ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

第37回ホミニゼーション研究会「霊長類学の未来をさぐる」

世話人:大石高生、脇田真清、高井正成、杉浦秀樹

開催日:2008年3月7日-3月8日

会場:犬山国際観光センター フロイデ(犬山市)多目的室


3月7日(金)
セッション1「新たな調査地をひらく」 13:30-15:30
  座長:杉浦秀樹(京都大学 霊長類研究所)

 13:30-14:10 半谷吾郎(京都大学 霊長類研究所)
  「屋久島上部域でのニホンザル長期調査の開始」

 14:10-14:50 金森朝子(東京工業大学大学院 生命理工学研究科)
  「ボルネオ島ダナムバレー森林保護地域における野生オランウータンの調査」

 14:50-15:30 松田一希(北海道大学大学院 地球環境科学研究科)、
       東正剛(北海道大学大学院 地球環境科学研究科)、
       A. Tuuga(マレーシア・サバ州野生生物局)
  「ボルネオ島・スカウ村でのテングザル調査」

休憩 15:30-15:50

セッション2「古生態復元への新たなアプローチ」 15:50-17:10
  座長:高井正成(京都大学 霊長類研究所)

 15:50-16:30 高井正成(京都大学 霊長類研究所)
  「中国南部広西壮族自治区の新しいフィールド:化石種から現生種まで」
 16:30-17:10 米田穣(東京大学大学院 新領域創成科学研究科)
  「同位体をつかった古生態研究」

懇親会 18:00-20:00
 会場:グランツ(フロイデ地階)


3月8日(土)
セッション3「新たな手法で脳をみる」 9:30-11:30
  座長:脇田真清(京都大学 霊長類研究所)

  9:30-10:10 纐纈大輔(京都大学 霊長類研究所)
  「選択的投射ニューロン破壊法の開発
    〜脳の処理機構の詳細な解明を目指して」

 10:10-10:50 田村弘(大阪大学大学院 生命機能研究科)
  「二光子励起顕微鏡を用いた大脳皮質微細機能構築の可視化」

 10:50-11:30 小島俊男(理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター)
  「ヒトゲノムプロジェクトと霊長類研究」

休憩 11:30-13:00

セッション4「遺伝子発現から生体機能をさぐる」 13:00-15:00
  座長:今井啓雄(京都大学 霊長類研究所)

 13:00-13:40 今村拓也(京都大学大学院 理学研究科)
  「エピジェネティクスから見たほ乳類行動内分泌系」

 13:40-14:20 井上達也(大阪バイオサイエンス研究所)
  「網膜錐体・桿体細胞の分化メカニズム」

 14:20-15:00 石丸喜朗(東京大学大学院 農学生命科学研究科)
  「脊椎動物の味覚受容体」

総合討論 15:00-16:00
  座長:大石高生(京都大学 霊長類研究所)

お問い合わせは大石()まで