ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所共同利用研究プログラム 共催
京都大学グローバルCOEプログラム

「霊長類ゲノムと脳・感覚研究の最前線」

-来聴歓迎-

日時:平成19年9月6日、7日
場所:犬山国際観光センター「フロイデ」


クリックで拡大します(jpeg 230KB)

ポスターPDF(1.2MB)

13:00 - 13:10  はじめに  平井啓久

9月6日 感覚とゲノム

セッション1:光
13:10 - 13:40 今井啓雄「受容体から見たノックインマウスと霊長類の視覚」
13:40 - 14:20 深田吉孝「光シグナルによるサーカディアンリズムの位相制御の仕組み」

セッション2:聴覚・嗅覚
14:40 - 15:20 米澤 敏「変異解析から機能解析へ?カドヘリン23、ジストロフィンを例として」
15:20 - 16:00 諏訪牧子「ゲノムから俯瞰する嗅覚受容体クラスター」

セッション3:ゲノム分化
16:20 - 17:00 太田博樹「霊長類ゲノム種内種間比較の新展開」
17:00 - 17:40 五條堀淳「種内変異と種間変異の対比から明らかになったヒト遺伝子の進化傾向」


9月7日 脳とゲノム

セッション4:遺伝子で脳機能を探る(1)
9:00 -  9:40  宮地重弘「神経科学者の遺伝子技術への期待」
9:40 - 10:20  小林和人「霊長類脳研究へ向けた遺伝子改変技術」

セッション5:遺伝子で脳機能を探る(2)
10:40 - 11:20 井上謙一「ウイルスベクターを用いた脳神経系への遺伝子導入法 -主に霊長類を対象として-」
11:20 - 12:00  中村克樹「マーモセットの可能性」

セッション6:脳の創成と遺伝子発現
13:00 - 13:40  長田直樹「遺伝子配列と発現パターンから見た霊長類進化」
13:40 - 14:20  阿形清和「脳はどのようにして進化したのだろうか-ゲノムと幹細胞をキーワー
ドにして考える-」
14:20 - 14:30  おわりに   景山 節

14:30 - 15:00 グローバルCOEプログラム「生物の多様性と進化研究のための拠点形成-ゲノムから生態系」について  阿形清和