ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

第48回ホミニゼーション研究会:遊動とホミニゼーション

 

第48回ホミニゼーション研究会:遊動とホミニゼーション

日時:2019年2月28日、3月1日

場所:霊長類研究所大会議室

世話人:古市剛史、橋本千絵、平崎鋭矢、西村剛

 一万年前の「定住革命」が今日の人類の繁栄をもたらしたのは間違いありませんが、一方で、ヒトの身体、行動様式、社会システムが「遊動」に適応して形作られて来たことも事実です。特に、ホモ属の身体には、長距離ロコモーションへの適応と見られる特徴が数多く刻まれています。ヒトの進化は遊動パターンの変化の歴史でもあったとも言えるのです。

 ヒトの遊動のもっとも大きな特徴は2足で歩くということですが、1日の遊動距離、遊動速度、1レグの距離、あるいはそれらの日ごと季節ごとのバリエーションにも、ヒト独特の特徴があると考えられます。また、ヒトだけでなく、たとえばニホンザルの1日の遊動距離の変異が比較的が小さいのに対して、チンパンジーやボノボではきわめて大きな日変化、季節変化を見せるなど、霊長類の分類群による違いもあります。さらにそういった違いは、それを可能にする身体形態やロコモーションのエネルギー効率によって支えられていなければなりません。

 本研究会では、ニホンザル、類人猿、狩猟採集民・牧畜民の遊動パターンをGPSデータの最新の解析法を用いるなどして比較し、ヒトの遊動パターンの特徴とその進化について検討するとともに、それを支える形態とエネルギー効率に関する最新の研究成果について考えます。

※プログラムの詳細は、後日掲載いたします。