ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ


京都大学霊長類研究所 共同利用研究会

 

「霊長類モデルでの
バイオメディカル研究の新展開-2005」

日時:2005年10月29日(土)、9:30-18:00
会場:犬山国際観光センター・フロイデ(名鉄犬山駅より徒歩5分)
参加費無料



プログラム

1、霊長類の感染微生物とその統御(10:00-12:00)
     座長:藤本浩二(予防衛生協会) 

・「Bウイルスモニタリングに関する最近の知見」
     光永総子(京大・霊長類研)

・「マカク属サル類におけるSRVの感染」
     原 正幸 (国立感染研・筑波大)

・「霊長類医科学研究センターカニクイザルコロニーにおける微生物学的モニタリング 
とSPF化への取り組み」
     高野淳一朗(予防衛生協会)

・「サルモデルにおけるエイズワクチンの解析」
     俣野 哲朗(東大院・医学系)
    
------------(昼食 12:00-13:15)-------------

2、霊長類の機能ゲノム情報の解析とその活用(13:15-14:15)  
    座長:向井鐐三郎(感染研/基盤研/予防衛生協会)

・「Effects of rHuEPO Treatment on Splenic Gene Expression in Cynomolgus Monkeys」 
   Yoon, Seokjoo/尹碩柱 (Korea Institute of Toxicology)

・「霊長類の機能ゲノムの発現プロファイル」
    中村 伸(京大・霊長類研)

  ------------(休憩:14:15-14:30)------------

3、霊長類モデルでの再生医療および脳神経研究(14:30-15:30)
     座長:三上章允(京大・霊長類研)

・「カニクイザルES細胞を用いた再生医療研究」
    柴田宏昭(医薬基盤研究所・霊長類医科学研究センター)

・ 健常ザルおよびサル局所脳虚血モデルにおけるニューロン新生
    纐纈大輔(京大・霊長研)

   ------------ (休憩 15:30-15:45) ------------

4、霊長類での肥満・栄養・メタボリックシンドローム関連研究(15:45-17:00)
     座長:竹中晃子(名古屋文理大・健康生活)

・マカク属サルの血中レプチン動態
    清水慶子(京大・霊長類研)

・「倹約遺伝子と人間の栄養」
    吉田俊秀(京都府立医科大・臨床、京都市立病院・糖尿病/代謝内科)
 
総合討論 17:00-17:30
  

世話人:中村 伸/三上章允/清水慶子(京大・霊長類研)、藤本浩二(予防衛生協会)、
      竹中晃子(名古屋文理大・健康生活). 

参加費無料.

連絡先:中村 伸(Tel/Fax; 0568-63-0579, E-mail:

 

HOME もどる