思います。

<プログラム>

2月15日(金)午後 13:00〜18:00

  座長:鈴木滋(京都大)

1.湯本貴和(京都大):地域間比較の基盤としての熱帯林の多様性

2.橋本千絵(京都大):アフリカ熱帯林における果実生産と霊長類-チンパンジーの離合集散性からみた地域変異

3.丸橋珠樹(武蔵大):アジアの季節熱帯林-タイのブタオザルとシロテテナガザル

4.西邨顕達(同志社大):新世界ザル・クモザル亜科の種間関係

  総合討論

2月16日(土)午前 9:00〜12:00

  座長:竹ノ下祐二(京都大)

5.中川尚史(神戸市看護大):パタスモンキーとタンタルスモンキーの資源利用分割?サバンナ性霊長類における種間競合の例として

6.五百部裕(椙山女学園大):霊長類に見られる食う-食われるの関係

7.鈴木滋(京都大):アフリカ熱帯林における類人猿の種間関係-ゾウと植生の影響

  総合討論

2月16日(土)午後 13:00〜16:00

  座長:古市剛史(明治学院大)

8.中務真人(京都大):形態学からみた霊長類の種間関係

9.松田裕之(東京大):間接効果による種間関係の「理論」と「実例」

  総合討論

コメンテータ:稲葉あぐみ(神戸学院大)、大澤秀行(京都大・霊長研)、黒田末寿(滋賀県立大)竹元博幸(京都大)、田代靖子(京都大)、中島美冬(東京大)

世話人:大沢秀行、丸橋珠樹
問い合わせ:〒484-8506 犬山市官林 京都大学霊長類研究所
電話0568-63-05-0543,email:ohsawa@pri.kyoto-u.ac.jp (大沢秀行)