ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ


平成26年度 京都大学霊長類研究所共同利用研究会
『豪雪地域におけるニホンザルの洞窟利用』

研究集会の趣旨:豪雪地域のニホンザルの生態の一側面としての「厳冬期洞窟利用」について、
生態、冬季食性、糞分解生物、自動センサーカメラによる調査法に加え、古生物や洞窟古気候学、
気象学等の複合領域の研究について、相互の研究交流を行うことを目的とする。

   日時:2015年3月7日土曜日〜8日日曜日

   場所:京都大学 霊長類研究所 大会議室

   主催:京都大学 霊長類研究所

   後援:富山大学理学部・社団法人 日本ケイビング協会・黒部峡谷鉄道株式会社

   参加費:無料(研究交流会費は別途有料:18:00から)

問合先:富山大学大学院理工学研究部(理学) 柏木宛(

3月7日 13時00分〜
  13:00 「研究集会趣旨」 柏木健司(富山大)

  13:05 「ニホンザルの洞窟利用研究の現状」
      柏木健司(富山大)・高井正成(京大霊長研)

  13:30 「糞からみたニホンザルの冬季食性について」
      矢野 航(朝日大)・辻 大和(京大霊長研)

  14:00 「サル穴で発見されたヤスデと糞分解過程について」
      石井 清(獨協医科大)

  14:30 「石筍記録から見る日本海側での気候変動」
      狩野彰宏(九州大)

  15:00 「自動撮影カメラによる動物観察:ボルネオ島の塩場に集まる動物たち」
      松田一希(京大霊長研)

  15:30 休憩

  15:45 「哺乳類の洞窟利用と化石化過程」
      柏木健司(富山大)

  16:00 「東アジアにおけるマカク化石の出土状況とニホンザルの起源」
      高井正成(京大霊長研)

  16:30 「黒部峡谷の積雪と雪崩」
      川田邦夫(富大名誉教授)

3月8日 9時00分〜
  09:00 「ケイビングと学術調査について」
      吉田勝次(社団法人 日本ケイビング協会)

  09:30 「サル穴から見つかった小型哺乳類化石群集:ネズミも洞内生活していたのか?」
      西岡佑一郎(大阪大学総合学術博物館)

  10:00 「霊長類における崖の岩棚等の泊まり場選択について」
      小川秀司(中京大)

  10:30 「総合討論及び今後の調査研究に関して」
      柏木健司(富山大)・高井正成(京大霊長研)

ポスター (pdf 396KB)

外部紹介サイト Nature in Hokuriku Region http://www.geocities.jp/kurobekanetsuri/index.html