ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 2008年度 シンポジウム・研究会 > 東南アジア熱帯林の霊長類の野外研究・トップページ 最終更新日:2009年2月 3日

→English Page

東南アジア熱帯林の霊長類の野外研究

ヤクザル

現在、マレーシア・サバ州で、複数の研究チームによる、霊長類や大型哺乳類の野外調査が進行中です。これまで、これらの研究はとくに相互に連携もなく、個別に行われてきましたが、その成果が出つつある現在、一度お互いの状況を把握し、相互の交流を深める必要が生じています。また、この地域とその周辺には、キナバル山とランビルという、京都大学生態学研究センターを中心として維持されてきた、世界的にも著名な生態学の長期調査地がありますが、これまで霊長類学者との連携はほとんど行われてきませんでした。しかし、最近これらの研究チームも、生物多様性保全の観点から、霊長類を含む大型動物の重要性に着目し、その調査を開始しました。今は、さまざまな研究チームが、相互に連携を強めていく、絶好の機会だと言えます。本研究会では、霊長類研究の流動分野が取り組んできたテナガザルの研究プロジェクトや、マレーシア・サバ大学の熱帯生物学・保全研究所に新設されたボルネオ霊長類研究センターの活動も含め、関係する研究者が一堂に会し、それぞれの調査地の成果を紹介し、国内外を含めた、将来の比較・共同研究に発展する機会を作っていきたいと考えています。
 本研究会では、すべての講演を英語で行います。

研究会世話人:半谷吾郎、香田啓貴、平井啓久、古市剛史 (京大・霊長類研究所)

更新情報

  • 要旨を更新しました。(2009年2月3日)
  • プログラムを更新しました。座長に変更があります。(2009年1月23日)
  • 要旨を更新しました。発表者、コメンテータに変更があります。プログラムに座長を掲載しました。(2009年1月19日)
  • 最初のお知らせを掲載しました。要旨などは順次、掲載していきます。(2008年11月28日)

概要

  • 日時:2009年2月7日(土)10時〜2月8日(日)
  • 場所:京都大学霊長類研究所 大会議室
  • 参加費:無料
  • 申し込み:参加の申し込みは不要です。

連絡先

  • 霊長類研究所 生態保全分野 半谷吾郎
  • 電子メール: メールアドレス
  • ファックス: 0568-63-0564
  • 電話: 0568-63-0545(分野事務室)

京都大学霊長類研究所  > 2008年度 シンポジウム・研究会  > 東南アジア熱帯林の霊長類の野外研究・トップページ

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 半谷吾郎

E-mail:メールアドレス